横光利一 Riichi Yokomitsu

ようこそ!フリーイラストポートレートと歴史の停車場いらすとすてーしょん」へ
こちらのページでは

横光利一イラストポートレート Syusuke Galleryより

私、川端康成の好敵手でした

横光利一文学会へどうぞ

広告コーナー

文学家・新着偉人(It's New)はこちらから

いらすとすてーしょん検索コーナー

①〜⑥のコンテンツをお届けさせていただきます
どうぞ【文壇発見】「横光利一」文学の神様は芭蕉の後継者と豪語? 文学の部屋 をお楽しみください

横光利一イラストポートレート(Syusuke Galleryより

私、川端康成の好敵手でした

やすなり

無二の親友であり、ライバルだった横光君

【文壇発見|川端康成】没後50年を迎えてもなお文学界の最高峰

日本人初のノーベル文学賞を受賞した川端康成の代表作『雪国』。没後50年となる節目の年に、世界に誇る名作文学が高橋一生さん主演でNHKドラマ化を記念してイラストポート…

わたしのイラストポートレートも見に来てくださいな
かん

スキヤキで二人を引き合わせたんだったなぁ

やすなり

あの時、横山君は確か箸をつけなかったんじゃ無いかな…奥ゆかしいやつって思った

その菊池寛先生の創設された文藝春秋社で横光君とお手伝いをはじめたのでした

私は頼まれて物を云うことに飽いた。自分で、考えていることを、読者や編集者に気兼ねなしに、自由な心持で云って見たい。『文藝春秋』創刊にあたって、創業者・菊池寛が記した言葉です。以来、100年。文藝春秋は今も、明文化された社是や社訓を持ちません。
1923年1月文藝春秋社 創設、文藝春秋 創刊
かん

横光・川端時代かぁ!懐かしいのぅ

やすなり

新感覚派なんて呼ばれていましたけど

やすなり

横光君は文学の神様とか小説の神様とか持て囃されていました

かん

横光利一は「俺は芭蕉の後継者だぁ」とか何とか言って俳句400首ぐらい残しているんだったよな

やすなり

自らを豪語していましたよね

やすなり

そんな横光君ですが戦後「文壇の戦犯」と揶揄されて一人でその戦争責任のようなものを背負っていたこともありましたね

やすなり

それから間も無くして病気が悪化して1947年大晦日の1日前12月30日に亡くなって…

かん

俺より先に亡くなるとはなぁ

やすなり

それから約20年後、私のところに届けれた吉報

かん

日本人初のノーベル文学賞だ

やすなり

無二の親友、横光君がもし生きていたら、どうなってたんだろうって、ふと思うのです…

かん

意味深いのぅ

横光利一文学会へどうぞ

横光利一文学会

The Association of Yokomitsu Riichi Studies

Since 2001年3月〜

横光利一文学会は、横光利一(1898-1947)の文学を中心に、幅ひろく現代文学を探究していく研究会です。
2000年5月より約10ヶ月の準備期間をへて、2001年3月に第1回研究集会を開催、翌2002年3月に第1回大会を開催して正式に発足しました。
研究集会(夏期)、大会(冬期)を開催し、機関誌『横光利一研究』(年1回)、会報『横光利一文学会 会報』(年2回)を刊行しています。
横光利一文学会では、新たな会員を随時募集しています。詳しくは「問い合わせをご参照ください。
会則(PDF)
公式HPより抜粋

Profile Picture

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

文学家・新着偉人(It's New)はこちらから

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート


    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー


    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は


    右クリックでイラストポートレートが


    保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」に
    アップしている全イラストポートレートが


    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日


    「いらすとすてーしょん」より独自に


    ピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも


    確認できるのでサイトマップや検索ボックスから


    どうぞ(サイトマップ

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に


複数入力された場合は、すべて一致の場合のみ


ヒットします

It's New Syusuke Gallery

新たに公開のイラストポートレートをご覧ください

30和歌山県
1684-1751を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第八代将軍Yoshimune Tokugawaの在職期間は29年1ヶ月。紀伊徳川家紀州藩二代目徳川光貞の四男。
【探究ネタ】「徳川吉宗」江戸幕府第八代征夷大将軍New!!
13東京都
1709-1716を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第七代将軍Ietsugu Tokugawaの在職期間は3年1ヶ月。父第6代将軍家宣の四男。
【探究ネタ】「徳川家継」江戸幕府第七代征夷大将軍
13東京都
1662-1712を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第六代将軍Ienobu Tokugawaの在職期間は3年5ヶ月。父第三代将軍家光の三男綱重(甲府藩主)の長男。
【探究ネタ】「徳川家宣」江戸幕府第六代征夷大将軍
0046スウェーデン王国出身
1905-1961を生きたスウェーデン王国の経済・法学・政治学者であり国立銀行頭取、国の財務リーダーを務めたあと外務を担当。1953年から二代目となる国際連合事務総長を2期歴任。2期目に不運の飛行機事故にてこの世を去った。
【政治の部屋|Dag Hammarskjöld】1月27日ホロコースト犠牲者を想起する国際デー

今月の推し偉人

まりあ

"いらすとすてーしょん"2023年1月の


推し偉人はわたし「マリア・カラス」

0001アメリカ合衆国出身
1923-1977を生きた20世紀を世界を代表するソプラノ歌手。その人生は公私共に波瀾万丈。トップの座を射止めた歌声は完璧を追い求め、そして愛に翻弄される。2023年は生誕100年、そして2017年に公開された「私は、マリア・カラス」はマリアの未完の自叙伝を映画化。誰も知らないマリア・カラスに会えます。
【音楽の部屋|マリア・カラス】Maria by Callas

「推し偉人」

フリーイラストポートレートと歴史の停車場


いらすとすてーしょん」では毎月「推し偉人」を


特集しています

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業77年を迎える栄光社HP新企画「イチオシ」と、


いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」の


コラボレーション
「イチオシ」で取り上げられた美術のその作者を


イラストポートレートで贈ります
皆様のお越しをお待ちしております

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery