化学の部屋





Chemist

ようこそ!フリーイラストポートレートと

歴史の停車場いらすとすてーしょん
こちらのページではSyusuke Galleryに展示しております化学に携われた人々のイラストポート

レート
をご覧いただけます
どうぞ化学の部屋をお楽しみください

It's New 化学の部屋

2024-06-230033フランス共和国出身

【化学の部屋|ベルテロ】19世紀に活躍した世界の化学者XXⅤNew!!

2024-06-220039イタリア共和国出身

【化学の部屋|カニッツァーロ】19世紀に活躍した世界の化学者XXⅣNew!!

2024-06-210049ドイツ連邦共和国出身

【化学の部屋|フィッシャー】19世紀に活躍した世界の化学者XXⅢNew!!

2024-06-200031ネーデルランド(オランダ)王国出身

【化学の部屋|ホッフ】19世紀に活躍した世界の化学者XXIINew!!

特集 化学の部屋

Chemists active in the 19c.
19世紀に活躍した化学者

1777-1857を生きた化学者。とても高価だったウルトラマリンの代替品の研究をフランス政府より依頼され、コバルトブルーの合成に1802年に成功させた。これにより青色絵の具が普及し始め、ターナー、ルノワール、モネなどの印象派やゴッホなどのポスト印象派絵画に影響を与えたとされる。ホウ素や過酸化水素の発見者としてのその名を刻んでいる。
【化学の部屋|テナール】19世紀に活躍した世界の化学者①
Read more
1778-1829を生きた化学者。ボルタ電池を用いて様々な化合物の電気分解を行ったことでその名を刻んでいる。その結果カリウム、ナトリウムなどを発見した。また電灯の初期作品となるアーク灯を発明し実用的な世界初の電灯となった。
【化学の部屋|デービー】19世紀に活躍した世界の化学者②
Read more
1779-1848を生きた化学者。セリウム、セレンなどの元素を発見し、ポリマーなどの化学用語をはじめ、元素記号の原型,化合物命名法を築いた。そして有機・無機化合物の分類を初めて示したことでもその名を刻んでいる。
【化学の部屋|ベルセリウス】19世紀に活躍した世界の化学者③
Read more
1786-1889を生きた化学者。脂肪が酸性物質とグリセリンの化合物であることを明記したRecherches chimiques sur les corps gras d'origine animale(1823年)で生物物質における化学分析を初めて著した。またDe la loi du contraste simultané des couleurs(1839年)は類似色の調和、対比の調和といった色彩研究を著し、スーラなどの新印象派に影響を及ぼした。
【化学の部屋|シュヴルール】19世紀に活躍した世界の化学者④
Read more
1794-1863を生きた化学者。化学組成の似た物質の結晶は同形になるという同形律(Isomorphism)を発見し1819年に報告、また異なる結晶形を持つ同一物質についての二形性(Dimorphism)についても研究し無機化学としての結晶学の礎を築いた。その後有機化学の研究を行い、そんなかで糖の旋光性を利用した検糖計の発明を行なったことでもその名を馳せている。
【化学の部屋|ミッチェルリヒ】19世紀に活躍した世界の化学者⑤
Read more
1801-1887を生きた化学者。自宅の敷地に農業試験場を設立し多くの植物が土壌中の硝酸塩から窒素を取り込むことを発見、また大気中の二酸化炭素を同化することなどを確認し、農芸化学、植物生理学の礎を築いた。農芸化学における実験の重要性を説いた一人とされている。
【化学の部屋|ブサンゴー】19世紀に活躍した世界の化学者⑥
Read more
1816-1856を生きた化学者。同じ元素からなる化合物の系列である同族体の概念を提唱し、有機化学の基礎概念の確立を行なった。また分子構造の理論的基盤を形成するための型理論などを展開した。これによりフランクランドの構造論やケクレの原子価が導き出されたと考えられている。
【化学の部屋|ジェラール】19世紀に活躍した世界の化学者⑦
Read more
【化学の部屋|マイヤー】19世紀に活躍した世界の化学者⑧
Read more
1766-1844を生きた化学者。シュタールのフロギストン説を否定したラヴォアジエの質量保存の法則およびプルーストの定比例の法則を基に、物質が原子という粒子から構成されるとする原子論を1808年にA New System of Chemical Philosophyで提唱した。これにより、化学を科学の領域に導き、その後の化学研究の大きな進展を促した。
【化学の部屋|ドルトン】19世紀に活躍した世界の化学者⑨
Read more
1791-1867を生きた博物学者であり化学者。電子の存在が知られていなかった1833年に、電流が流れる際に分解される物質の量は、電流と時間の積に比例(ファラデーの電気分解の法則)することを見出し、電気化学の基礎を築いた。またベンゼンの発見者であり、このことから有機化学の発展につながった。陽極、陰極、電極、イオンなどの用語を導入したことでも知られている。若者向けに実施した王立研究所クリスマス講演会を1825年にはじめ、現在も続く英国の伝統行事となっている。
【化学の部屋|ファラデー】19世紀に活躍した世界の化学者⑩
Read more
1803-1873を生きた化学者。カリ球と呼ばれるガラス製の装置を発明し、有機化合物の元素組成(特に炭素、水素、酸素、窒素)を正確に測定するための標準的な方法を確立した。この技術により、有機分析をより正確かつ簡便になり、有機化学発展の原動力となった。また化学教育の第一人者としてその名を刻んでいる。
【化学の部屋|リービッヒ】19世紀に活躍した世界の化学者Ⅺ
Read more
1800-1884を生きた化学者。1826年に蒸気密度測定法を考案し、未知の化合物の分子量を測定する当時の方法を考案した。有機化合物中の窒素定量分析法(デュマ法)を開発したことでもその名を刻んでいる。
【化学の部屋|デュマ】19世紀に活躍した世界の化学者Ⅻ
Read more
1811-1899を生きた化学者。原子スペクトルにより元素を同定する分光分析の手法をKirchhoff(1824-1887)と共に確立し,セシウムやルビジウムを発見。Roscoe(1833-1915)と共に光化学の研究からブンゼン-ロスコーの法則を見出した。またFaraday(1791-1867)からヒントを得たことによりガスバーナーを開発。現在もブンゼン・バーナーとして使われる。
【化学の部屋|ブンゼン】19世紀に活躍した世界の化学者XⅢ
Read more
1834-1907を生きた化学者。それまでに発見されていた60個あまりの元素を整理し、原子量順に並べたところ性質が似た元素が周期的に現れることを見出し,元素の周期表を考え出した。1906年ノーベル化学賞にノミネートされていたが、惜しくも受賞を逃したことがわかっている。
【化学の部屋|メンデレーエフ】19世紀に活躍した世界の化学者XⅣ
Read more
1852-1916を生きた化学者。Bunsen(1811-1899)に化学を学び、有機、物理、無機化学と幅広い分野の研究を行った。特に1894年には、Strutt(1842-1919)と共に最初の貴(希)ガスであるアルゴンを発見、この功績が認められ1904年ノーベル化学賞を受賞した。またSoddy(1877-1956)と共にラジウムが放射能を放出しながら別の元素(ヘリウム)に変化することを明らかにし、放射性崩壊と呼ばれる現象を証明した。
【化学の部屋|ラムゼー】19世紀に活躍した世界の化学者XV
Read more
1829-1896を生きた化学者。1857年に炭素原子が4つ原子と結合できることを提唱し、有機化合物の構造を説明する理論的基盤を築いた。この業績により構造化学が確立され、有機化学の発展に大きく貢献。またベンゼンが環状構造を持つことを発見し、その後の芳香族化合物の構造理解に大きな進展をもたらしたことでも知られている。
【化学の部屋|ケクレ】19世紀に活躍した世界の化学者XⅥ
Read more
1817-1884を生きた化学者。リービッヒ(1803-1873)やデュマ(1800-1884)との接点から有機化学の分野で活躍し、ナトリウム存在下でハロゲン化アルキルを縮合させて炭化水素を合成する反応(ウュルツ(ウルツ)反応)やエチレングリコールの合成などの功績をあげた。
【化学の部屋|ヴュルツ(ウルツ)】19世紀に活躍した世界の化学者XⅦ
Read more
1824-1904を生きた化学者。グリメン(1788-1853)やリービッヒ(1803-1873)に化学を学び、アルコキシドとハロゲン化アルキルを反応させてエーテルを合成する方法(ウィリアムソン合成)を発見し、分子の構造と反応の関係を明らかにした。また長州藩士(伊藤博文ら)5人が密かに渡英した際に自宅に寄留させ、学ぶ環境を提供したことでも知られている。
【化学の部屋|ウィリアムソン】19世紀に活躍した世界の化学者XⅧ
Read more
1842-1923を生きた化学者でり物理学者。液化した酸素とオゾンが磁石に引き付けられることを1891年に発見。その後1898年に水素の液化に、翌1899年には凝固に成功した。この時、零下260℃を記録し絶対零度まであと13度に迫る結果であった。そして真空の断熱作用を利用した魔法瓶(デュワー瓶)を発明したことで、自身の極低温研究を支えた。
【化学の部屋|デュワー】19世紀に活躍した世界の化学者XIX
Read more
1837-1912を生きた化学者。1873年ウィリアムソンの推薦でに応じて来日し無機化学を中心に東京大学の前身である工部大学校で教鞭をとる。教育者、研究者、そして指導者として、日本の化学界の大きな礎を築いた。
【化学の部屋|ダイバーズ】19世紀に活躍した世界の化学者XX
Read more
1847-1930を生きた化学者。van't Hoff(1852-1911)と共にWurtz(1817-1884)に有機化学を学び、それぞれの独立した研究から、分子の立体構造理論を確立した。これにより長らく停滞していた立体化学を大きく進めた。現在ではLe Bel–Van't Hoff ruleとして知られるが、Hoffはノーベル化学賞を受賞するもBelは叶っていない。
【化学の部屋|ベル】19世紀に活躍した世界の化学者XXI
Read more
1852-1911を生きた化学者。Le Bel(1847-1930)と共にWurtz(1817-1884)に有機化学を学び、それぞれの独立した研究から、分子の立体構造理論を確立した。その後1884年に著したÉtudes de Dynamique chimiqueにおいて化学熱力学の分野を切り拓き、物理化学の学問体系を築いた。また溶液の浸透圧現象と気体法則との類似性から希薄溶液理論を提唱し、これらの功績から1901年ノーベル化学賞を受賞している。
【化学の部屋|ホッフ】19世紀に活躍した世界の化学者XXII
Read more
1852-1919を生きた化学者。糖類の構造研究に不可欠な試薬となるフェニルヒドラジン誘導体を発見。この発見により天然の糖や自然界には存在しない糖の合成に成功し、グリコシドの合成への道を拓いた。さらに尿酸の研究を通じて窒素化合物の構造を明らかにし、その物質を1884年にプリンと命名した。これらの業績から、1902年ノーベル化学賞を受賞している。
【化学の部屋|フィッシャー】19世紀に活躍した世界の化学者XXⅢ
Read more
1826-1910を生きた化学者。有機化学の反応であるカニッツァーロ反応を発見。原子と分子,当量の明確な区別をしたことで物理学との整合性をもつ新しい原子量決定法と原子量体系を築く。このことから、後のメンデレーエフ(1834-1907)による周期表の発明に大きな影響を与えた。
【化学の部屋|カニッツァーロ】19世紀に活躍した世界の化学者XXⅣ
Read more
1827-1907を生きた化学者。有機化合物の合成や熱化学の分野で活躍し、その後政治家としてフランス国における要職を歴任した。
【化学の部屋|ベルテロ】19世紀に活躍した世界の化学者XXⅤ
Read more

世界の化学イラストポートレート (Syusuke Galleryより

出身国別でお届けします

Kingdom of the Netherlands
ネーデルランド(オランダ)王国

Belgium
ベルギー王国

該当の投稿はありません。

日本の化学イラストポートレート (Syusuke Galleryより

出身都道府県別でお届けします

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート


    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー


    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は


    右クリックでイラストポートレートが


    保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」に
    アップしている全イラストポートレートが


    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日


    「いらすとすてーしょん」より独自に


    ピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも


    確認できるのでサイトマップや検索ボックスから


    どうぞ(サイトマップ

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に


複数入力された場合は、すべて一致の場合のみ


ヒットします

新着偉人(It's New)

新たに公開のイラストポートレートをご覧ください

0033フランス共和国出身
1827-1907を生きた化学者。有機化合物の合成や熱化学の分野で活躍し、その後政治家としてフランス国における要職を歴任した。
【化学の部屋|ベルテロ】19世紀に活躍した世界の化学者XXⅤNew!!
0039イタリア共和国出身
1826-1910を生きた化学者。有機化学の反応であるカニッツァーロ反応を発見。原子と分子,当量の明確な区別をしたことで物理学との整合性をもつ新しい原子量決定法と原子量体系を築く。このことから、後のメンデレーエフ(1834-1907)による周期表の発明に大きな影響を与えた。
【化学の部屋|カニッツァーロ】19世紀に活躍した世界の化学者XXⅣ

いらすとすてーしょん新キャラクター

館長

2022年より"いらすとすてーしょん"にお立ち寄りいただきありがとうございます

館長

さて本年いらすとすてーしょんの新キャラクターが誕生しました

館長

シューちゃんです

シューちゃんはいらすとすてーしょんのキャラクターです
シューちゃん

シュー(Syu)です
よろしくね

館長

3年目を迎えた2024年も皆様に役立つ世界の偉人たちをシューちゃんと共にフリーイラストポートレートをお届けします

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業78年を迎える栄光社Web page新企画「イチオシ」と


いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」


コラボレーション
「イチオシ」で取り上げられた美術のその作者を


イラストポートレートで贈ります
皆様のお越しをお待ちしております

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery