「いらすとすてーしょん」9月推し偉人
時は11世紀、当時の北宋(現在の中華人民共和国)
ここで中国の政治、経済、文化が繁栄し科学技術や文学芸術が発展しました
そこで今回は、その北宋時代を築いた時の宰相


「王安石」にフォーカスします

王安石 Wang Anshi

ようこそ!フリーイラストポートレートと


歴史の停車場いらすとすてーしょん」へ
こちらのページでは【王安石】民の声を聞く


唐宋八大家
をお楽しみください
※王安石 民の声を聞く唐宋八大家は政治の部屋より


お届けします

王安石イラストポートレート(Syusuke Galleryより

民の声を聞く唐宋八大家・政治編

Attuning to the Voices of the People "Eight Masters of the Tang and Song" , Political Edition
By Illuststation

政治への道

Details

幼い王安石が知識と学問への情熱を抱き、進士試験に合格
そして 地方行政での経験や農民との交流が、後の政治家としての姿勢を形成した

 柔らかな陽光が、11世紀の臨川の町を照らしていた。その中で、幼い王安石は書物に囲まれる日々を過ごしていた。古典文学や詩に心を奪われ、知識への情熱を胸に秘めながら。そして彼の胸中には、未知の世界への探求心の燈が灯る。

 進士試験の合格が、政治舞台への一歩を導いた。王青年の知識と才能が眩い光を放った瞬間である。一方で、彼の地方行政を選択した。そこでの経験は、農村の営みや民衆の生活と直接触れる機会となった。

 田園風景の中で、彼は農民たちと触れ合い、彼らの困難さや喜びを共有した。その中で形成されたのは、人々への共感と正義への信念であった。農村の現実が、彼の政治家としての原点となり、後の政策へのアプローチに影響を与えていく。

 知識に加え経験を積んだ王青年は政治の道を更に進んでいく。彼の志は、進士試験の合格から始まり、地方行政での奮闘を経て確固たるものとなった。そして新たなる時代への一歩を踏み出す力を蓄えていた。

Scene
1

政治の舞台へ

Details

王安石が宰相として登用され、新法改革を推進する決意を示す
新法の詳細や経済政策、教育改革を通じて、手腕が問われる

 翰林院は、時遅しと変革の空気に包まれていた。穏やかながらも喧騒が漂い、政治の舞台が新たな局面へと移り変わることを予感させていた。その中で、一人の青年が姿を見せた。

 ある日、宰相の座に選ばれるという知らせが王安石のもとに届く。彼の目は、喜びと期待で満ち溢れ、政治の大舞台への道を歩む覚悟が滲み出ていた。そして着手した新法改革は、国家の難題に立ち向かうことができると信じ、内なる炎に更に油を注ぐ。

 政府の中で、王安石は新法の素案を説く場面が広がっていた。前向きな官僚たちとの議論が、彼の改革への決意を強化していく。均田制による土地の平等な分配、免役法による生産効率の向上、教育制度改革による知識の普及などである。これらの政策は、政治は民衆の幸福のためにあるという儒教における「経世致用」の教えを基盤としていた。

 脳裏に市場のにぎわいや学生たちの熱心な学びの様子が交互映し出され、新法の変革が社会のあらゆる角度に影響を与えていくさまが浮かび上がる。王安石の政治家としての大きな役割が、国家の現状と課題に対処する姿として鮮明な印象を与えた。

新たな時代の扉が開かれ、王安石は政治舞台への登場を果たした。その背中には、新法改革への使命感と国家への想いがあり、彼の決意が政治の激流に立ち向かう勇気を告げていた。

※中国の古代において、皇帝の側近として文書の起草や皇帝の教育、政治顧問などの役割を担官僚機構

Scene
2

挫折と葛藤

Details

新たな政治改革は社会的な抵抗や政治的な対立を招く結果となる
そんな中、王安石は葛藤の日々が続く
保守派との対立や改革の難しさに向き合う難しさがここにある

 風向きが変わったように感じた。政治舞台に立つ者たちの間でいままで聞いたことがなかったような論争や苛立ちが広がっていた。新法改革が社会にもたらす影響が顕在化し、賛否が入り混じる雰囲気が立ち込めていた。王安石は、その嵐に身を投じる決意を固めていた。

 その論争の場で、王安石の声が幾重にも響く。新法の成果を示し、社会の健全な発展を信条にに説いた。しかしそれに対する反発も激しさを増した。保守派との対立が日を増すことに激しさを増し、どちらに転ぶとも言えぬ空気に包まれていた。

 王安石の信念は揺るがずとも、彼自身は葛藤に苛まれていた。改革の過程での苦境や社会的な矛盾が、彼の心に影を落としていた。政策を実行する難しさを身に沁みる。時折訪れる不安や疑念が彼の心で交錯していた。

 折に触れ、場所を離れて目を瞑り、心穏やかに清め、自己を見つめ直す。そして道を模索した。しかし王安石の強靭な信念と葛藤は、政治改革の道を歩む彼の内面により深く刻まれていく。その姿はまさに政治家としての成熟を遂げていく過程にあった。

Scene
3

成果と遺産

Details

新法改革の成果と影響はどうであったか
そして王安石の改革は遺産となり後の世代に与えた影響は

 時は流れ、新法改革の足跡は社会に深く刻まれていた。政策の成果は手に取るように国家全体に明るい変化をもたらしていた。市易法で各地の市場はにぎわいをみせ、農村では各農業に対する新法によってもたらされた格差是正は生産性向上につながった。

 改革の成果は王安石の顔に映し出されていた。彼は満足げに、新法改革が社会にもたらした好影響を同士たちと語っていた。市民の生活の向上や教育の普及。それらは彼の政治家としての使命を象徴するものであり、国家の現状をより良くするための努力の結晶であった。

 その後、政局に変化があり王安石は政治の舞台から姿を消す。しかし、彼の遺産は単なる政策の成功だけではなかった。彼の死後、その改革は彼の名を冠した新法を通じて後の世代にも受け継がれていった。彼の信念と努力が、後の政治家たちにも影響を与え、新たな改革への機会をもたらしていたのだ。

 歴史の中で、王安石は新法改革を通じてその名を刻み込みこんだ。彼の改革の姿勢が後世の政治や社会に与えた影響は色濃く残る。王安石の政治家としての遺産はいまも人々の心に灯されている。

Scene
4

王安石の生涯

 王安石の生涯は、11世紀の中国の歴史において鮮やかな軌跡を刻みました。彼の幼少期から政治舞台への登場、新法改革の推進、そして挫折と葛藤を経て成果を収めた姿勢。そのすべてが、彼がどれほどの強靭な意志と信念を持っていたかを示しています。

 王安石の改革は、政治と社会に大きな影響を及ぼしました。経済政策や教育制度の改革によって、国家の発展と社会の向上に寄与しました。その一方で、保守派との葛藤や政治的な対立にも直面し、その中で自己の信念と向き合う姿勢が強調されました。

 王安石の名は、彼の死後もその改革の遺産と共に後世に受け継がれました。彼の波瀾に満ちた生涯は、中国の歴史の中で輝かしい一章となり、その影響は後の時代にも続いています。彼の政治家としての意志と情熱は、私たちに勇気を与え、歴史の流れを変える力を持っていることを教えてくれます。

Scene
5

民の声を聞く唐宋八大家・文学

Attuning to the Voices of the People "Eight Masters of the Tang and Song" , Literary Edition
By Illuststation

唐宋八大家って?

Details

中国の唐代から宋代にかけての8人の文人をさしています
唐:韓愈、柳宗元
宋:欧陽修、蘇洵、蘇軾、蘇轍、曾鞏、王安石

 
 唐宋八大家は、古文復興運動の中心人物として、中国の散文の革新に大きく貢献しました。唐宋八大家は当時主流であった駢文(べんぶん:四字と六字を一句の基本とし対句 を多用する華美な文体)を排し、散文を主流と文学に輝きを表現しました。現在も高く評価されています。

Scene
1

王安石と文学の融合

Details
 
 王安石、その名は先ほどの紹介で政治家としても知られていましたが、文学に関しては詩と散文への関心が高く息づいていました。新法改革の推進と共に、彼の文学的な才能が社会に新たな風を運びました。政治家としての意志と、詩人としての繊細な感性が交差する場面。彼の一生が綴られた物語が、描かれています。

Scene
2

親子の絆で結ばれた"三蘇"

Details
 親子3人(蘇洵、蘇軾、蘇轍:順に父、長男・次男)の詩、散文、随筆が、人々の喜怒哀楽を鮮やかに描写し、共感を呼び起こします。詩に込められた情熱と、家族との絆が、彼らの作品に温かな魂を吹き込んでいきます。
※蘇洵、蘇軾、蘇轍は三蘇と称されています

Scene
3

政治と文学の交差点

Details
 
 親友と呼べる王安石と曾鞏。その曾鞏は政治と文学の間で揺れ動く。彼の政治的な立場と文学的な才能の葛藤。新しい政策と向き合う決意と共に、彼の心には時に揺れる疑問が湧き上がる。政治家と文学家、その交わりの中で道が開いていきました。


Scene
4

文学の光と影

 
 唐宋八大家は文学の世界に独自の輝きをもたらしました。彼らは文学に、その時代の息吹や情熱を刻み込みました。その影響は、後の世代にも受け継がれ、光と影の美しい調和を生み出しています。彼らの文学は、時に抱えた複雑さや深遠なテーマ。その美しい光と静かなる影を投影しています。

Scene
5
あんせき

今回の私、王安石について
いかがでしたか?

あんせき

いまから1000年も前のことですが

あんせき

少しでも新鮮に感じていただけたら
嬉しいです

あんせき

では、今回はこの辺りで

あんせき

これからも
いらすとすてーしょんで
楽しんでください

政治の部屋・新着偉人


(It's New)はこちらから

政治(世界)の部屋

0089中華人民共和国出身
1021-1086を生きた政治家であり、思想家、詩人、文学者。儒教における「経世致用」の教えを基盤とし、政治は民衆の幸福のためにあるという考えに従い行政を司だった。また文学では唐宋八大家の一人として高く評価されている。
【王安石】民の声を聞く唐宋八大家
0046スウェーデン王国出身
1905-1961を生きたスウェーデン王国の経済・法学・政治学者であり国立銀行頭取、国の財務リーダーを務めたあと外務を担当。1953年から二代目となる国際連合事務総長を2期歴任。2期目に不運の飛行機事故にてこの世を去った。
【政治の部屋|Dag Hammarskjöld】1月27日ホロコースト犠牲者を想起する国際デー

政治(日本)の部屋

34広島県
802-853を生きた漢詩人、歌人であり政治家。稀代の漢学者として名を馳せ、詩文は「経国集、和漢朗詠集、扶桑集」に、和歌は古今集などに数多く収載にされている。また政治の舞台でも活躍し、律令国家を規制した基本法典養老律令の官撰の注釈書を清原夏野らと共に文人として編纂に携わる。小野妹子の子孫とされ、小野小町、小野道風の祖父ともされている。 ※いらすとすてーしょんでは小野篁の出生地を広島県とさせていただきました。
【文学の部屋|小野 篁】閻魔庁にも仕えた文才
26京都府
870年ごろ-945を生きた歌人であり政治家。土佐守の任期をを終えた貫行が、934(承平4)年12月に高知県土佐の官舎を出て、翌年2月に平安京の自邸へ帰り着くまでの旅を、和歌まじりにつづった旅日記を土佐日記として綴る。貫行は自身を女性に見立て、仮名散文で個人的心情を吐露し仮名日記の最初の作品として日本文学史上に大きな足跡を残した。また貫行の最も大きな偉業は、伝統的な和歌を自覚的な言語芸術として定立し、公的な文芸である漢詩と対等な地位に押し上げた古今集の撰進であり、国風文化の推進・確立を果たした。
【文学の部屋|紀 貫之】日記文学の祖
48出生地不明
700年ごろ-785を生きた歌人であり貴族。三十六歌仙のひとり。大伴旅人の長男として生まれ、多くの官職を歴任。歌人としては、日本最古の歌集である『万葉集』の全歌数4516首のうち473首の約10%の歌が掲載されていることから編者の一人とされている。その全20巻のうち巻17~巻19に自身の歌日記を残した。内訳は27年間の歌歴のうち、越中時代5年間の歌数が223首であるのに対し、それ以前の14年間は158首、以後の8年間は92首となっている。政治的な波乱の時代であり、多くの事件や政治闘争に巻き込まれ、759(天平宝字3)年新年の宴の歌を最後に785年の没するまでの約25年間歌を詠まなかったのか、残されていないのか、いまでも不明となっている。
【文学の部屋|大伴家持】万葉集を完結させた編者
03岩手県
1857-1929を生きた政治家であり医師。名古屋大学医学部の前身である愛知病院でキャリアをスタートさせ、24歳で校長兼病院長となる。その後内務省に籍を移し公衆衛生に携わり、台湾総督府民政長官、南満州鉄道株式会社総裁を歴任。1920(大正9)年東京市長に就任、1923年関東大震災を受け内務大臣兼帝都復興院総裁に就任。東京の帝都復興計画の立案・推進に取り組む。現在の東京の都市基盤の礎を築いた。
【政治の部屋|後藤新平】震災復興の第一人者
48出生地不明
845-903を生きた詩人であり政治家は醍醐天皇治世にて右大臣となり、その後朝廷内の中傷にあい失脚。太宰員外帥に左遷、その2年後この太宰府の地にてその生涯を閉じました。
【政治の部屋|菅原道真】いつの時代も学問の神様
21岐阜県
1900-1986を生きた岐阜県出身の外交官は英語教師を目指すも生活苦から公費で学べる外交官留学生試験を突破。外交官の道へ、ユダヤ人に救いの手を差し伸べた命のビザは1ヶ月で2139通発給を数えた。
【政治の部屋|杉原千畝】命のビザは1ヶ月で2139通発給 日本史からみた偉人たち

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート


    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー


    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は


    右クリックでイラストポートレートが


    保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」に
    アップしている全イラストポートレートが


    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日


    「いらすとすてーしょん」より独自に


    ピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも


    確認できるのでサイトマップや検索ボックスから


    どうぞ(サイトマップ

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に


複数入力された場合は、すべて一致の場合のみ


ヒットします

新着偉人(It's New)

新たに公開のイラストポートレートをご覧ください

0039イタリア共和国出身
1517-1590を生きた作曲家であり音楽理論研究者。キオッジャ大聖堂で楽団員となりその後同聖堂のオルガニス、そしてサン・マルコ寺院の当時の楽団長エイドリアン・ウィラートに師事。その後1565 年より同寺院の楽長を終身つとめる。1558年にLe istitutioni harmonicheを著したことで西洋の数学的音楽理論の展開を進め16世紀最大の音楽理論家と称されている。
【音楽の部屋|ツァルリーノ】数学的音楽理論を提唱New!!
0034スペイン王国出身
c.1500-1553を生きたルネサンス期の作曲家。アビラやプラセンシアの大聖堂での楽長として活躍し、その後パウルス3世の治めるローマ教皇庁聖歌隊歌手として活動。時代を反映した宗教曲を数多く残し当時のヨーロッパ音楽に影響を与えた。
【音楽の部屋|モラーレス】スペイン宗教音楽史を刻む作曲家

今月の推し偉人

ウィラート

"いらすとすてーしょん"2023年12月の


推し偉人はわたし「エイドリアン・ウィラート」

c.1490-1562を生きたヴェネツィア楽派の作曲家。ヴェネツィアのサン・マルコ大聖堂の楽長となり終生この職を務めた.宗教曲を中心に,器楽曲など多くの曲を残す。その代表モテット作品は「O magnum mysterium」でテクスチュアルな豊かさを放っている。
【音楽の部屋|ウィラート】ヴェネツィア楽派の祖

「推し偉人」

フリーイラストポートレートと歴史の停車場


いらすとすてーしょん」では毎月「推し偉人」を


特集しています

これまでの


「いらすとすてーしょん」
推し偉人

2022〜2023

2022-03-31

【彫刻家の部屋|佐藤忠良】生誕110年世界の彫刻家

2022-04-01

【画家の部屋|鏑木清方】東の美人画家代表

2022-05-09

【本土復帰50周年記念|船越義珍】5月推し偉人 沖縄初空手を世界へ

2022-06-01

【医学の部屋|緒方洪庵】去る天然痘!来るサル痘? ワクチン大規模接種は江戸時代から!?

2022-07-01

【コラボ記念|東山魁夷 Kaii Higashiyama】7月推し偉人 栄光社×Syusuke Gallery

2022-08-01

【行こう宇和島|穂積陳重】8月推し偉人 日本初‘民法’生みの親

2022-09-01

【2023朝ドラは私|牧野富太郎】9月推し偉人 なんと生涯に収集した植物標本は40万枚!?

2022-10-01

【2022W杯・カタール大会開催記念|ジュール・リメ】10月推し偉人 FIFAワールドカップの父

2022-11-01

【医学の部屋|バンティング】11月14日は何の日?World Diabetes Day!

2022-12-01

【国立劇場建て替え記念|中村勘三郎(17代目) Kanzaburo Nakamura XVII】12月推し偉人 Nov./1966

2023-01-01

【音楽の部屋|マリア・カラス】Maria by Callas

2023-02-01

【文学の部屋|正岡子規】俳句・短歌の革新に取り組みました

2023-03-01

【画家の部屋|エゴン・シーレ】素描の天才は超個性派

2023-04-01

【江戸文学|浄瑠璃・歌舞伎】「近松門左衛門」今も人気曽根崎心中

2023-05-01

【植物学者の部屋|エラスムス・ダーウィン】C.ダーウィンの偉大な祖父

2023-06-01

【植物学者の部屋|チャールズ・ダーウィン】進化論といえば私

2023-07-01

【心理学者の部屋|ピアジェ】20世紀代表の一人

2023-08-01

【生物学者の部屋|スワンメルダム】ミクロスコープの申し子

2023-09-01

【王安石】民の声を聞く唐宋八大家

2023-10-01

【画家の部屋|土佐光則】土佐派再興に捧げた人生

2023-11-01

【画家の部屋|葛飾北斎】波絵の知名度は世界一

2023-12-01

【音楽の部屋|ウィラート】ヴェネツィア楽派の祖New!!

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業77年を迎える栄光社HP新企画「イチオシ」と


いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」


コラボレーション
「イチオシ」で取り上げられた美術のその作者を


イラストポートレートで贈ります
皆様のお越しをお待ちしております

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery