江戸時代 Edo Period

ようこそ!フリーイラストポートレートと


歴史の停車場いらすとすてーしょん」へ
こちらのページではSyusuke Galleryより


アップしております江戸時代の偉人たち


イラストポートレート
をご覧いただけます
どうぞ江戸時代の部屋 Edo Periodをお楽しみください

江戸時代の偉人たち


イラストポートレート(Syusuke Galleryより

江戸幕府歴代征夷大将軍

ギャラリーをクリックいただきますとイラストポートレートへ
カードをクリックいただきますとイラストポートレートページを


ご覧いただけます

1543-1616を生きた武将であり戦国大名は江戸幕府初代征夷大将軍となり政治を司り、260年続く江戸時代の基盤をつくった。
【探究ネタ】「徳川家康」話題沸騰〜どうする家康〜
1579-1632を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第二代将軍Hidetada Tokugawaの在職期間は18年3ヶ月。父初代将軍徳川家康の三男。
【探究ネタ】「徳川秀忠」江戸幕府第二代征夷大将軍
1604-1651を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第三代将軍Iemitsu Tokugawaの在職期間は27年9ヶ月。父第二代将軍秀忠の次男。
【探究ネタ】「徳川家光」江戸幕府第三代征夷大将軍
1641-1680を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第四代将軍Ietsuna Tokugawaの在職期間は28年9ヶ月。父第三代将軍家光の長男。
【探究ネタ】「徳川家綱」江戸幕府第四代征夷大将軍
1646-1709を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第五代将軍Tsunayoshi Tokugawaの在職期間は28年5ヶ月。父第三代将軍家光の四男。
【探究ネタ】「徳川綱吉」江戸幕府第五代征夷大将軍
1662-1712を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第六代将軍Ienobu Tokugawaの在職期間は3年5ヶ月。父第三代将軍家光の三男綱重(甲府藩主)の長男。
【探究ネタ】「徳川家宣」江戸幕府第六代征夷大将軍
1709-1716を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第七代将軍Ietsugu Tokugawaの在職期間は3年1ヶ月。父第6代将軍家宣の四男。
【探究ネタ】「徳川家継」江戸幕府第七代征夷大将軍
1684-1751を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第八代将軍Yoshimune Tokugawaの在職期間は29年1ヶ月。紀伊徳川家紀州藩二代目徳川光貞の四男。
【探究ネタ】「徳川吉宗」江戸幕府第八代征夷大将軍
1712-1761を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第九代将軍Ieshige Tokugawaの在職期間は14年6ヶ月。父第八代将軍吉宗の長男。
【探究ネタ】「徳川家重」江戸幕府第九代征夷大将軍
1737-1786を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第十代将軍Iehara Tokugawaの在職期間は26年4ヶ月。父第九代将軍家重の長男。
【探究ネタ】「徳川家治」江戸幕府第十代征夷大将軍
1773-1841を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第十一代将軍Ienari Tokugawaの在職期間は50年0ヶ月。御三卿一橋家二代目一橋治済の長男。
【探究ネタ】「徳川家斉」江戸幕府第十一代征夷大将軍
1793-1853を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第十二代将軍Ieyoshi Tokugawaの在職期間は16年2ヶ月。父第十一代将軍家斉の次男。
【探究ネタ】「徳川家慶」江戸幕府第十二代征夷大将軍
1824-1858を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第十三代将軍Iesada Tokugawaの在職期間は4年8ヶ月。父第十二代将軍家慶の四男。
【探究ネタ】「徳川家定」江戸幕府第十三代征夷大将軍
1846-1866を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第十四代将軍Iemochi Tokugawaの在職期間は7年9ヶ月。紀伊徳川家紀州藩十一代目徳川斉順の長男。
【探究ネタ】「徳川家茂」江戸幕府第十四代征夷大将軍
1837-1913を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第一五代将軍Yoshinobu Tokugawaの在職期間は1年0ヶ月。水戸徳川家水戸藩九代目徳川斉昭の七男。
【探究ネタ】「徳川慶喜」江戸幕府第十五代征夷大将軍

幕末の志士・幕臣

ギャラリーをクリックいただきますとイラストポートレートへ
カードをクリックいただきますとイラストポートレートページをご覧いただけます

1834-1868を生きた池田屋事件で名を馳せ新撰組トップに昇り詰めるも新政府軍に敗れ斬首となる享年35。
【探究ネタ】「近藤 勇」甲冑騒動 日本史からみた偉人たち
1836-1908を生きた旧幕臣であり、箱館戦争後明治政府の主要閣僚として近代日本樹立に尽力、東京農業大学の建学の祖
【探求ネタ】「榎本武揚」日本史から見た偉人たち

儒学・国学の部屋

江戸時代の官学朱子学、そこから広がった陽明学・古学に携わる儒学者、そして日本古来の考え方を研究した国学に携わる国学者をイラストポートレートでお届けします

1730-1801を生きた国学者であり医師。母の勧めもあり京都にて堀 影山(1688-1757)に師事し国学や医術を学び、1758年10月に故郷の三重松坂に帰郷し本居春庵医院を開業。その後、賀茂真淵に師事し源氏物語や古事記など日本古典を通じて古代の思想・文化研究を行なった。国学の大成を成し遂げたとされ、国学四大人に数えられる。
【国学者|本居宣長 Norinaga Motoori】化政期の国学四大人(こくがくしうし)の一人
1669-1736を生きた国学の祖は稲荷神官の子として和学をはじめとする古典・国史研究の環境に育ち、学びを深め国学の分野を確立。その成果を当時、儒学のみであった江戸幕府に国学の必要性を訴え、その後発展を遂げていく。
【国学者|荷田春満 Azumamaro Kadano】化政期の国学四大人(こくがくしうし)の一人
1697-1769を生きた国学者は、31歳で荷田春満に入門、万葉集の研究に没頭し万葉考を編纂。そこには賀茂真淵の万葉集に対する世界観も記されている。田安(宗武)家の和学御用でもあった。化政期の国学四大人(しうし)の一人(荷田春満、賀茂真淵、本居宣長、平田篤胤)。
【国学者|賀茂真淵 Mabuchi Kamono】化政期の国学四大人(こくがくしうし)の一人
1583-1657を生きた日本朱子学の祖は、儒学の祖藤原惺窩を師事しその才能を開化、師の薦めにより徳川家康より4代家綱まで将軍に仕え侍講(君主の学問教育)となる。
【儒学・朱子学|林 羅山 Razan Hayashi】日本朱子学の祖
1561-1619を生きた藤原定家を先祖に持ち、禅僧の教養であった儒学を体系化、京学派(日本儒学)の祖となる。江戸幕府を開いた徳川家康にその儒学を説き、弟子であった林羅山を推挙し、その後の幕府の官学イコール朱子学と進化していく。
【儒学・京学派|藤原惺窩 Seika Fujiwara】京学派(日本儒学)の祖
1622-1685を生きた儒学者は、江戸時代における武士の生き様(ふるまい・在り方)を追求し士道を示す。その後、徳川幕府の官学である朱子学に疑問を持ち、儒教そのものの教えに立ち返るとした古学を提唱。このことから古学の祖とされる。
【儒学・古学|山鹿素行 Soko Yamaga】古学の祖
1608-1648を生きた儒学者。儒道と士道は同じ道と独学で学びを深めた。朱子学を当時の社会に適応させるべく、王陽明全書を読破し、その思想を開化し陽明医学の実践法の一つとする「致良知説」に傾倒した。そして自ら私塾を開き、その学問を極め日本陽明学の祖とされる。多くの医書も残し、その医術を学ぶために藤樹のもとに留学を希望するものは絶えなかったとされる。
【儒学・陽明学|中江藤樹 Tozyu Nakae】日本陽明学の祖
1776-1843を生きた国学者であり医師。秋田藩を脱藩し裸一貫で江戸に出て、最新の学問を苦学で身につけた。1805年本居宣長の嫡子春庭の門下となり1807年に現在の東京京橋にて玄瑞医院を開設。その約2年後には医院を閉鎖。この間に傷寒雑病論解、医道大意(志都能石屋)を著し、医術に深く関わっていたと考えられている。医業を辞めたあとも診察を望む患者は絶えなかったとされる。 国学四大人の一人。
【国学者|平田篤胤 Atsutane Hirata】化政期の国学四大人(こくがくしうし)の一人
1768-1841を生きた岐阜県出身の江戸後期を代表する儒学者は25歳の時、林錦峯(林羅山から続く幕府儒官の7代目)の養子となって林家を継ぎ、幕府の文書行政の中枢として幕政に関与する。 文化年間における朝鮮通信使の応接を対馬国で行う聘礼の改革にも関与。
【儒学・朱子学|林 述斎 Jyusai Hayashi】武士の最高学府「昌平坂学問所」学長
1728-1801を愛知県出身の儒学者は尾張藩藩校明倫堂督学であり、名君とたたえられた米沢藩主の上杉治憲(鷹山)の師として活躍。この甲斐あり米沢藩は財政再建を成し遂げる。今もなお出身地の東海市キャラクター「へいしゅうくん」で存在感を放っている。
【儒学・折衷学派|細井平洲】藩士のみならず町民にも説く教育者

江戸文学の部屋

文学の部屋に江戸時代の文学コーナーが出来ました
江戸時代の文学者たちのイラストポートレートをお楽しみください

1738-1791を生きた俳諧の連歌師は白井鳥酔、松露庵烏明に師事し俳諧を学び、蕉風復興を目指し江戸を中心にその人生を捧げる。また父の郷里信州に俳諧普及に尽力し地方の文化発展にも情熱を注いだ。
【江戸文学|俳諧の連歌】「加舎白雄」蕉風復興と信州俳諧普及へ
1718-1787を生きた俳諧の連歌師は桜井吏登に師事。芭蕉回帰を目指し、東西行脚、江戸座の宗匠たちに対抗して「雪おろし」を著して「江戸二十歌仙」を批評。江戸俳壇の地位を高め門人の数は数千とも言われる。
【江戸文学|俳諧の連歌】「大島蓼太」門人の数は数千人!?
1746-1811を生きた国学者であり俳諧の連歌師は化政期の国学四大人の一人賀茂真淵に学び、本居宣長との交流もあった。江戸大尽を表す十八大通の一人とされている。仮名遣いの名人とされその歌風は万葉長ではなく古今調として江戸派を立ち上げたとされる。
【江戸文学|俳諧の連歌】「村田春海」国学も歌もこなした江戸大尽
1650-1722を生きた俳諧の連歌師は俳諧流派であった貞門派、その後談林派で学び、転居した江戸にて松尾芭蕉らと交流があったとされる。その後京都に住まいを移し京都における俳諧の連歌の中心人物となった。
【江戸文学|俳諧の連歌】「池西言水」京都俳句のドン
1735-1813を生きた本名平沢常富は武士であり、戯作者、狂歌師、俳諧師と多彩な文豪でもあった。特に黄表紙では当時の流行作家山東京伝と肩を並べるほどの人気作家。しかし後の寛政の改革で藩主より叱責を頂戴し黄表紙から手を引く。
【江戸文学|黄表紙】「朋誠堂喜三二 (平沢常富)」戯作者、狂歌師でも武士
1765-1831を生きた洒落本の後継となった人情本、滑稽本(または談義本)の作家、特に清談峯初花は人情本の、東海道中膝栗毛で滑稽本の祖と称される。
【江戸文学|戯作】「十返舎一九」江戸庶民の心を鷲掴み
1749-1823を生きた武士であり、副業は洒落本の売れっ子作家。また狂名が四方赤良とした狂歌三大家一人であり、その一派は山手蓮と称された。戯作の花形作家「山東京伝」の才能を見出した一人でもある。
【江戸文学|戯作】「大田南畝」江戸時代のラップスター
1761-1816を生きた戯作(散文学)の洒落本、黄表紙、(後期)読本と、時代の江戸幕府の取り締まりに応じて自在に作風を変化させた代表的作者であり、当時の花形作家。
【江戸文学|戯作】「山東京伝」江戸時代のベストセラー作家
1734-1809を生きた(前期)読本の著者筆頭格の作家であり医師。当時中国から俗文学として日本に輸入された白話小説を翻案した前期読本の自身代表作となる短編の怪談奇談集「雨月物語」を和漢混淆文で著した。1771年に火災に伴い全財産を失ったことをきっかけに医師を志し、その2年後に大阪加島で医書を読み漁り、多くの患者と接しながら医術の体得後、1776年大阪尼崎にて開業し1788年には廃業。大阪淡路に隠居の身となり執筆活動を復活させた。
【江戸文学|(前期)読本】「上田秋成」上方の古典博士
1763-1828を生きた俳諧の連歌師は、葛飾派(松尾芭蕉の友人・山口素堂の流派)で学び、その道を志す。その人生は苦難の連続であったとされ、その影響が滲み出る作品が多く残されている。一茶の生きたこの時代は文化・文政時代を受けて作風を化政調と表現されている。
【江戸文学|俳諧の連歌】「小林一茶」親しみある作品はなんと2万句
1716-1784を生きた俳諧の連歌師は、松永貞徳を祖とする俳諧流派・貞門を学び、敬う松尾芭蕉によって芸術性の高められた俳諧の連歌は当時下れていたことを危惧し、修行のため行脚生活を始め、その復興に生涯をそそぐ。芭蕉が確立した蕉風回帰を目指して、「俗を用いて俗を離れ、俗を離れて俗を用いる」という離俗論を取り入れた作風を確立した。この時期の元号が天明であったので天明調と言われている。
【江戸文学|俳諧の連歌】「与謝蕪村」離俗論で復興しました
1644-1694を生きた俳諧の連歌師は松永貞徳門下、北村季吟の門より松永貞徳を祖とする俳諧流派であった貞門派、西山宗因らの俳諧流派、談林派をあゆみ、幽玄・閑寂といった趣の匂付に重きをおいた蕉風(正風)を確立、俳諧の連歌(現在の俳句)を芸術文学へと導く。
【江戸文学|俳諧の連歌】「松尾芭蕉」俳句を芸術へ

江戸の経営者(商人)の部屋

江戸時代に活躍した商人たちのイラストポートレートをお楽しみください

30和歌山県
1660s?-1734?(生没年不詳)を生きた大商人は出身地の和歌山と江戸を交易を通じて財をなし江戸に進出したとされる。その人生は伝説化され江戸時代の様々な作品に登場。読本・人情本・合巻・歌舞伎・長唄と上方そして江戸文化のヒーローを務める。 いらすとすてーしょんでは1660年代を出生年、1734年を没年とさせていただきました。
【経営者の部屋|紀伊國屋文左衛門】伝説の江戸スター
40福岡県
1551-1635を生きた博多を代表する商の家系の6代目であり茶を通じ当時の権力社との親交を深め特に豊臣秀吉の寵愛を受けた。神屋家は遣明船を通じた日明貿易で財をなし石見銀山の開発・経営に成功している。徳川政権後は落日を迎える。
【経営者の部屋|神屋宗湛】秀吉に寵愛された博多豪商
42長崎県
1828-1884を生きた幕末から明治期初期の女性商人は油商店の娘として生まれたが大火事に遭い経営が傾くと名産であった嬉野茶に目をつけ出島で茶の輸出に成功し富を得る。明治に入りタバコの輸出で大損害となり財を失うも商いの場所を長崎から関東に移し経営者として活躍した。
【経営者の部屋|大浦 慶】世界に嬉野茶を広めた女丈夫
24三重県
1809-1882を生きた伊勢商人は両替商を営み、将来を見据えて海防護国論(鎖国の撤廃)を発表し勝海舟に影響を与えた。また私立図書館の草分けとなる射和文庫を私財を投じて開館。加えて地元産業振興にも一石を投じた。
【経営者の部屋|竹川竹斎】開国を後押しした伊勢商人
25滋賀県
1777-1854を生きた江戸時代の(近江)商人は近江特産であった麻を仕入れ、布に加工し小売を始める。その後金融業等で業を成し豪商の仲間入りしたとされる。後のチョーギン創業者。その2代目は江戸に呉服店「丁子屋」を創業、「三方よし」を掲げ近江商人の経営手腕の礎となっている。
【経営者の部屋|小林吟右衛門(初代)】チョーギンの祖

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート

    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー

    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は

    右クリックなどでイラストポートレートを

    保存いただけます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」にアップしている全イラストポートレートが

    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)は「いらすとすてーしょん」の独自にピックアップした偉人たちを日替わりで紹介しております
  • 都道府県・国、そして出生年別などは、サイトマップ検索ボックスをご活用ください

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に


複数入力された場合は、すべて一致の場合のみヒットします

新着偉人(It's New)

新たに公開のイラストポートレートをご覧ください

0020エジプト・アラブ共和国出身
1946-2016を生きた化学者。フェムト秒レーザーを用いた化学反応研究の第一人者であり、フェムト秒(10のマイナス15乗秒)という極めて短い時間スケールで、分子の動きを観測することに初めて成功した。このことから化学反応の過程を時間的に詳細を解明し、化学反応のメカニズムに関する新たな知見を次々と明らかにすることでフェムト化学という新しい分野を確立した。この功績により1999年にはノーベル化学賞を受賞している。
【化学の部屋|ズウェイル】20世紀に活躍した世界の化学者XⅫNew!!
0001アメリカ合衆国出身
1944-2019を生きた化学者であり生化学者。微量DNA(デオキシリボ核酸)からその塩基配列を決定するポリメラーゼ連鎖反応PCR(Polymerase Chain Reaction)法を開発し、現在でも病気の診断や犯罪捜査などに幅広く活用されている。この業績により1993年ノーベル化学賞を受賞した。
【化学の部屋|マリス】20世紀に活躍した世界の化学者ⅩⅪ

いらすとすてーしょん新キャラクター

館長

2022年より"いらすとすてーしょん"にお立ち寄りいただきありがとうございます

館長

さて本年いらすとすてーしょんの新キャラクターが誕生しました

館長

シューちゃんです

シューちゃんはいらすとすてーしょんのキャラクターです
シューちゃん

シュー(Syu)です
よろしくね

館長

3年目を迎えた2024年も皆様に役立つ世界の偉人たちをシューちゃんと共にフリーイラストポートレートをお届けします

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業78年を迎える栄光社Web page新企画「イチオシ」と


いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」


コラボレーション
「イチオシ」で取り上げられた美術のその作者を


イラストポートレートで贈ります
皆様のお越しをお待ちしております

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery