【文壇発見】「田山花袋」自然主義文学の話ですが…第一話

田山花袋 Katai Tayama

ようこそ
こちらのページでは「いらすとすてーしょん」より

田山花袋イラストポートレート Syusuke Galleryより

自然主義文学物語3部作紹介
・田山花袋
・島崎藤村
・国木田独歩

自然主義文学「田山花袋」物語

文学家・新着偉人(It's New)はこちらから

広告コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

①〜⑥のコンテンツをお届けさせていただきます
どうぞ【文壇発見】「田山花袋」自然主義文学の話ですが…第一話 をお楽しみください
※目次 をタップしますとページ内ジャンプします

田山花袋イラストポートレート Syusuke Galleryより

自然主義文学物語3部作紹介

田山花袋

1872-1930

文学家

「田山花袋」自然主義文学の話ですが…第一話

「自然主義文学」を浅く簡単にイラストポートレートと共に3回にわたってお届けします。その第一話目の注目は…
・柳田國男との出会い
・森鴎外との出会い
・先を越された「蒲団」

Profile Picture

島崎藤村

1872-1943

文学家

「島崎藤村」自然主義文学の話ですが…第二話

「自然主義文学」を浅く簡単にイラストポートレートと共に3回にわたってお届けします。その第二話目の注目は…
・田山花袋との出会い
・「破戒」がスタート
・「春」はわたしの懺悔

Profile Picture

国木田独歩

1871-1908

文学家

「国木田独歩」自然主義文学の話ですが…第三話

「自然主義文学」を浅く簡単にイラストポートレートと共に3回にわたってお届けします。その第三話目の注目は…
・徳富蘇峰との出会い
・竜土会
・元祖は誰

Profile Picture

自然主義文学「田山花袋」物語

1872-1930を生きた漢詩文を学び尾崎紅葉に弟子入り、その後自然主義文学を私小説として書き上げた。

第一話案内役は私、田山花袋が務めます!

本名は「田山録弥(たやま ろくや)」と申します。

ろくや

今回はわたしの十八番(オハコ)自然主義文学について綴ってみます。

ろくや

かなり浅くですが。。日本の自然主義文学を少し覗いてみてください。

ろくや

1872年ですから明治5年、いまの群馬県館林市に生まれました。

館林は、ちょうど6月上旬の今頃は花菖蒲が見頃なんです。

ろくや

この館林で当時、吉田陋軒先生に漢学を学んだことから漢詩文に興味をもって文学ってやつに興味を持ちはじめました。

ろくや

ちなみに漢詩文とは、漢字のみで書かれた詩ってこと。

ろくや

そうこうして育てていただいてる兄上の上京に従ってわたしも東京へ。

ろくや

ときの文壇で輝いておられた尾崎紅葉先生の門を叩いたんだ。あのときは緊張したなぁ。

とくたろう

尾崎紅葉(本名は徳太郎)です。

あれは確か明治24年だったか。よくわしを訪ねてくれた。そして門下生となって励んだね。

ろくや

そしてその次の年明治25年に紅葉先生と同じ新宿にいた、生涯の親友となる柳田國男を訪ねたんだ。

くにお

日本民俗学の父と呼ばれている柳田國男だ。

お主はアポなし訪問が得意なのか!?それでもよく年下のわたしを訪ねてくださった。

ろくや

それから10年も経たずに自然主義の文士が集まる土曜会を國男の邸宅で集まったな。それからメンバーも多くなって竜土会(フランス料理屋の名前をとって)になったんだよな。

ろくや

確かその頃ナチュラルリズムという文学があると聞いて「自然主義」って言い出したんだったな。

くにお

この自然主義文学っていうのはフランス人のエミール・ゾラが定義した「人の行動を科学的に、そして客観的に表現する」ってことだったんだけど、花袋たちが「人の卑しさ」の直接表現のような方向に持っていったんじゃないのかって思うんだよ。

ろくや

当時の気質にあっていたのか、それとも親しくしていただいた森鴎外先との交流の中で確信していったのか。そんな中で日本独自の自然主義文学がわたしのなかで確立したと思ってるんだけどな。

りんたろう

わたしの名を呼んだか?森鴎外(本名は林太郎)じゃ。

1904年かぁ。日露戦争のころ、従軍記者で広島に来ていたそなたが熱発してわたしのところで治療を受けたのが始まりだったよな。

ろくや

そうです!あの時は治療だけでなく、文学談義もありがとうございました。

それから帰郷して、竜土会メンバーでライバルであった島崎藤村にわたしが感じていた自然主義文学としての「破戒」を1905年に発表されてしまったからわたしは焦った。焦った。

はるき

わたしのデビュー詩集『若菜集』で、抱えていた情熱や苦悩を作品に込め、多くの若き読者に想いを届けた。そうしてスキルを磨いて詩から小説家へ転身の記念作として「破戒」を発表させていただきました。これがウケた!

ろくや

島崎に先越されたから、自暴自棄になってしまって。でもその中で必死に書き上げた「蒲団」。話題作となって賛否両論を巻き起こしたけど、一躍注目された!

かめきち

ちょっと待った!

ろくや

これは国木田独歩氏!わたしと島崎藤村が出した『抒情詩』にも寄稿してくれましたね。

かめきち

お声がけいただきありがとうございました。とても嬉しかったよ。

ところでそんなわたしが島崎藤村の「破戒」発表の約2年前だから1903年に出した「運命論者」「正直者」が一応自然主義の先駆けっていう評価なんですよ。

はるき

確か、あの時は紅露時代全盛期で国木田氏の作品はあまり注目されていなかったような…。残念だったなぁ。

ろくや

世の中も激動だったけど、文学の世界もこの約10年の間でいろいろあったんだよな。

わたしはその後「田舎教師」を1909年に発表。劣等感も挫折もみんな小説に込めた。自然主義文学がもっとももてはやされたころなんじゃなかったかな。

それが…大正に入ってからこの自然主義文学は衰退の一途を辿ることに。。

かめきち

「夏○漱○」にやられたのか??…まぁ、この話はまた今度の機会にでも聞くとするか。

ろくや

今回はわたし田山花袋目線で自然主義文学をお届けしました。ここまでお付き合いいただき感謝感謝です。ちなみにわたしの生まれ故郷群馬県館林市には田山花袋記念文学館がございます。お近くまで来られた際はぜひ御足を運んでくださいね。

ようこそいらすとすてーしょん

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレートでお楽しみください
  • イラストポートレートを画面上でタップいただきますと浮き上がってきます(PC・タブレットの場合はその画面内でもう一度タップすると画像のみとなります)
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリーでご活用いただけます(プライバシーポリシーはこちらから
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は右クリックでイラストポートレートが保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」にアップしている全イラストポートレートが確認できます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日「いらすとすてーしょん」より独自にピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも確認できるのでサイトマップや検索ボックスからどうぞ(サイトマップはこちらから

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に複数入力された場合は、すべて一致の場合のみヒットします
※各文字黄色のアンダーバーはタップしますとリンク先に移動します

文学家・新着偉人(It's New)はこちらから

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょん

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレートでお楽しみください
  • イラストポートレートを画面上でタップいただきますと浮き上がってきます(PC・タブレットの場合はその画面内でもう一度タップすると画像のみとなります)
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリーでご活用いただけます(プライバシーポリシーはこちらから
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は右クリックでイラストポートレートが保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」にアップしている全イラストポートレートが確認できます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日「いらすとすてーしょん」より独自にピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも確認できるのでサイトマップや検索ボックスからどうぞ(サイトマップはこちらから

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に複数入力された場合は、すべて一致の場合のみヒットします
※各文字黄色のアンダーバーはタップしますとリンク先に移動します

新着偉人(It's New)

今月の推し偉人

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業76年を迎える栄光社HP新企画「イチオシ」と、いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!「イチオシ」で取り上げられた美術を、そのイラストポートレートで贈る作者と共にぜひご堪能ください。

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery

サイトマップ