クロード・ル・ジュヌ Claude Le Jeune

ようこそ!フリーイラストポートレートと


歴史の停車場いらすとすてーしょん」へ
こちらのページでは【音楽家の部屋|ル・ジュヌ


シャンソンを発展させた作曲家をお楽しみください

ル・ジュヌ

イラストポートレート(Syusuke Galleryより )

シャンソンって

シャンソンとは?

館長

まずはシャンソンについてお話ししましょう

館長

シャンソンは一般的にフランス語で歌われる歌曲のスタイルを指しています

シャンソンの歴史は?

館長

このシャンソンの歴史はとても古くて…

トルバドゥール・トルバイリィツ

館長

中世のトルバドゥール(男性)・トルバイリィツ(女性)を起源としています

館長

こちらの方がわかりやすいかもしれません

館長

トルバドゥールは遊吟詩人ともよばれ

館長

詩曲を作り、各地を訪れて歌いました

はじまりは8世紀ごろ

館長

はじまりは8世紀ごろとも言われ

館長

放浪の音楽家といった感じでしょうか

館長

このトルバドゥールが歌う歌は…

館長

恋や勇気(戦い)について歌いました

大伴家持登場!?

やかもち

なんだか日本でいうところの万葉集に似ていますよね

やかもち

歌に音楽は奏でられていませんが…

やかもち

とても親近感を持ちました

館長

これは万葉集の編者の一人とされる大伴家持さん!

700年ごろ-785を生きた歌人であり貴族。三十六歌仙のひとり。大伴旅人の長男として生まれ、多くの官職を歴任。歌人としては、日本最古の歌集である『万葉集』の全歌数4516首のうち473首の約10%の歌が掲載されていることから編者の一人とされている。その全20巻のうち巻17~巻19に自身の歌日記を残した。内訳は27年間の歌歴のうち、越中時代5年間の歌数が223首であるのに対し、それ以前の14年間は158首、以後の8年間は92首となっている。政治的な波乱の時代であり、多くの事件や政治闘争に巻き込まれ、759(天平宝字3)年新年の宴の歌を最後に785年の没するまでの約25年間歌を詠まなかったのか、残されていないのか、いまでも不明となっている。
【文学の部屋|大伴家持】万葉集を完結させた編者
やかもち

例えば恋については「相聞歌」

やかもち

政治や争いなどは「雑歌」みたいな感じですね

やかもち

わたしのイラストポートのページで少し触れていますのでぜひ見に来てください

もっとも活躍したのが12世紀から14世紀

館長

さてトルバドゥールに話を戻しましょう

館長

トルバドゥールがもっとも活躍したのが12世紀から14世紀

館長

この時期のトルバドゥールは宮廷や貴族の専属として、恋や騎士道、宗教などをモチーフとした歌を演奏していました

館長

対象が宮廷や貴族でしたので伝統的な歌詞が重んじられていたそうです

館長

その歌詞は歌詞は詩的要素を多く含み

館長

物語性や感情表現が全面に出したものが多く散見されます

これがシャンソンの始まり

館長

これがシャンソンの始まりとされています

館長

そしてルネサンス期に入り、世俗的であったり、風刺的であったり、庶民の間にもこのシャンソンが広がっていきました

館長

ここまでまとめますと…

館長

シャンソンは、騎士道や愛、宗教的なテーマが取り上げられていました

館長

その後、生活に密着した要素が加わり

館長

その歌詞から、その時代の社会や文化を垣間見ることができ…

館長

現在の歴史書のような存在といってもいいかもしれません

館長

その歌詞に音楽的要素が加わって…

館長

ルネサンス期、フランス音楽は大きく進化をしていきます

館長

そしてこのシャンソンは19世紀

館長

カフェやキャバレーで歌われるようになって…

館長

現在もなおフランス国内外問わず多くのファンを魅了しています

クロード・ル・ジュヌって

シャンソンの父

館長

このシャンソンを進化させたとされるジュヌさんとお話ししていきたいと思います

ジュヌ

その前にシャンソンの父と称されるジャヌカンを紹介するよ

クレマン・ジャヌカン

ジュヌ

クレマン・ジャヌカン (Clément Janequin フランス出身c.1485-1558)は…

ジュヌ

物語やリアリズムを追求し、戦場や風景などの具象的な要素を音楽で表現することに取り組んだ作曲家です

ジュヌ

もう少し踏み込むと、鳥の鳴き声や戦場の戦いの模様など、具体的な情景を音楽で表現する手法を編み出した

ジュヌ

これがシャンソンにおける物語性や生き生きとした表現の基盤となったと言われてる

館長

つまりジャヌカンさんがシャンソンの父と言われる所以ですね

ジュヌとシャンソン

館長

そのシャンソンをジュヌさんはどう進化させたのですか?

Musique mesurée

ジュヌ

まずMusique mesuréeと呼ばれるフランスの声楽作曲のスタイルを確立したんだ

館長

Musique mesuréeは簡単に言うと…

館長

詩の強さやリズムに合わせて音楽を作曲する技法のようなものでしょうか

ジュヌ

そしてフランス語で表された詩と音楽を結びつける

ジュヌ

これによって詩の意味や感情を音楽として表現した

ジュヌ

わたしはこのMusique mesuréeを用いてシャンソンを作曲したんだ

ジュヌ

そしてシャンソンのみならずモテットにもこのMusique mesuréeを用いた

館長

ちなみにモテットとは…

館長

聖書の文章や宗教的な詩に曲をつけたポリフォーニーの合唱曲です

シャンソンを進化

館長

つまりシャンソンにMusique mesuréeを用いて作曲したことで

館長

シャンソンを進化させたってことですね

ジュヌ

そしてこの楽曲は

ジュヌ

器楽編曲としても広く使われるようになって…

ジュヌ

ルネサンス期の器楽音楽の発展にも大きく貢献したんだ

館長

ジェヌさんのクリエイティブな発想とその技術力

館長

その名をフランス音楽史に刻んでいるのですね