田中耕一 Koichi Tanaka

ようこそ!フリーイラストポートレートと


歴史の停車場いらすとすてーしょん」へ
こちらのページでは【化学者の部屋|田中耕一】


4万8000でノーベル化学賞
をお楽しみください

田中耕一イラストポートレート(Syusuke Galleryより

化学者・新着偉人(It's New)はこちらから

0033フランス共和国出身
1728-1799を生きた化学者。ヘルモント(1579-1644)が発見した空気とは異なる気体を石灰や炭酸マグネシウムを熱した際、その重量が減少することを確認し、そこから消失した気体が二酸化炭素(当時の呼び名は固定空気)であることを発見した。これは1754年にDe Humore Acido a Cibis Orto et Magnesiaとして著されている。
【化学の部屋|ブラック】18世紀に活躍した世界の化学者③New!!
0049ドイツ連邦共和国出身
1742-1786を生きた化学者であり、バリウムやマンガンなどの元素や数多くの化合物を発見し報告した。また酸素ガスにおいて、1777年Chemical Treatise on Air and Fireとして著したがプリーストリーより2年遅れたため、発見者となっていない。プリーストリーより数年前にその酸素の存在を確認していたという。
【化学の部屋|シェーレ】18世紀に活躍した世界の化学者②New!!
0044英国出身
1733-1804を生きた化学者であり、バリウムやマンガンなどの元素や多くの化合物を発見し報告した。また、酸素ガスについて「Chemical Treatise on Air and Fire」という論文を1777年に著したが、プリーストリーより2年遅かったため、酸素の初発見者とは認められていない。しかし、シェーレはプリーストリーより数年前に酸素の存在を確認していた。
【化学の部屋|プリーストリー】18世紀に活躍した世界の化学者①New!!
01北海道
1930- を生きる化学者。2010年ノーベル化学賞受賞。異なるカーボン原子をつなぐ化学反応、つまり有機ハロゲン化合物と有機ホウ素化合物をパラジウム触媒で反応させ、炭素ー炭素結合を介して連結する「鈴木・宮浦カップリング反応」を発見。これにより医薬品、天然物、機能性分子の開発に活用されている。
【化学者の部屋|鈴木 章】異なるカーボン原子をつなぐ研究
29奈良県
1918-1998を生きた化学者。1981年ノーベル化学賞受賞。分子内の電子の動きや化学反応のメカニズムを解明し、フクイ関数やフロンティア軌道理論を説いた。そのフクイ関数は電子の局在化を現し化学反応の様子を理解するための手法であり。フロンティア軌道理論は、分子内の電子軌道のエネルギーと反応性を現している。
【化学者の部屋|福井謙一】日本初の化学賞受賞
13東京都
1936- を生きる化学者。2000年ノーベル化学賞受賞。絶縁体であるポリアセチレンに対して電気伝導性を成功させる。この発見により有機電子材料の研究や応用に革新を与え、さまざまな技術に応用されている。
【化学者の部屋|白川英樹】絶縁体に通電‼️
0089中華人民共和国出身
1935-2021を生きた化学者。2010年ノーベル化学賞受賞。クロスカップリング反応(根岸カップリング)を開発。アルキルハロゲン化物と有機亜鉛化合物がパラジウム触媒の存在下で反応し新たな化学結合を形成可能とした。この技術は現在の医薬品合成に不可欠となっている。
【化学者の部屋|根岸英一】根岸カップリングでノーベル化学賞
0020エジプト・アラブ共和国出身
1946-2016を生きた化学者は、1000兆分の1というフェムト秒単位の時間で分子の形状が変化する動きを止めて測定することに成功。その功績により1999年ノーベル化学賞を受賞。
【化学者の部屋|アハメッド・ズウェイル】フェムト秒を捉えた
0001アメリカ合衆国出身
1944-2019を生きた化学者は、わずかなDNAを大量に複製することを可能にしたPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)法を開発。その功績により1993年ノーベル化学賞を受賞。
【化学者の部屋|キャリー・マリス】PCR法を開発しました
0039イタリア共和国出身
1903-1979を生きた化学者は、チーグラーの発明した低圧法を応用し、ポリプロピレン(PP樹脂)の合成。いま話題になっているプラスチックの新たな分野を開拓した先駆者は、1963年ノーベル化学賞を受賞。
【化学者の部屋|ジュリオ・ナッタ】ポリプロピレン(PP樹脂)の合成に成功
0049ドイツ連邦共和国出身
1881-1965を生きた化学者は、それまで低分子が会合(ミセル)状態と考えられていた澱粉を使って、一つの巨大な分子(高分子・ポリマー)であることを証明した。その結果1953年ノーベル化学賞を受賞。
【化学者の部屋|ヘルマン・シュタウディンガー】高分子化学の創始者
0044英国出身
1877-1956を生きた化学者は、アルファ崩壊(α decay)、ベータ崩壊(β decay)、同位体(isotope)を発見し、1921年ノーベル化学賞を受賞。そしてErgosophyという低エネルギー社会(現代のエコロジー・脱炭素の前身)の実現に向けた経済学分野でも名を残す。
【化学者の部屋| フレデリック・ソディ】α、β decay、isotope

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート


    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー


    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は


    右クリックでイラストポートレートが


    保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」に
    アップしている全イラストポートレートが


    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日


    「いらすとすてーしょん」より独自に


    ピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも


    確認できるのでサイトマップや検索ボックスから


    どうぞ(サイトマップ

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に


複数入力された場合は、すべて一致の場合のみ


ヒットします

新着偉人(It's New)

新たに公開のイラストポートレートをご覧ください

0033フランス共和国出身
1728-1799を生きた化学者。ヘルモント(1579-1644)が発見した空気とは異なる気体を石灰や炭酸マグネシウムを熱した際、その重量が減少することを確認し、そこから消失した気体が二酸化炭素(当時の呼び名は固定空気)であることを発見した。これは1754年にDe Humore Acido a Cibis Orto et Magnesiaとして著されている。
【化学の部屋|ブラック】18世紀に活躍した世界の化学者③New!!
0049ドイツ連邦共和国出身
1742-1786を生きた化学者であり、バリウムやマンガンなどの元素や数多くの化合物を発見し報告した。また酸素ガスにおいて、1777年Chemical Treatise on Air and Fireとして著したがプリーストリーより2年遅れたため、発見者となっていない。プリーストリーより数年前にその酸素の存在を確認していたという。
【化学の部屋|シェーレ】18世紀に活躍した世界の化学者②

いらすとすてーしょん新キャラクター

館長

2022年より"いらすとすてーしょん"にお立ち寄りいただきありがとうございます

館長

さて本年いらすとすてーしょんの新キャラクターが誕生しました

館長

シューちゃんです

シューちゃんはいらすとすてーしょんのキャラクターです
シューちゃん

シュー(Syu)です
よろしくね

館長

3年目を迎えた2024年も皆様に役立つ世界の偉人たちをシューちゃんと共にフリーイラストポートレートをお届けします

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業78年を迎える栄光社HP新企画「イチオシ」と


いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」


コラボレーション
「イチオシ」で取り上げられた美術のその作者を


イラストポートレートで贈ります
皆様のお越しをお待ちしております

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery