「いらすとすてーしょん」11月推し偉人
1921年医学の歴史で最も画期的なブレイクスルーの一つに数えられるインスリン発見者「バンティング Banting」氏をピックアップします!

Frederick Banting フレデリック・バンティング

ようこそ 11月推し偉人のコーナーへ
フリーイラストポートレートと歴史の停車場いらすとすてーしょん」では毎月「推し偉人」を特集しています
【医学の部屋|バンティング】11月14日は何の日?World Diabetes Day をお楽しみください
※いらすとすてーしょんでは、1月14日は何の日?World Diabetes Day!をノーベル賞(生理学・医学賞)の部屋よりお届けさせていただきます

11月14日、今日は何の日?

ぎんこ

日本初の女性医師となった荻野吟子です

1851-1913を生きた埼玉県出身の日本初女性医師は18歳のとき、不慮の病に罹り婦人科治療を受けたことから、女性医師の必要性を痛感し、医師となることを決意。しかし、当時、女性には医術開業試験の受験が認められておらず、制度改正に奔走。こうして吟子女史は様々な困難を克服し、明治18年(1885年)、医術開業試験に合格、日本で最初の公認女性医師となる。
【医学の部屋|荻野吟子】注目のDoodle登場は日本初の女性医師
ぎんこ

今回、いらすとすてーしょんより「14 November is World Diabetes Day」をお届けするってことで、私がナビゲートします

ぎんこ

あらっ?なぜ信長さんがここに?

のぶなが

なぜか引っ張り出されてしまいました

ぎんこ

そうなんですね
さて話は戻して、信長さん
11月14日は何の日だかご存知ですか?

のぶなが

これまで毎年10月に行われていた「ぎふ信長まつり」は2022年から11月になったんだけど…

正式名称は「岐阜市産業・農業祭~ぎふ信長まつり~」岐阜のまちづくりに貢献した織田信長公を称え、毎年、岐阜市中心市街地一帯で開催
正式名称は「岐阜市産業・農業祭~ぎふ信長まつり~」
岐阜のまちづくりに貢献した織田信長公を称え、毎年、岐阜市中心市街地一帯で開催
ぎんこ

確かに「ぎふ信長まつり」は2022年から11月の第一土曜日、翌日曜日に開催ですけど、質問は11月14日ですよ!

のぶなが

誰かの誕生日とかぁ…?

ぎんこ

すごい!正解です

ぎんこ

今回主役の方のお誕生日なんです
ではご登場いただきましょう!


「バンティング」さ〜ん!!

フレデリック・バンティング


イラストポートレート(Syusuke Galleryより)

インスリンって?

インスリンって何?

ぎんこ

世界で初めてインスリンを発見した


バンティング先生は、その功績で


1923年ノーベル医学賞を受賞しました

のぶなが

バンティングせんせ、が発見した


インスリンってなんなの?

ぎんこ

インスリンは体の中の膵臓


(すいぞう)っていう臓器から出る


ホルモンのこと

のぶなが

ホルモンかぁ!!焼肉最高!!!

ぎんこ

信長さん
ここで言うホルモンは、体の働きを


調節する情報伝達物質なんですよ
だから食べられません!

のぶなが

なるほど、食べるホルモンとは違うんだね

ぎんこ

ホルモンは「刺激する」ってギリシャ語由来の単語なんですよ
ごくわずかな量で体の調節をするので、なかなか発見できなかった

のぶなが

それを発見したのがバンティング


せんせ、なんですな

ぎんこ

このインスリンは血液の中にある糖を細胞の中に取り組む働きをするのですよ

のぶなが

血液の中にある糖…、そうかその濃度が血糖値って呼ばれる値だな

ぎんこ

このインスリンが無いと、細胞の中に糖が入れないので血液の中は糖で


あふれかえってしまう

のぶなが

そうか!細胞は糖を栄養にしているから、糖が入らないと痩せてしまうんだね

ぎんこ

いろいろなタイプがあるんですけど、インスリンがいろいろな影響で出なくなったり、少なくなったり、出ているんだけど効きにくくなくなったりしてしまう病気を総称して糖尿病って言うんですよ

インスリン発見前の糖尿病治療は?

ぎんこ

このバンティングせんせが、


インスリンを発見する前、糖尿病は


不治の病でした

ぎんこ

特にインスリンが膵臓から出ない


タイプの糖尿病(主に1型糖尿病と


言われるタイプ)治療は過酷だったんです

のぶなが

薬が無いから、治療できないってこと?

ぎんこ

薬は無くとも、実は治療はあったんです…

ぎんこ

その治療方法は「飢餓療法」って呼ばれていました

のぶなが

食べさせないの?

ぎんこ

ご飯を食べると、血糖値は上がるから、食べさせないのです

ぎんこ

健常な方は、インスリンの作用によって血糖値は一定に保たれるんですけど…

ぎんこ

インスリンがなければ血管内は糖で


あふれかえって、血糖値がみるみる上がる一方…

のぶなが

そもそも、血糖値が上がったらダメなの?

ぎんこ

血糖値が正常以上に上がると、体の


あちこちに障害が出てきて、さらに酷くなると昏睡状態になってしまうんですよ

のぶなが

それだから、血糖値が上がらないように食べさせないのかぁ

ぎんこ

そうなんです。
でも血糖値は上がらないけど…

ぎんこ

体はみるみるうちに痩せ衰えて死を


待つのみの恐ろしい病気でした

のぶなが

生きるために、食べちゃだめ、かぁ

ぎんこ

その死を待つのみの病気から救ったのが「バンティングせんせ」なんです

いまの糖尿病治療はどうなっているの?

わが国の糖尿病情報の発信センター

ぎんこ

今日はこのくらいにしておいて、さらに詳しいインスリンについては、国の糖尿病情報発信センターの公式HPをのぞいてくださいね

糖尿病情報センターとは、国立研究開発法人 国立国際医療研究センター内に設置された、わが国の糖尿病情報の発信センターです。

糖尿病情報センター

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター内に設置された、わが国の糖尿病情報の発信センターです

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

11月14日はWorld Diabetes Day

糖尿病っていまも増えているんだよね?

のぶなが

インスリンが発見は1921年だったから…

ぎんこ

もう100年あまりの時が過ぎました

のぶなが

インスリン発見で、不治の病とされた糖尿病を人類は克服したんだろうね

ぎんこ

実は…

のぶなが

実は…?
とは??

ぎんこ

信長さん、克服には至っていないのです

ぎんこ

むしろ、糖尿病は増え続けていて…