後藤新平 Goto Shinpei

ようこそ!フリーイラストポートレートと


歴史の停車場
いらすとすてーしょん」へ
こちらのページでは【政治の部屋|後藤新平


震災復興の第一人者
をお楽しみください
※後藤新平 震災復興の第一人者は政治の部屋より


お届けします

後藤新平イラストポートレート(Syusuke Galleryより

後藤新平と関東大震災

1923年9月1日11時58分関東大震災が発生
この震災はマグニチュード7.9の巨大地震であり、東京や横浜を中心に、関東地方の広範囲にわたって壊滅的な被害をもたらした

当時の東京市長であった後藤は、その卓越した能力とリーダーシップで、震災後の東京の復興に全力で取り組むことを決意した
震災直後から、東京の災害状況を調査し、復興計画を策定した
その計画は、焼失した街路の整備や、防災対策の強化、住宅の再建など、多岐にわたるものであり、現在の東京の都市計画にも大きな影響を与えている

例えば、道路や公園の整備を重視し、東京を「歩くための街」にすることを目標とした
この考えは、現在の東京の都市計画にも引き継がれている
また、防災対策の強化にも力を入れた
地震や火災などの災害に備え、東京の防災体制を当時としてできる限り整備を行う
この取り組みは、現在の東京の防災対策の礎にもなっている

関東大震災は、近代日本の歴史において大きな転換期であった
その復興に尽力した後藤新平の姿もまた、忘れてはならない存在です
後藤新平の活躍は、日本の災害時対応の礎となり後世に語り継ぎたい一人です

関東大震災から100年

歴史の痛みと教訓、そして未来への願い

2023年、日本は関東大震災からちょうど100年を迎えました
その節目に、わたしたちは歴史から学び、次の100年に向けた道を照らすことの大切さを感じています
1995年の阪神淡路大震災、2011年の東日本大震災を振り返りつつ、未来への願いを込めて「次の100年」というテーマで綴りました

これまでの100年の間を振り返っても日本は多くの自然災害に直面しました
関東大震災や阪神淡路大震災、東日本大震災など、その痛みは胸に深く刻まれています
しかし、これらの災害から得た教訓と共に、希望の光も灯り始めています
わたしたちは、次の100年に向けて災害のリスクを軽減し、持続可能な社会を築くためにどのような一歩を踏み出せるのか考えてみました

まず、次の100年においても最善の、そして最新の防災対策は欠かせません
科学技術の進歩を活用し、地震や津波、台風などのリスクを予測し、早期警戒体制を充実させることが求められます
また、わたしたちの防災意識(リテラシー)を高めることが何より大切だと考えています
一人ひとりが、自身の考えで自ら適切な対応を行うことが求められているからです
これにより、未来の災害に対する被害を最小限に食い止めることができるはずです

そして、地域の結束と協力の重要性が浮き彫りになっています
過去の災害で見せたように、困難な状況でも助け合いの精神が力を発揮します
高齢化がさらに進む日本において、地域コミュニティのさらなる強化や災害時の連携体制の確認は欠かせません
次の100年でも共に助け合う力が求められています

さらに、持続可能な社会の構築も重要です
気候変動や環境問題に対する対策が求められる中、再生可能エネルギーや資源の効率的な利用が注目されています
次の100年に向けて、地球環境と共存する社会を築くために努力し、未来の世代に美しい地球を引き継いでいく気持ちが防災対策につながると信じています

加えて、未来への希望を胸に、次の100年においても文化や教育、国際協力を通じて国を発展させていくことも大切です
過去の災害と向き合い、その経験を活かして進化し、新たな可能性に挑戦することで、国際社会をより強く、より持続可能な未来につながります

関東大震災から100年の今、わたしたちは過去を忘れず、明るい未来への希望を胸に抱いています
次の100年に向けて、防災、地域の結束、持続可能な社会構築、文化の発展を通じて、より良い未来を築くためのいまできることをひとつずつ続けたいと考えています
これまでの歴史から、未来への架け橋となるために

いらすとすてーしょん館長

政治の部屋・新着偉人(It's New)はこちらから

政治(世界)の部屋

0089中華人民共和国出身
1021-1086を生きた政治家であり、思想家、詩人、文学者。儒教における「経世致用」の教えを基盤とし、政治は民衆の幸福のためにあるという考えに従い行政を司だった。また文学では唐宋八大家の一人として高く評価されている。
【王安石】民の声を聞く唐宋八大家
0046スウェーデン王国出身
1905-1961を生きたスウェーデン王国の経済・法学・政治学者であり国立銀行頭取、国の財務リーダーを務めたあと外務を担当。1953年から二代目となる国際連合事務総長を2期歴任。2期目に不運の飛行機事故にてこの世を去った。
【政治の部屋|Dag Hammarskjöld】1月27日ホロコースト犠牲者を想起する国際デー

政治(日本)の部屋

34広島県
802-853を生きた漢詩人、歌人であり政治家。稀代の漢学者として名を馳せ、詩文は「経国集、和漢朗詠集、扶桑集」に、和歌は古今集などに数多く収載にされている。また政治の舞台でも活躍し、律令国家を規制した基本法典養老律令の官撰の注釈書を清原夏野らと共に文人として編纂に携わる。小野妹子の子孫とされ、小野小町、小野道風の祖父ともされている。 ※いらすとすてーしょんでは小野篁の出生地を広島県とさせていただきました。
【文学の部屋|小野 篁】閻魔庁にも仕えた文才
26京都府
870年ごろ-945を生きた歌人であり政治家。土佐守の任期をを終えた貫行が、934(承平4)年12月に高知県土佐の官舎を出て、翌年2月に平安京の自邸へ帰り着くまでの旅を、和歌まじりにつづった旅日記を土佐日記として綴る。貫行は自身を女性に見立て、仮名散文で個人的心情を吐露し仮名日記の最初の作品として日本文学史上に大きな足跡を残した。また貫行の最も大きな偉業は、伝統的な和歌を自覚的な言語芸術として定立し、公的な文芸である漢詩と対等な地位に押し上げた古今集の撰進であり、国風文化の推進・確立を果たした。
【文学の部屋|紀 貫之】日記文学の祖
48出生地不明
700年ごろ-785を生きた歌人であり貴族。三十六歌仙のひとり。大伴旅人の長男として生まれ、多くの官職を歴任。歌人としては、日本最古の歌集である『万葉集』の全歌数4516首のうち473首の約10%の歌が掲載されていることから編者の一人とされている。その全20巻のうち巻17~巻19に自身の歌日記を残した。内訳は27年間の歌歴のうち、越中時代5年間の歌数が223首であるのに対し、それ以前の14年間は158首、以後の8年間は92首となっている。政治的な波乱の時代であり、多くの事件や政治闘争に巻き込まれ、759(天平宝字3)年新年の宴の歌を最後に785年の没するまでの約25年間歌を詠まなかったのか、残されていないのか、いまでも不明となっている。
【文学の部屋|大伴家持】万葉集を完結させた編者
03岩手県
1857-1929を生きた政治家であり医師。名古屋大学医学部の前身である愛知病院でキャリアをスタートさせ、24歳で校長兼病院長となる。その後内務省に籍を移し公衆衛生に携わり、台湾総督府民政長官、南満州鉄道株式会社総裁を歴任。1920(大正9)年東京市長に就任、1923年関東大震災を受け内務大臣兼帝都復興院総裁に就任。東京の帝都復興計画の立案・推進に取り組む。現在の東京の都市基盤の礎を築いた。
【政治の部屋|後藤新平】震災復興の第一人者
48出生地不明
845-903を生きた詩人であり政治家は醍醐天皇治世にて右大臣となり、その後朝廷内の中傷にあい失脚。太宰員外帥に左遷、その2年後この太宰府の地にてその生涯を閉じました。
【政治の部屋|菅原道真】いつの時代も学問の神様
21岐阜県
1900-1986を生きた岐阜県出身の外交官は英語教師を目指すも生活苦から公費で学べる外交官留学生試験を突破。外交官の道へ、ユダヤ人に救いの手を差し伸べた命のビザは1ヶ月で2139通発給を数えた。
【政治の部屋|杉原千畝】命のビザは1ヶ月で2139通発給 日本史からみた偉人たち

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート


    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー


    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は


    右クリックでイラストポートレートが


    保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」に
    アップしている全イラストポートレートが


    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日


    「いらすとすてーしょん」より独自に


    ピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも


    確認できるのでサイトマップや検索ボックスから


    どうぞ(サイトマップ

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に


複数入力された場合は、すべて一致の場合のみ


ヒットします

新着偉人(It's New)

新たに公開のイラストポートレートをご覧ください

0033フランス共和国出身
1728-1799を生きた化学者。ヘルモント(1579-1644)が発見した空気とは異なる気体を石灰や炭酸マグネシウムを熱した際、その重量が減少することを確認し、そこから消失した気体が二酸化炭素(当時の呼び名は固定空気)であることを発見した。これは1754年にDe Humore Acido a Cibis Orto et Magnesiaとして著されている。
【化学の部屋|ブラック】18世紀に活躍した世界の化学者③New!!
0049ドイツ連邦共和国出身
1742-1786を生きた化学者であり、バリウムやマンガンなどの元素や数多くの化合物を発見し報告した。また酸素ガスにおいて、1777年Chemical Treatise on Air and Fireとして著したがプリーストリーより2年遅れたため、発見者となっていない。プリーストリーより数年前にその酸素の存在を確認していたという。
【化学の部屋|シェーレ】18世紀に活躍した世界の化学者②

いらすとすてーしょん新キャラクター

館長

2022年より"いらすとすてーしょん"にお立ち寄りいただきありがとうございます

館長

さて本年いらすとすてーしょんの新キャラクターが誕生しました

館長

シューちゃんです

シューちゃんはいらすとすてーしょんのキャラクターです
シューちゃん

シュー(Syu)です
よろしくね

館長

3年目を迎えた2024年も皆様に役立つ世界の偉人たちをシューちゃんと共にフリーイラストポートレートをお届けします

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業78年を迎える栄光社HP新企画「イチオシ」と


いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」


コラボレーション
「イチオシ」で取り上げられた美術のその作者を


イラストポートレートで贈ります
皆様のお越しをお待ちしております

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery