オットー・ハーン





Otto Hahn(1879-1968 )

ようこそ!フリーイラストポートレートと

歴史の停車場いらすとすてーしょん
こちらのページでは ハーン 20世紀に

活躍した世界の化学者⑥
をお楽しみください

ハーン
イラストポートレート Syusuke Galleryより

20世紀の化学

館長

いらすとすてーしょんでは化学の部屋より20世紀に活躍した世界の化学者と題してイラストポートレートをお届けします

(参考)18世紀に活躍した世界の化学者たち

(参考)19世紀に活躍した世界の化学者たち

シューちゃん

(参考)20世紀に活躍した世界の化学者たち

館長

さて今回はハーンをお届けします

ウランの原子核分裂を発見

シューちゃん

ハーンはどんな化学者だったの?

館長

ハーンは、ラムゼーに化学を学び、放射性元素研究を開始します

1852-1916を生きた化学者。Bunsen(1811-1899)に化学を学び、有機、物理、無機化学と幅広い分野の研究を行った。特に1894年には、Strutt(1842-1919)と共に最初の貴(希)ガスであるアルゴンを発見、この功績が認められ1904年ノーベル化学賞を受賞した。またSoddy(1877-1956)と共にラジウムが放射能を放出しながら別の元素(ヘリウム)に変化することを明らかにし、放射性崩壊と呼ばれる現象を証明した。
【化学の部屋|ラムゼー】19世紀に活躍した世界の化学者XV
館長

そして1938年ウランの原子核分裂をMeitner(1878-1968)、Strassmann(1902-1980)と共に発見した化学者でした

シューちゃん

原子核分裂の発見?

館長

ウランに中性子を照射すると…

シューちゃん

ウラン?、中性子…?????

館長

シューちゃんがフリーズしてしまいましたので、下記にまとめます

ウランの原子核分裂

ウランは原子番号92の元素で、非常に重い金属です. 原子核の中には陽子と中性子が含まれており、ウランは特に多くの中性子を持っています. 中性子は電荷を持たない粒子で、原子核の中で陽子と一緒に存在しています.

ハーンは、このウランに中性子を照射すると、バリウムとランタンの同位体が生成されることを発見しました. 当初ハーンは、これが単純にウラン原子核が中性子を吸収しただけの結果だと考えました. しかし、同僚のマイトナーやシュトラウスマンとディスカションを重ねるうちに、ウランの原子核が分裂してバリウムとランタンの同位体が生じている可能性を示唆します.

この仮説を確かめるためにハーンらは、ウランの原子核分裂で発生するベータ線(原子核から放出される高速の電子や陽電子)を検出する実験を行います. その結果、実際にベータ線が検出され、ウランの原子核分裂が実際に起こっていることが確認されました.

館長

と、いうことを発見したのです

シューちゃん

よくわかったよ!

館長

館長

そしてこられの研究から、原子核が単一の粒子ではなく、さらに分割することができること

館長

加えて、ウランの原子核分裂は、大量のエネルギーを放出することがわかりました

シューちゃん

だから原子炉や核兵器に応用されていくのだね

館長

シューちゃん、よく理解できましたね!

1944年ノーベル化学賞受賞

館長

これらの功績から1944年ハーンはノーベル化学賞を受賞します

シューちゃん

1944年に受賞、というのが印象的だ

館長

そのハーンは戦後、原子エネルギーの平和利用を呼びかける運動を繰り返し主張したそうです

シューちゃん

複雑な思いだったのかもね

次回はアストン

館長

さて今回の20世紀に活躍した世界の化学⑥ハーンは如何でしたか?

館長

いらすとすてーしょんでは化学の歴史を彩ってきた偉人たちを…

館長

これからもご紹介していきます

館長

どうぞお楽しみに!

シューちゃん

次回はアストンの登場だよ
※2024年7月9日公開予定

1877-1945を生きた化学者であり物理学者。質量分析器の開発者であり、この分析器を用いてネオン(Ne)をはじめ多くの非放射性元素の同位体を発見した。そして、この元素の同位体には質量数が整数であるという整数則の提唱した。この功績により1922年ノーベル化学賞を受賞している。
【化学の部屋|アストン】20世紀に活躍した世界の化学者⑦
館長

アストンは、整数則を発見した化学者です

館長

ぜひアストンのイラストポートレートページにもお越しください

20世紀に活躍した世界の化学者たち

2024-07-120044英国出身

【化学の部屋|ソディ】20世紀に活躍した世界の化学者⑩

2024-07-110049ドイツ連邦共和国出身

【化学の部屋|ディールス】20世紀に活躍した世界の化学者⑨

2024-07-100033フランス共和国出身

【化学の部屋|サバティエ】20世紀に活躍した世界の化学者⑧

2024-07-090044英国出身

【化学の部屋|アストン】20世紀に活躍した世界の化学者⑦

2024-07-050049ドイツ連邦共和国出身

【化学の部屋|ボッシュ】20世紀に活躍した世界の化学者⑤

2024-07-040048ポーランド共和国出身

【化学の部屋|ハーバー】20世紀に活躍した世界の化学者④

2024-07-030032ベルギー王国出身

【化学の部屋|ベークランド】20世紀に活躍した世界の化学者③

2024-07-020033フランス共和国出身

【化学の部屋|シャトリエ】20世紀に活躍した世界の化学者②

2024-07-010041スイス連邦出身

【化学の部屋|ヴェルナー】20世紀に活躍した世界の化学者①

化学・新着偉人(It's New)はこちらから

0044英国出身
1877-1956を生きた化学者。放射性元素の研究を通じてアルファ・ベータ・ガンマ崩壊の各過程を明らかにし、放射性崩壊のメカニズムを解明した。また同位体の概念を提唱し、1921年ノーベル化学賞を受賞。第一次世界大戦以降、核エネルギーの軍事利用の可能性を指摘し、科学者の責任や教育のあり方に関する哲学的考察を深めた。これらの業績は現代の核物理学や放射医学の基礎となり放射化学の父と称されている。
【化学の部屋|ソディ】20世紀に活躍した世界の化学者⑩New!!
0049ドイツ連邦共和国出身
1876-1954を生きた化学者。ジエン反応の発見と研究により、1950年に教え子のKurt Alder(1902-1958)とともにノーベル化学賞を受賞。このディールス・アルダー反応は、有機合成化学における重要なツールとなり、多くの複雑な分子の合成を可能にした。
【化学の部屋|ディールス】20世紀に活躍した世界の化学者⑨New!!
0033フランス共和国出身
1854-1941を生きた化学者。二酸化炭素と水素を触媒を用いてメタンへと変換する反応(サバティエ反応)を発見。そしてこの触媒作用を用いる有機化合物の水素化法の開発(触媒化学)により、Victor Grignard(1871-1935)と共に1912年にノーベル化学賞を受賞。
【化学の部屋|サバティエ】20世紀に活躍した世界の化学者⑧New!!
0044英国出身
1877-1945を生きた化学者であり物理学者。質量分析器の開発者であり、この分析器を用いてネオン(Ne)をはじめ多くの非放射性元素の同位体を発見した。そして、この元素の同位体には質量数が整数であるという整数則の提唱した。この功績により1922年ノーベル化学賞を受賞している。
【化学の部屋|アストン】20世紀に活躍した世界の化学者⑦New!!

化学の部屋へようこそ

出身国別、都道府県でお届けしています

イラストポートレートSyusukeGallery化学の部屋Chemistry
化学の部屋 Chemist

化学の部屋Chemistへようこそ。SyusukeGalleryよりイラストポートレートをお届けさせていただきます。

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナーh

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート


    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー


    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は


    右クリックでイラストポートレートが


    保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」に
    アップしている全イラストポートレートが


    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日


    「いらすとすてーしょん」より独自に


    ピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも


    確認できるのでサイトマップや検索ボックスから


    どうぞ(サイトマップ

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に


複数入力された場合は、すべて一致の場合のみ


ヒットします

新着偉人(It's New)

新たに公開のイラストポートレートをご覧ください

0044英国出身
1877-1956を生きた化学者。放射性元素の研究を通じてアルファ・ベータ・ガンマ崩壊の各過程を明らかにし、放射性崩壊のメカニズムを解明した。また同位体の概念を提唱し、1921年ノーベル化学賞を受賞。第一次世界大戦以降、核エネルギーの軍事利用の可能性を指摘し、科学者の責任や教育のあり方に関する哲学的考察を深めた。これらの業績は現代の核物理学や放射医学の基礎となり放射化学の父と称されている。
【化学の部屋|ソディ】20世紀に活躍した世界の化学者⑩New!!
0049ドイツ連邦共和国出身
1876-1954を生きた化学者。ジエン反応の発見と研究により、1950年に教え子のKurt Alder(1902-1958)とともにノーベル化学賞を受賞。このディールス・アルダー反応は、有機合成化学における重要なツールとなり、多くの複雑な分子の合成を可能にした。
【化学の部屋|ディールス】20世紀に活躍した世界の化学者⑨

いらすとすてーしょん新キャラクター

館長

2022年より"いらすとすてーしょん"にお立ち寄りいただきありがとうございます

館長

さて本年いらすとすてーしょんの新キャラクターが誕生しました

館長

シューちゃんです

シューちゃんはいらすとすてーしょんのキャラクターです
シューちゃん

シュー(Syu)です
よろしくね

館長

3年目を迎えた2024年も皆様に役立つ世界の偉人たちをシューちゃんと共にフリーイラストポートレートをお届けします

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業78年を迎える栄光社Web page新企画「イチオシ」と


いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」


コラボレーション
「イチオシ」で取り上げられた美術のその作者を


イラストポートレートで贈ります
皆様のお越しをお待ちしております

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery