フランス共和国身 From France

ようこそ!フリーイラストポートレートと


歴史の停車場いらすとすてーしょん」へ
こちらのページでは出身国別イラスト


ポートレートフランス共和国出身の偉人たち


お楽しみください

フランス共和国出身イラストポート


レートSyusuke Galleryより

フランス共和国出身・新着偉人


(It's New)

1298-1368を生きた医学者。ヴェサリウス以前の中世ヨーロッパにおいて、ガレノスによる解剖学を学び、外科医としてその名を刻んだ。1363年には外科指南書となったChirurgia magnaを著し、8章からなるラテン語で描かれたこの書は外科医のバイブルとなった。黒死病(ペスト)に立ち向かった医師としても記憶されている。
【医学の部屋|ショーリアック】16世紀以前に活躍した世界の医学者⑤New!!
1510-1590を生きた医学者。これまで主流が内科であった医学に、外科を内科レベルまで引き上げた一人であり、外科学の父と称されている。軍医の経験からそれまで銃創は焼き鏝などで治療を行なうことを止め、独自に調合した軟膏などを用いて治療を行った。また四肢の切断等、血管にも用いられていた烙鉄を動脈結紮による止血法を考案した。これらはヴェサリウスによる解剖学の理解から得られたとされている。著書にA collection of Paré's works(初版1575年)があり、楢林鎮山により紅夷外科宗伝として1706年に翻訳されている。
【医学の部屋|パレ】16世紀以前に活躍した世界の医学者③New!!
1497-1558を生きた医学者。世界初の医学理論書と位置付けられている医学(1554年)を著した。この書は、生理学、病理学、治療法の3部構成からなり、特に生理学の始まりを告げたと考えられている。この書の普及には、この当時の印刷技術の発展が大きく寄与している。
【医学の部屋|フェルネル】16世紀以前に活躍した世界の医学者②New!!
1787-1872を生きた医学者。長年経験的に行われてきた治療の一つ瀉血に対して、約2000症例の観察記録、そして約400症例の病理解剖所見から統計学的手法を用いて、この瀉血に治療効果がないことを見出し、この瀉血を当時支持したBroussais(1772-1838)と大論争に発展した。このルイの手法は現在のEBMにつながる医学者の一人と考えられている。
【医学の部屋|ルイ】19世紀に活躍した世界の医学者⑤New!!
1781-1826を生きた医学者。J.N. Corvisart(1755-1821)の門下となり、この師の唱えた胸部音など医学を学んだ。その後臨床下で直接よりも間接聴診が適する症例に出会い聴診器を発明、その後De l'auscultation médiate Colophon(1819年)に著し、現在の医療現場でも欠かせない器具となっている。また肝硬変やメラノーマなどを発見し、病理解剖学者としてもその名を刻んでいる。
【医学の部屋|ラエンネック】19世紀に活躍した世界の医学者④New!!
1755-1821を生きた医学者。心臓学の分野を切り拓いた一人とされ、L. Auenbrugger(1722-1809)の提唱した胸部打診を広く普及させ、心肺機能の病気診断方法とした。その後門下であったR. Laennec(1781−1826)による聴診器の発明につながっている。教育者であり、臨床医は、皇帝ナポレオンの主治医もつとめている。
【医学の部屋|コルヴィザール】19世紀に活躍した世界の医学者③
1745-1826を生きた医学者。19世紀新たな分野として脳医学を発展させる。それまでは精神病とされた人を鎖で繋ぐなど拘禁の時代に、同僚であったPussin(1745-1811)がその拘禁から解放し待遇改善を行なったのをヒントに医学者として、その行為の妥当性を提唱した。その環境下で精神病の特徴を昼夜観察し、精神医学分野を切り開くTraité médico-philosophique sur l'aliénation mentale(1801年)を著し、精神医学の祖と称されている。
【医学の部屋|ピネル】19世紀に活躍した世界の医学者①
1771-1802を生きた医学者。解剖学では構造の単位としての組織を発見、物理・化学的性状や反応の特異性に基づいて21種の組織を分類した。またその疾患の中心は器官から組織にあると着目し、生理学、病理解剖学の分野で活躍した。代用的な書としてAnatomie descriptive(一般解剖学 1801年)などを著している。
【医学の部屋|ビシャ】18世紀に活躍した世界の医学者⑩
1709-1751を生きた医学者。オランダ・ライデン大学でブールハーフェに師事。師の提唱した古来の学説をもとにした生理学とデカルト発の機械論的な視座を併せ持つ機械論的生理学をフランスに持ち帰り、さらに発展させた人間機械論(1747年)を展開した。その主張はフランスでは受け入れられず、のちにベルリンに亡命しフリードリヒ大王の庇護を受けた。
【医学の部屋|ラ・メトリ】18世紀に活躍した世界の医学者②
1803-1869を生きた作曲家。医学の道を捨て音楽家を目指す。女優スミスソン(1800-1854)との出会いにより完成させたSymphonie fantastiqueを1830年に初演。5つの楽章それぞれにつけられたタイトルから19世紀標題音楽の火蓋が落とされる。それはフランスにおけるロマン主義の幕開けでもあった。
【音楽の部屋|ベルリオーズ】ロマン派プログラムミュージック①
1782-1871を生きた作曲家。ケルビーニ(1760-1842)に師事し、その後オペラ・コミックの分野でフランスオペラ界を牽引。そしてパリ・オペラ座での、フランス初となるグランド・オペラ作品の草分けとなるLa Muette de Portici(1828)を作曲した。1842年には国立音楽院院長をつとめていた師ケルビーニの引退にともないその職を継ぎ、フランス音楽界で活躍した。
【音楽の部屋|オベール】オペラコミックのプリンス
1727-1810を生きたバレエマスターでありバレエ理論家。古典的な宮廷バレエにパントマイムや感情表現を取り入れ、バレエに革新をもたらした。それはBallet d'actionと呼ばれ、20世紀初めに確立したモダンバレエの前身であり、ノヴェールはモダンバレエの祖とも称されている。1760年出版されたLettres sur la danse et les valleysよりバレイ芸術革命の火蓋が落とされたとされる書。
【音楽の部屋|ノヴェール】モダンバレエの祖
1697-1764を生きた作曲家でありヴァイオリニスト。フランス・バロック期に活躍しルイ15世時代の宮廷音楽団のメンバーをつとめた。1764年に現在も未解決の事件でこの世を去った。その謎はGérard GefenのL’Assassinat de Jean-Marie LeclairやJaume CabréのConfiteorの題材となっている。
【音楽の部屋|ルクレール】謎の死を遂げたヴァイオリニスト
1674-1763を生きた作曲家でありフルート奏者。フルートやリコーダーなどの木管楽器制作家系であるオトテール一族に生まれ、室内楽に適した木管楽器の制作、演奏法の開発、そして作曲を手がけた。
【音楽の部屋|オトテール】一族一のフルート奏者
1683-1764を生きた作曲家でありクラヴサン奏者。フランス古典主義音楽の第3世代に位置付けられ、オペラ、バレエの分野で特筆した活躍を行う。1722年に著した「Traité de l'harmonie réduite à ses principes Naturels」は音楽を科学的にアプローチし音楽理論の発展に当時寄与した論文となった。フランス歌劇を守る正統主義側に立ち、イタリア音楽擁護の百科全書派と対立したブフォン論争の中心人物であった。
【音楽の部屋|ラモー】フランスオペラを愛した作曲家
1668-1733を生きた作曲家。ルイ王朝末期に最も活躍したチェンバリストであり、クラヴサン楽派の頂点を極めた。フランスにおける鍵盤楽器のための小品集OrdresやPièces de clavecinは宮廷、社交場で奏でられる作品として作曲。その軽快で柔らかい、繊細で優美な音楽は、複雑で重厚なバロック音楽からロココ時代の幕開けとなった。フランソワのオルドルは現在もクラヴサン奏者の手本であり、その教えは音楽教師の在り方でもあった。
【音楽の部屋|クープラン】クラヴサンの頂点を極めた作曲家
1528-1600を生きたルネサンス期の作曲家。Musique mesurée(フランスの声楽作曲のスタイル)を発展させ、詩の韻律的な律動とリズムを結びつける新しい表現技法を開拓。その結果、クレメン・ジャネランが築き上げたシャンソンをさらに進化させ、新たな音楽的表現を確立。この功績はフランス音楽史に大きな足跡を刻みました。
【音楽の部屋|ル・ジュヌ】シャンソンを発展させた作曲家
1844-1910を生きた画家。通称"税関吏ルソー"はパリ市入市税関に勤めながら、独学で風俗画や空想的、幻想的な原生林風景画など独創的な才能を活かし絵を描いた。そのキャンパスに描く単純さ、明らかな構図を持ち合わせた素朴さをパブロ・ピカソはキュビズムに通じると高く評価したとされる。
【画家の部屋|アンリ・ルソー】素朴さの巨匠
1798-1863を生きた画家。早世したジェリコーに影響を受け、ロマン主義を受け継いだ巨匠は、新古典主義を掲げ当時の絵画界の権力者アングルに挑み続ける。そしてギリシア独立戦争におけるオスマン帝国の弾圧を描いた「キオス島の虐殺」はヨーロッパ全土に影響をあたえ、ギリシヤ独立のきっかけとなったとされている。そして フランス7月革命をモチーフにした「民衆を導く自由の女神」はロマン主義最大の作品としていまでも人々を魅了し続けている。
【画家の部屋|ドラクロワ】ロマン主義の代表格
1871-1958を生きた20世紀マティス、ピカソとならびフランスを代表する画家。ギュスターブ・モローに師事し、師の絵に加えて、感情豊かな象徴的要素を強調する新しい芸術手法に挑んだ巨匠。その性格は完全主義的であったとされている。
【画家の部屋|ジョルジュ・ルオー】モローに師事した完全主義
1839-1906を生きた画家。ロマン主義、写実主義に影響を受け、印象主義の親方的存在のピサロの慕い、その後幾何学的な要素を取り入れた作風を示し、ポスト(後期)印象主義の道を歩んだ。この頃の作品はジョルジュブラックやパブロ・ピカソに大きな影響力を与え、キュビズム誕生のきっかけとなった。
【画家の部屋|セザンヌ】キュビズムの祖
1882-1963を生きた画家。パブロ・ピカソと共にキュビズムを作り上げた。その作風は印象派からスタートし、その後マティスなどに影響を受け、フォーヴィズムに傾倒。そしてセザンヌの幾何学な立体表現を応用し、平面空間に立体を積み上げるキュビズムの道を歩んだ。
【画家の部屋|ブラック】ピカソと共に歩んだキュビズム
1850-1891を生きた画家。印象派の作品からさらに独自の画風と取り入れ、筆触分割を細分化し点描を用いて新印象主義と評価される。そこに輪郭に明暗を強調することで立体感を醸成する作品に仕上げている。
【画家の部屋|スーラ】新印象主義の到来
1834-1904を生きた彫刻家。青年期に彫刻や建築を学び、その後巨大彫刻に関心を抱く。その後友人であり法学者のラブレー(1811-1883)のアイディアにより、アメリカ合衆国独立100周年を祝福する像の制作に取り掛かり、1886年自由の女神像を完成させた。
【彫刻家の部屋|バルトルディ】誰もが知る巨大彫刻の作者
1864-1901を生きた画家。その筆は鋭い観察とデッサンでパリの風俗を描く。1890 年代には多色刷リトグラフ(石版画)を用いたポスター芸術分野において全盛期をもたらし活躍した。その作風は印象派画家のドガや浮世絵などのジャポニスムに影響を受けたとされる。
【画家の部屋|ロートレック】世間を魅了したポスター
1717-1783を生きた数学者であり物理学、哲学者。ダランベールの微分方程式や、ダランベールの波動方程式を見出す。また18世紀フランスで編纂された大規模な百科事典「百科全書Encyclopédie」の編集者でもあり、フランスにおける科学史に影響を与えた一人と称されている。
【数学者の部屋|ダランベール】博識の方程式
1749-1827を生きた数学者であり、物理学・天文学者。特に時間や空間に関する複雑な問題を単純な数式で表現できるラプラス変換を開発。また確率の理論的な基礎を築き、ベイズ統計学を体系化させた。
【数学者の部屋|ラプラス】謎解きの天才
1746-1818を生きた数学者であり教育者。立体幾何学(立体物体の形状や位置を図示)を著書Géométrie descriptiveにてまとめ上げ、3次元空間内の立体物体を2次元平面上に表すことを発展、普及させた。またフランスを代表する工学校École polytechniqueの創設メンバーの一人。
【数学者の部屋|モンジュ】平面に空間を描く天才
1667-1754を生きた数学者。確率論の基礎を築いたベルヌーイ、それを正規分布を用いて確率論を著書The Doctrine of Chances(偶然の教義)で中心極限定理を提唱、この分野を発展させた。また複素数の研究にも従事し指数形式を導入し、三角関数と指数関数の関連を見出した。
【数学者の部屋|モアブル】発展させた確率論
1607-1666を生きた数学者であり法律家。ピタゴラスの定理を直角三角形にのみ適用するとして、その乗数がn>2の整数の場合、x^n + y^n = z^n のような式に整数解が存在しないことを提唱。この定理は「フェルマの最終定理」として約350年以上未解決であったが、1994年にワイルズによって証明された。
【数学者の部屋|フェルマー】350年も解けなかった問題の提起者
1901-1981を生きた心理学者であり、哲学的な洞察も含んだ精神分析理論を展開。フロイト派の精神分析理論を再解釈し、独自の心理学的アプローチを提案その理論はラカン派心理学またはラカン派精神分析として知られている。無意識は言語の構造によって組織化され、人間の欲望や衝動は言語のシンボルとして表現する「無意識の言語化」を唱えた。
【心理学者の部屋|ラカン】無意識の言語化を発見
1857−1911を生きた心理学者。個人の知能レベルを測定する手法インテリジェンステスト(知能検査)を開発。そのテストは当初Binet-Simon Scaleと呼ばれ、後のStanford-Binet Scaleとして発展した。
【心理学者の部屋|ビネー】IQを作った男
1771-1802を生きた医師であり解剖学者。現代医学においては組織学の父と称されている。さまざまな組織の構造と機能を詳細に研究し、それぞれの組織が独自の役割を果たしていることを示し組織学の概念を提唱。
【医学の部屋|ビシャ】組織学の父
1713-1784を生きた哲学者。自由や平等を重視し、知識の普及と教育の重要性を訴え、伝統や権威に疑問を投げかける。また18世紀フランスで出版されたフランス百科全書(Encyclopédie)の編集者として重要な役割を果たした。
【哲学の部屋|ディドロ】自由と平等の追求
1760-1825を生きた思想家。社会が労働者や科学者、技術者などの生産者により進歩し、繁栄すると産業革命の時代に生きた社会思想を提唱した。その思想は同国出身のフーリエらとと共に、政治・経済・社会学等に影響を与えた。
【哲学の部屋|サン・シモン】社会主義へ導く思想
1592-1655を生きた哲学者であり科学者。古典的なアリストテレスの哲学に問いを投げかけ、エピクロス主義を土台に理性と経験に基づく自然の法則を提唱。またその思想は天文学や物理学といった科学の発展にも寄与したとされている。
【哲学の部屋|ピエール・ガッサンディ】科学に影響を与えた哲学者
1079-1142を生きた哲学者であり神学者。その当時の教会が示す古典的な教義に疑問を呈し、ロジカルシンキング、フィロソフィーのアプローチを用いて概念論を提唱。そして禁断の恋を通じた恋愛哲学と位置付けられている「The Letters of Abelard and Heloise」は文学としても高い評価を得ている。
【哲学の部屋|ピエール・アベラール】恋する哲学者
1863-1899を生きた、甘美なタッチに淡い光、屋外で描き、絵の具はキャンパス上で筆触分割を用い、日本美術の影響を受けた19世紀後半に登場した印象派。留学先の英国でロマン主義の風景画家ターナーらに倣い、その後第一回印象派展に参加。印象派風景画の代表画家となる。
【画家の部屋|アルフレッド・シスレー】印象派風景画の最高峰
1832-1883を生きた、甘美なタッチに淡い光、屋外で描き、絵の具はキャンパス上で筆触分割を用い、日本美術の影響を受けた19世紀後半に登場した印象派。その印象派の原点を作り上げた。
【画家の部屋|エドゥアール・マネ】印象派の先駆者
1868-1940を生きた、時は印象派(前)台頭時代、眼には見えない表現を目指した象徴主義美術。その中でポール・セリュジエ(1846-1927)のらと共にナビ派を結成。日常生活をモチーフにした繊細なタッチの作風を数多く残した。
【画家の部屋|エドゥアール・ヴュイヤール】私も象徴主義ナビ派
1867-1947を生きた、時は19世紀も写実主義台頭時代、眼には見えない表現を目指した象徴主義美術。その中でもポール・セリュジエ(1846-1927)のらと共にナビ派を結成。光の中の温かみのあるタッチではなく、色彩に重みを持つ方向を示した象徴主義の一つの派とした作風を残した。日本美術の中でも浮世絵に大きな影響を受けた一人でもある。
【画家の部屋|ピエール・ボナール】象徴主義ナビ派の豊かな色彩
1707-1788を生きた自然史をライフワークとした博物学者。1739年よりJardin des plantes(パリ植物園)のディレクターとなり、世界中の植物を収集、フランス植物学の礎を築いた。ビュフォンの編纂書Histoire Naturelleへ進化について言及し、進化論の先駆者として考えられている。
【植物学者の部屋|ビュフォン】Jardin des plantesの開拓者
1744-1829を生きた自然史をライフワークとした博物学者。動物を脊椎の有る無しによる分類で無脊椎動物の分野を確立、またこの無脊椎動物と共に生物学という言葉を使ったことでも名を残している。
【生物学者の部屋|ジャン=バティスト・ラマルク】生物学の名付け親
1848-1903を生きた印象派の流れを汲み誕生した新印象派と後期印象派、その後期印象派とカテゴライズされる強力な個性を発揮した3巨匠、セザンヌ、ゴッホ、そしてゴーガン。その経歴は船乗り、サラリーマン、そしてピサロとの出会いで印象派に傾くも象徴主義を彷彿させる作品も手掛ける。文明に背を向けフランス領であったタヒチで新たな画家人を送る。
【画家の部屋|ゴーガン】ポスト(後期)印象派3大巨匠の一人
1826-1898を生きた時は印象派(前)台頭時代、光の中の温かみのあるタッチに背を向けて、古典回帰を彷彿させるような宗教的題材に丁寧な線と色彩で光を当てる作風を示し、理念や感情を表現した象徴主義を方向付けた。後にフォーヴィスムと呼ばれる野獣派を牽引するマティス、ルオーらを指導したことでも名を残している。
【画家の部屋|ギュスターヴ・モロー】野獣派を育てた象徴主義の巨匠
1732-1806を生きた18世紀ヨーロッパ美術の中心地となったフランスでロココ美術のトリを飾った画家は、風景画で脚光を浴びイタリア、そしてオランダ画家との共鳴を得た。その後風俗画にシフトすると、画壇からは遠ざかりフランス革命を契機にロココ美術と画家としての人生に終焉が訪れる。
【画家の部屋|ジャン・オノレ・フラゴナール】ロココの大トリ
1699-1779を生きた18世紀ヨーロッパ美術の中心地となったフランスでロココ美術の最盛期に活躍した画家は、日常生活に着目し静物画を中心に描き、その後風俗画で人気を集めた。歴史画優位の時代に風俗画で認められた画壇でもあった。またウサギをモチーフにした作品を多く残していることから動物への関心の高さを感じる。
【画家の部屋|ジャン・シメオン・シャルダン】ロココで静物画!?風俗画!?
1684-1721を生きた18世紀ヨーロッパ美術の中心地となったフランスでロココ美術の最盛期に活躍した画家は、The Embarkation for Cythera(シテールの乗船)でフランス王立絵画彫刻アカデミー会員、その後Maître des fêtes galantes(雅宴画家)として一躍注目を集め、フランス絵画の父として称されている。
【画家の部屋|アントワーヌ・ヴァトー】ロココ雅宴画巨匠
1808-1879を生きたフランス革命(加えて産業革命)によって終焉を迎えたロココ美術から現実に目を向けた社会意識の高まりにより、フランスを中心として写実主義が台頭、その写実主義を牽引した画家はリトグラム(石版画)のスキルを身につけ、その後風刺画の人気作家となり、パリの日常をありのままに伝える。版画のみならず彫刻、絵画(油絵)を残すも生前に発表されるものは少なく後世に評価された画家の一人。
【画家の部屋|オノレ・ドーミエ】人気風刺画家は今では美の巨匠
1819-1877を生きたフランス革命(加えて産業革命)によって終焉を迎えたロココ美術から現実に目を向けた社会意識の高まりにより、フランスを中心として写実主義が台頭、その写実主義を牽引した画家。当時歴史画は高貴なものを題材にする常識を出身地の村を題材にそこに生きる人々を忠実に写実した作品を数々発表。固定概念を覆す革新を巻き起こす。
【画家の部屋|ギュスターヴ・クールベ】固定概念を変えたモチーフ
1791-1824を生きた産業革命、そしてフランス革命とヨーロッパに影響を及した二つの革命は絵画界にもロマン主義美術をもたらし、そのフランスにおけるロマン主義の先駆けとなった画家。軍事に関心が高かったとされ、1819年に発表したThe Raft of the Medusa (メデューズ号の筏)は現実に目を背けない話題画の先駆けとなる。事故により32歳にて早世。
【画家の部屋|テオドール・ジェリコー】馬を愛したロマン主義
1780-1867を生きたロココ美術最盛期に登場した古典美術回帰を目指す新古典主義の象徴ダヴィットの後継者として託された画家、それ以前はイタリア留学時自由な表現を好むロマン主義に傾倒していたことから、その幅広い美術に関心が高かったことが伺える。
【画家の部屋|ドミニク・アングル】新古典主義の後継者
1703-1770を生きた18世紀ヨーロッパ美術の中心地となったフランスでコロロ美術をリードした画家は、国王首席画家となりフランス王立絵画彫刻アカデミー院長の要職を務めた。軽やかな色彩、緩やかな線、甘美な作品を数々残した。
【画家の部屋|フランソワ・ブーシェ】ロココ美術の巨匠
1600-1682を生きたバロック美術画家はそのほとんどの生涯をイタリアローマで過ごし数々の名作を残す。バロック美術の特徴である光の対比を見事に操る風景画でイタリアから発信されたバロック美術の中心人物となり、後のイギリスを中心としたロマン主義に影響を与えたとされる。
【画家の部屋|クロード・ロラン】バロック光の明暗使いの申し子
1787-1872を生きた臨床疫学の父は、ベッドサイドでの患者観察と剖検所見の照合を行い、現代で言うところのEBM(Evidence Based Medicine)の道を切り開く。1800年代半ばまで標準治療であった瀉血治療の臨床研究を通じてその効果の疑いを発表し医学の発展に名を響かす。
【医学の部屋|Pierre-Charles Alexandre Louis ピエール=シャルル・ルイ】EBMの考え方を示した男
1745-1826を生きた当時、精神病患者「狂気」と扱われ鎖で拘束する時代に精神病患者を「病気」と捉え鎖から解放し、その治療の必要性を説いた精神医学の父、そして近代精神医学の祖と称される。
【医学の部屋|Philippe Pinel フィリップ・ピネル】フランス革命と同じくらいの革命を起こした精神障害治療
1840-1926を生きた画家の代表作「印象・日の出」を出展し印象派のジャンルを切り拓く。晩年の大作「睡蓮」は白内障の手術を乗り越えて制作。
【画家の部屋|Claude Monet クロード・モネ】約250作品!?ジヴェルニー自宅の睡蓮を描く・印象派シリーズ⑤
1834-1917を生きた画家はバレエを愛しオペラ座の舞台裏の作品を多く手掛ける。クロード・モネとの親交から印象派展に数々の作品を発表していることから印象派に位置付けられている。
【画家の部屋|Edgar Degas エドガー・ドガ】この透明感、この脈動感、ホントは写実主義なんじゃないの!?・印象派シリーズ④
1841-1919を生きた画家はモネ、ピサロと共に、忠実な写実主義が重視されていた時代に、印象派という新たなジャンルに挑む。このような時代であったので大作「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」発表当時は評価されていなかった。
【画家の部屋|ルノワール】畑の中のダンスホール「 Bal du moulin de la Galette」を描きました
1873-1956を生きたFIFA創設者は、人権平等・尊重を広めるために高まるサッカー人気をいち早くフランスに取り入れた。その後フランスサッカー連盟(FFF)を設立し、FIFAを通じてワールドカップ開催を成し遂げる。
【2022W杯・カタール大会開催記念|ジュール・リメ】10月推し偉人 FIFAワールドカップの父
1709-1751を生きた医師であり哲学者は心霊現象は脳の中に起こっている生理学的プロセスと解き科学心理・認知科学の先駆者として現在評価されています。
【医学の部屋|La Mettrie ラ・メットリー】18世紀にアバターなるものを考えていた!?彼がいま生きていたら
1510-1590を生きた床屋から宮廷外科医となった近代外科学の父。ルネサンス時代、四代のフランス国王の侍医を務めたパレは当時の常識を覆す治療法をあみ出し、近代外科学の基礎を築いた。
【医学の部屋|Ambroise Paré アンブロワーズ・パレ 】我は処置す、神が癒し給う
1497-1558を生きた天文学者であり医学者は人体の臓器機能をまとめて「Physiology」生理学と発表。
【医学の部屋|Jean Fernel ジャン・フェルネル】私が命名したのはPhysiology・生理学
1298-1368を生きたローマ教皇侍医はペストと戦い、そして14世紀最大の外科学書となる「大外科書」を完成させた。
【医学の部屋|Guy de Chauliac ショーリアック】14世紀ペストと戦った外科医
1798-1863を生きたフランス出身の画家は新古典主義≒ナポレオン政権下の中、王政復古から市民革命時代を生き、ロマン主義として数々の作品を残したドラクロワ。その人の感情を前面に描いた代表作「La Liberté guidant le peuple」をフランス7月革命を記念して同年1830年に完成させる。
【画家の部屋|Delacroix ドラクロワ】フランス7月革命と言えばこの作品
1844-1910を生きたフランス出身の画家は印象派時代素朴派を確立したフランスを代表する画家。魔術的、夢想的、異国的とも比喩される自然や街の中に絶妙に配した人物像などを描がく。
【画家の部屋|アンリ・ルソー】私の先生はルーブル美術館だった
1883-1955を生きたフランス出身の画家は50年間にわたりモンマルトルを中心に、パリの詩情あふれる風景を描き続けた画家、モーリス・ユトリロは、少年時代アルコール中毒の治療のため、医師の勧めにより絵筆をとったことがこの道に入るきっかけに。
【画家の部屋|モーリス・ユトリロ】私の治療薬は絵筆だったんだ
1869-1954を生きたフランス出身の画家は野獣派(フォーヴィスム)と呼ばれる代表的な画家の一人で、「色彩の魔術師」との異名を持ち、自然を極限まで引き立て、自身の感情を独自の色彩感覚で描いた作品を次々と生み出す。
【画家の部屋|アンリ・マティス】 私の色使いは斬新ですよ

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート


    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー


    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は


    右クリックでイラストポートレートが


    保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」に
    アップしている全イラストポートレートが


    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日


    「いらすとすてーしょん」より独自に


    ピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも


    確認できるのでサイトマップや検索ボックスから


    どうぞ(サイトマップ

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に


複数入力された場合は、すべて一致の場合のみ


ヒットします

新着偉人(It's New)

新たに公開のイラストポートレートをご覧ください

0033フランス共和国出身
1298-1368を生きた医学者。ヴェサリウス以前の中世ヨーロッパにおいて、ガレノスによる解剖学を学び、外科医としてその名を刻んだ。1363年には外科指南書となったChirurgia magnaを著し、8章からなるラテン語で描かれたこの書は外科医のバイブルとなった。黒死病(ペスト)に立ち向かった医師としても記憶されている。
【医学の部屋|ショーリアック】16世紀以前に活躍した世界の医学者⑤New!!
0032ベルギー王国出身
1514-1564を生きた医学者。2世紀ガレノスによって興った解剖を、De Humani Corporis Fabrica Libri Septem(1543年)によって解剖を学問レベルに引き上げた。その詳細な解剖図はガレノスの学説からの転換期となる。その後カール5世の侍医などの要職をつとめた。その解剖学の先鋭眼は当時の医学界に大きな衝撃を与え、風当たりも強かったとされる。 それらの背景には16世紀に発展した印刷技術によりガレノスの著作物に触れる機会が多くなったことが挙げられる。またこの当時の解剖学の先駆者としてはレオナルド・ダ・ヴィンチが挙げられ、その解剖図は数百とも言われ臓器図も描かれている。
【医学の部屋|ヴェサリウス】16世紀以前に活躍した世界の医学者④

いらすとすてーしょん新キャラクター

館長

2022年より"いらすとすてーしょん"にお立ち寄りいただきありがとうございます

館長

さて本年いらすとすてーしょんの新キャラクターが誕生しました

館長

シューちゃんです

シューちゃんはいらすとすてーしょんのキャラクターです
シューちゃん

シュー(Syu)です
よろしくね

館長

3年目を迎えた2024年も皆様に役立つ世界の偉人たちをシューちゃんと共にフリーイラストポートレートをお届けします

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業78年を迎える栄光社HP新企画「イチオシ」と


いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」


コラボレーション
「イチオシ」で取り上げられた美術のその作者を


イラストポートレートで贈ります
皆様のお越しをお待ちしております

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery