ハインリヒ・シュッツ Heinrich Schütz

ようこそ!フリーイラストポートレートと


歴史の停車場いらすとすてーしょん」へ
こちらのページでは【音楽家の部屋|シュッツ

大バッハへ繋ぐドイツ音楽の父をお楽しみください

シュッツ イラストポートレート(Syusuke Galleryより )

ドイツ音楽の父

シュッツって?

館長

今回はシュッツさんのイラストポートレートをお届けしました

館長

シュッツさんは1585年生まれ

館長

実にその100年後偉大な作曲家が誕生します

大バッハ

1685年生まれのヨハン・ゼバスティアン・バッハです

1685-1750を生きた音楽一家に生まれた偉大な作曲家は苦境の中に光を見出した努力家であった。そして20人の子供をもうけ大家族は音楽一家を形成。ドイツ3B(ドイツを代表する大作曲家「ベートーベン」「ブラームス」そして「バッハ」)の一人。
【音楽の部屋|J.S.バッハ】音楽の父は、大家族の父でもあった!?ドイツ3Bの一人
館長

そんな件(くだり)の紹介をされるシュッツさんですが…

館長

ドイツ音楽の父と称されるほどのドイツ音楽には欠かせない作曲家でした

館長

そのシュッツさんについて簡単に振り返ってみたいと思います

ヴェネツィア留学

館長

ヘッセン領主モーリツ伯にその楽才を認められて

館長

1609年ヴェネチア楽派の巨匠ジョヴァンニ・ガブリエリ(イタリア出身1554-1612)に師事します

館長

シュッツさんの留学中に亡くなった師ガブリエリはその作曲家としての才能を認めていたそうです

ザクセン選帝侯の宮廷楽団長へ

館長

そして帰国後1617年にはドレスデン、ザクセン選帝侯の宮廷楽団長となり、その才能を発揮します

館長

そして1619年

館長

ドイツ語によって書かれた聖書の言葉に作曲した「Psalmen Davids(ダヴィデ詩篇歌集)」を発表しました

Psalmen Davids

館長

シュッツ作Psalmen DavidsをYouTubeリンクでお届けします
館長

これにはヴェネツィア楽派由来の豊麗な複合唱様式をドイツ・プロテスタント教会音楽に定着させる一歩となります

シュッツ

では、ここからわたしがお話ししましょう

シュッツ

初期の作品としてPsalmen Davidsから40年あまりたった…

シュッツ

1660年に

シュッツ

Historia der Geburt Christi(クリスマスの歴史)を初演しました

シュッツ

Historia der Geburt Christiつまりキリスト誕生の歴史としてプロテスタント教会音楽として作曲しました

館長

Historia der Geburt Christiは名作中の名作と言われる作品ですよね!

Historia der Geburt Christi

館長

シュッツ作Historia der Geburt ChristiをYouTubeリンクでお届けします
シュッツ

Historia der Geburt Christiを詳しく紹介してくれてありがとう

シュッツ

その数年後…

シュッツ

キリストの試練、そして死の物語をアカペラで歌い上げる

シュッツ

3つの受難曲を作曲しました

館長

ちなみに受難曲とは新約聖書中の4つの福音書(マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ)で伝えられるキリストの受難を題材とする音楽のことです

シュッツ

まずはじめにルカ受難曲を1665年に

The Passion According to St. Luke

館長

シュッツ作The Passion According to St. LukeをYouTubeリンクでお届けします
シュッツ

そしてヨハネ、マタイ受難曲を続けて1666年に

The Passion According to St. John

館長

シュッツ作The Passion According to St. JohnをYouTubeリンクでお届けします
館長

シュッツ作The Passion According to St. MatthewをYouTubeリンクでお届けします
シュッツ

それぞれご紹介いただきありがとう

シュッツ

これらのプロテスタント教会音楽で…

シュッツ

奏でられるようになって、ルターの唱えた宗教改革が進んでいくのを感じていたんだ

館長

ヴェネツィア楽派由来の豊麗な複合唱様式から

館長

イタリアはバロック期を迎え声楽曲は和弦伴奏を伴う独唱が主流に

館長

それをいち早くドイツ音楽として取り入れたシュッツさん

館長

それぞれの受難曲を聴いていると手によるようにわかりますね

ドイツ初のオペラはダフネ?

館長

ところでシュッツさんはドイツ初のオペラを手がけられたとか…

シュッツ

Die Dafne(ダフネ)のことでしょうか

シュッツ

確かに1627年に書き下ろしたわたしの作品です

館長

カメラータのメンバーで詩人のリヌッチーニ(1562-1621)が1597年に台本を書き下ろしたダフネとは違いますのでご注意を!

館長

このダフネの話題はこちらのモンテヴェルディさんのイラストポートレートページでご紹介していますよ

1567-1643を生きた作曲家。ルネサンス音楽からのバロック音楽の時代を作り上げる。伝統あるサン・マルコ大聖堂の楽長を1602年よりつとめ、1607年に初演されたオルフェオを作曲し注目を集め、バロック時代のオペラ到来となる。モンテヴェルディの最高傑作であり、バロックオペラを代表するオペラポッペーアの戴冠は今でも人々を魅了する演目となっている。
【音楽の部屋|モンテヴェルディ】オペラを開花させた作曲家
館長

話は戻して、そのシュッツが作曲されたダフネ

館長

これまでドイツ初のオペラとして扱われてきたのですが…

館長

どうも雲行きが怪しくなっているようなんです

シュッツ

怪しいって??

館長

オペラの定義は登場人物が歌を歌って、会話部分も歌で表現ですよね

シュッツ

館長

それでシュッツさんのダフネは音楽付きの演劇だったのではという噂が…

シュッツ

シュッツ

それで、いまのところ結論は出ているの?

館長

音楽史家が目下調査とのことです

館長

いずれにしてもシュッツさんの作曲家人生を揺るがすものではありませんよ!

ドイツ音楽の父シュッツ

館長

こうして最新のイタリア音楽をドイツ文化と融合させたシュッツさんはドイツにおける音楽の父と称されるようになりました

館長

そしてシュッツさんがこの世を去ってから約12年後に

館長

偉大な作曲家がこの世に誕生します

大バッハ

わたしを呼びましたか??

館長

そしてシュッツさんについて一言付け加えるますと

シュッツは北ドイツ・オルガン楽派