田山花袋 Katai Tayama

ようこそ!フリーイラストポートレートと歴史の停車場いらすとすてーしょん」へ
こちらのページでは【文壇発見】「田山花袋」自然主義文学の話ですが…第一話 をお楽しみください

田山花袋イラストポートレート(Syusuke Galleryより

自然主義文学物語3部作紹介

田山花袋

Katai Tayama

1872-1930

文学家

「田山花袋」自然主義文学の話ですが…第一話

「自然主義文学」を浅く簡単にイラストポートレートと共に3回にわたってお届けします。
その第一話目の注目は…
・柳田國男との出会い
・森鴎外との出会い
・先を越された「蒲団」

Profile Picture

島崎藤村

Toson Shimazaki

1872-1943

文学家

「島崎藤村」自然主義文学の話ですが…第二話

「自然主義文学」を浅く簡単にイラストポートレートと共に3回にわたってお届けします。
その第二話目の注目は…
・田山花袋との出会い
・「破戒」がスタート
・「春」はわたしの懺悔

Profile Picture

国木田独歩

Doppo Kunikida

1871-1908

文学家

「国木田独歩」自然主義文学の話ですが…第三話

「自然主義文学」を浅く簡単にイラストポートレートと共に3回にわたってお届けします。
その第三話目の注目は…
・徳富蘇峰との出会い
・竜土会
・元祖は誰

Profile Picture

自然主義文学「田山花袋」物語

案内役は田山花袋です

1872-1930を生きた漢詩文を学び尾崎紅葉に弟子入り、その後自然主義文学を私小説として書き上げた。

第一話案内役は
私、田山花袋が務めます!

本名は「田山録弥(たやま ろくや)」です

ろくや

今回はわたしの十八番(オハコ)自然主義文学について綴ってみます

ろくや

かなり浅くですが…
日本の自然主義文学を少し覗いてみてください

田山花袋について

ろくや

1872年ですから明治5年、いまの群馬県館林市に生まれました
館林は、6月上旬から中旬にかけて花菖蒲が見頃なんですよ

Tatebayashi City HP
館林市HP
2022年のたてばやし花菖蒲祭り
ろくや

この館林で当時、吉田陋軒先生に漢学を学びました

ろくや

そうして漢詩文に興味をもって文学ってやつに興味を持たんです

ろくや

ちなみに漢詩文とは、漢字のみで書かれた詩ってこと…お分かりですよね

ぼちぼち上京しました

ろくや

そうこうして、わたしを育ててくださっている兄上が上京

ろくや

わたしも兄に従って東京へいきます

ろくや

ときの文壇で輝いておられた尾崎紅葉先生の門を叩いたんです
あのときは緊張したなぁ…

尾崎紅葉の門下に

とくたろう

尾崎紅葉(本名は徳太郎)です。
いらすとすてーしょんさんではわたしの紹介がまだなのが寂しいのぅ

とくたろう

あれは確か明治24(1891)年だったか…
よくわしを訪ねてくれた

とくたろう

そしてワシの門下生となってよく励みましたぞ

柳田國男との出会い

ろくや

そして明治25(1892)年

ろくや

紅葉先生と同じ新宿に居った、生涯の親友

柳田國男を訪ねたんだ

竜土会

くにお

日本民俗学の父と呼ばれている柳田國男です
尾崎紅葉に続いていらすとすてーしょんさんではわたしの紹介がまだなのが寂しいのぅ

くにお

お主はアポなし訪問が得意なのか!?

ろくや

確かに…尾崎紅葉先生のところにもいきなり押し掛けましたから…

くにお

それでもよく年下のわたしを訪ねてくださった

ろくや

それから10年も経たずにして國男の邸宅に自然と文士が集まるようなった

くにお

それを土曜会って言ってたね

ろくや

それからメンバーも多くなったこともありフランス料理屋さんで集まるようになった

くにお

そのフランス料理屋さんの名前‘竜土軒’を文字って竜土会って呼んでいた

ろくや

確かその頃だったよね

ろくや

ナチュラルリズムという文学があると聞いて自然主義って言い出したんだ

日本独自の自然主義文学が出来上がってきた

くにお

この自然主義文学っていうのはフランス人のエミール・ゾラが定義した人の行動を科学的に、そして客観的に表現するってことだったんだけど…

くにお

花袋たちが人の卑しさの直接表現のような方向にさ

くにお

自然主義文学をもっていったような気がするんだ

ろくや

当時の気質にあっていたのか…
それとも親しくしていただいた森鴎外先との交流の中で確信していったのか…

ろくや

んな中で日本独自の自然主義文学がわたしのなかで確立したと思ってるんだけどな。

森鴎外登場

りんたろう

わたしの名を呼んだか?森鴎外(本名は林太郎)じゃ。
おっ!さすがいらすとすてーしょんさん
わたしの紹介はあるんだな

1862-1922を生きた陸軍軍医は留学先のドイツにて医学はもちろんのこと文学をも学ぶ。帰国後陸軍医総監まで登りつめた一方、号を鴎外とした文壇としての地位も確立し医学文学の世界で活躍した。
【医学の部屋|森鴎外 Ogai Mori】本日2022年7月9日没後100年
りんたろう

1904年かぁ
日露戦争のころ、従軍記者で広島に来ていたそなたが熱発してな…

りんたろう

わたしのところで治療を受けたのが始まりだったよな

ろくや

そうです!

あの時は治療だけでなく
文学談義もありがとうございました

りんたろう

お主は人を惹きつける能力があるんだろうなぁ

島崎藤村「破壊」発表

ろくや

それから帰郷したんですが…

ろくや

竜土会メンバーでライバルであった島崎藤村に…

ろくや

「破戒」を1905年に発表されてしまったんです

ろくや

この「破戒」は…

ろくや

わたしが感じていた自然主義文学そのものでしたから焦りまくりでした

ろくや

お前は次の出番じゃないの?

はるき

まっ、そんな花袋(堅い)こと言うなよ…

ろくや

はるき

わたしのデビュー詩集『若菜集』は
抱えていた情熱や苦悩を作品に込めた
そして多くの若き読者に想いを届けた

はるき

そこで磨いた詩のスキルを小説に活かしたってわけ

はるき

その小説家転身記念作としてできたのが破戒
これがウケた!

田山花袋「布団」発表

ろくや

島崎に先越されたから、自暴自棄になってしまって

ろくや

それでも俺なりにもがき続けた

ろくや

そうして必死に書き上げた「蒲団」

ろくや

話題作となって賛否両論を巻き起こしたけど一躍注目!

国木田独歩登場

ろくや

こんどは国木田独歩氏か…

かめきち

少し私にも言わせてくれよ

ろくや

そなたは島崎の次のはずなのに…

かめきち

お前は真面目なんだよな…

ろくや

それはそうと…

ろくや

わたしと島崎藤村が出した『抒情詩』に寄稿してくれてありがとう

かめきち

こちらこそお声がけいただきありがとうございましたとても嬉しかったよ

かめきち

ところで島崎藤村の「破戒」発表の約2年前だから1903年

ろくや

その話か…

かめきち

わたしが発表した「運命論者」「正直者」が一応自然主義の先駆けっていう評価なんですよ

ろくや

ぐぅ…

はるき

確か、あの時は紅露時代全盛期で国木田氏の作品は世間であまり注目されていなかったような…

はるき

時代を先取りしてしまったって感じかなぁ

かめきち

先見の目はあったってことで…

どうなる自然主義文学…

ろくや

明治も終わりのころ
世の中も激動だったけど、文学の世界もこの約10年の間でいろいろあったんだよなぁ

ろくや

わたしはその後「田舎教師」を1909年に発表
劣等感も挫折もみんな小説に込めた
自然主義文学がもっとももてはやされたころなんじゃなかったかな

ろくや

それが…大正に入ってからこの自然主義文学は衰退の一途を辿ることに…

はるき

奴、かぁ…

かめきち

それって「夏○漱○」?
まぁ、この話はまた今度の機会にでも聞くとするか…

ろくや

いかがでしたか?
今回はわたし田山花袋目線で自然主義文学をお届けしました

ろくや

ここまでお付き合いいただき感謝感謝です

ろくや

ちなみにわたしの生まれ故郷群馬県館林市には
田山花袋記念文学館がございます
お近くまで来られた際はぜひ御足を運んでくださいね

はるき

俺の記念館もあるよ!

ろくや

それはお前のコーナーで紹介しろって…

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

田山花袋記念文学館に行こう

田山花袋記念文学館

〒374-0018 群馬県館林市城町1−3
0276-74-5100
行き方 東武伊勢崎線館林駅から徒歩約20分/バス館林・板倉線「子ども科学館前」下車1分/東北自動車道館林ICから車で約15分
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(休日を除く)・休日の翌日(土・日・休日を除く)・年末年始

Profile Picture

第2話は私「島崎藤村」

第3話は私「国木田独歩」

文学家・新着偉人(It's New)はこちらから

38愛媛県
1873-1937を生きた俳人の師は正岡子規。当初子規には俳句でなくベースボールの師匠でありその後文学を学んだと伝えられている。 子規の死後5・7・5の形式に拘らない自由な俳句(新俳句界の新傾向)に傾倒し高浜虚子と対立。
【文学の部屋|河東碧梧桐】師は正岡子規でしたNew!!
38愛媛県
1874-1959を生きた俳人の師は同級生の河東碧梧桐に紹介された正岡子規。子規の同級生であった柳原極堂が創刊した俳句雑誌ほとゝぎす(後のホトトギス)の編集長を引き継ぎ師子規の目指した写生論を継承。
【文学の部屋|高浜虚子】師は正岡子規New!!
38愛媛県
1867-1902を生きた日本を代表する俳句、短歌の文壇。写生論で歌の革新運動を進めた。
【文学の部屋|正岡子規】俳句・短歌の革新に取り組みましたNew!!
12千葉県
1868-1927を生きたドイツ文学者は特に近代ドイツ戯曲を研究。帝国大学同窓の夏目漱石の友人でもあり、渡欧留学のためプロイセン号には共に同船。2018年に欧州到着後イギリス滞在の漱石からドイツ滞在の禎輔に送った絵葉書が見つかり話題となる。
【文学の部屋|藤代禎輔】日本におけるドイツ文学研究の第一人者
28兵庫県
1904-1980を生きた中国文学者は、少年時代に中国文学に魅せられ史記などの中国古典を学び、中国留学を機に中国人に成り切る生活を送るほどであった。杜甫研究では昭和を代表する第一人者であり京都大学文学部教授を歴任。
【文学の部屋|吉川幸次郎】杜甫研究のスペシャリスト
20長野県
1910-1977を生きた中国文学者は日本人として中国文化に親しみ、そして戦後日本社会の抱える問題を問うた評論家でもあり思想家。魯迅研究者としてもその名を残している。
【文学の部屋|竹内 好】弱いものイジメと戦う文学者
13東京都
1735-1813を生きた本名平沢常富は武士であり、戯作者、狂歌師、俳諧師と多彩な文豪でもあった。特に黄表紙では当時の流行作家山東京伝と肩を並べるほどの人気作家。しかし後の寛政の改革で藩主より叱責を頂戴し黄表紙から手を引く。
【江戸文学|黄表紙】「朋誠堂喜三二 (平沢常富)」戯作者、狂歌師でも武士
22静岡県
1765-1831を生きた洒落本の後継となった人情本、滑稽本(または談義本)の作家、特に清談峯初花は人情本の、東海道中膝栗毛で滑稽本の祖と称される。
【江戸文学|戯作】「十返舎一九」江戸庶民の心を鷲掴み
13東京都
1749-1823を生きた武士であり、副業は洒落本の売れっ子作家。また狂名が四方赤良とした狂歌三大家一人であり、その一派は山手蓮と称された。戯作の花形作家「山東京伝」の才能を見出した一人でもある。
【江戸文学|戯作】「大田南畝」江戸時代のラップスター
13東京都
1761-1816を生きた戯作(散文学)の洒落本、黄表紙、(後期)読本と、時代の江戸幕府の取り締まりに応じて自在に作風を変化させた代表的作者であり、当時の花形作家。
【江戸文学|戯作】「山東京伝」江戸時代のベストセラー作家
27大阪府
1734-1809を生きた(前期)読本の著者筆頭格。前期読本は当時の中国から俗文学として日本に輸入された白話小説を翻案したもので、その代表作となる短編の怪談奇談集「雨月物語」を和漢混淆文で発表。
【江戸文学|(前期)読本】「上田秋成」上方の古典博士
20長野県
1763-1828を生きた俳諧の連歌師は、葛飾派(松尾芭蕉の友人・山口素堂の流派)で学び、その道を志す。その人生は苦難の連続であったとされ、その影響が滲み出る作品が多く残されている。一茶の生きたこの時代は文化・文政時代を受けて作風を化政調と表現されている。
【江戸文学|俳諧の連歌】「小林一茶」親しみある作品はなんと2万句
27大阪府
1716-1784を生きた俳諧の連歌師は、松永貞徳を祖とする俳諧流派・貞門を学び、敬う松尾芭蕉によって芸術性の高められた俳諧の連歌は当時下れていたことを危惧し、修行のため行脚生活を始め、その復興に生涯をそそぐ。芭蕉が確立した蕉風回帰を目指して、「俗を用いて俗を離れ、俗を離れて俗を用いる」という離俗論を取り入れた作風を確立した。この時期の元号が天明であったので天明調と言われている。
【江戸文学|俳諧の連歌】「与謝蕪村」離俗論で復興しました
24三重県
1644-1694を生きた俳諧の連歌師は松永貞徳門下、北村季吟の門より松永貞徳を祖とする俳諧流派であった貞門派、西山宗因らの俳諧流派、談林派をあゆみ、幽玄・閑寂といった趣の匂付に重きをおいた蕉風(正風)を確立、俳諧の連歌(現在の俳句)を芸術文学へと導く。
【江戸文学|俳諧の連歌】「松尾芭蕉」俳句を芸術へ
30和歌山県
1642-1693を生きた西山宗因を祖とする談林派門下の俳諧師であり、まだ小説というジャンルもない時代に、日本で初めてベストセラー小説を生み出した浮世草子の作者。
【文壇発見】「井原西鶴」好きやねん大阪文学の祖 文学の部屋
07福島県
1898-1947を生きた小説家は菊池寛を師として仰ぎ、その紹介で出会った川端康成と共に新感覚派として日本文学を牽引した一人。
【文壇発見】「横光利一」文学の神様は芭蕉の後継者と豪語? 文学の部屋
42長崎県
1904-1998を生きた自身の実体験から生きることを赤裸々に作品へ、そしてジェンダーダイバーシティにも積極的に取り組んだ小説家。
【文壇発見】「佐多稲子」8月9日11時2分、今日読みたい1冊・樹影 文学の部屋
35山口県
1907-1937を生きた詩人は両親からの過度な期待と身近な人々の運命の経験から描いた表現は、いまも身近に感じられる中原文学
【文壇発見】「中原中也」朝ドラ「ちむどんどん」で再注目されました 文学の部屋
27大阪府
1913-1947を生きた大阪府天王寺区出身の昭和を代表する、短編を得意とした小説家。戦後、太宰治、坂口安吾、石川淳らと共に無頼派、新戯作派と呼ばれ「織田作(おださく)」の愛称で親しまれた。33歳で早逝。
【文壇発見|織田作之助】好きやねん大阪文学
34広島県
1898-1993を生きた小説家は故郷広島を想い郷土愛に溢れ、原爆を題材とした大作『黒い雨』(1965-66)を発表
【文壇発見】「井伏鱒二」8月6日8時15分今日読みたい1冊・黒い雨 文学の部屋
07福島県
1854-1904を生きた武士であり歌人は漢詩・和歌に富み正岡子規へ影響を与えた
【文壇発見】「天田愚庵」人間のありのままを歌う姿は子規の心をうつ 文学の部屋
32島根県
1862-1922を生きた陸軍軍医は留学先のドイツにて医学はもちろんのこと文学をも学ぶ。帰国後陸軍医総監まで登りつめた一方、号を鴎外とした文壇としての地位も確立し医学文学の世界で活躍した。
【医学の部屋|森鴎外 Ogai Mori】本日2022年7月9日没後100年
13東京都
1929-2011を生きた詩人であり児童文学作家。やさしさに感性が合わさる、そして言葉の深さが年代によって感じ方が違う作風。そして昭和を代表するアニメの歌詞も手がけた。
【文壇発見】「岸田衿子」LALALA ZINGENと歩むネロとパトラッシュ 文学の部屋
11埼玉県
1907-2008を生きた児童文学作家であり翻訳家は、戦前に熊のプーさんを翻訳し、戦火でノンちゃん雲に乗るを書きはじめた
【文壇発見】「石井桃子」プーはプーでもクラシック!?
01北海道
1914-1981を生きた小説家は芥川賞候補に名を連ねる注目作家も、重度のプレッシャーを夫婦で闘った人生。
【文壇発見】「船山 馨」夫婦二人三脚の小説家
03岩手県
1886-1912を生きた明治期を代表する歌人、詩人。26歳と早世は日本の文壇の大きな損失であった。
【文壇発見】「石川啄木」言葉のスペシャリストはローマ字でも 文学の部屋
39高知県
1920-2013を生きた第三の新人と呼ばれた芥川賞作家は戦争、病、死と隣り合わせの弱者の視点で描く文壇
【文壇発見】「安岡章太郎」第三の新人ってよばれています
31鳥取県
1896-1971を生きた才女であり斬新な文学手法の小説家。文壇の世界から自ら早く身を遠のけその才能が惜しまれた。
【文壇発見】「尾崎 翠」昭和の感性はいまも
19山梨県
1893-1968を生きた翻訳家であり児童文学者は森鴎外の翻訳書で翻訳家を志した。柳原白蓮は東洋英和女学校の同級生であり腹心の友
【文壇発見】「村岡花子」戦火でも必死に「Anne of Green Gables」を翻訳しました 文学の部屋
12千葉県
1871-1908を生きた詩人であり、自然文学主義の先駆けと称される「運命論者」「正直者」を1903年に発表も紅露時代の波に押し流された。
【文壇発見】「国木田独歩」自然主義文学の話ですが…第三話
21岐阜県
1872-1943を生きた近代日本文学を代表する一人は詩から小説家に転身し日本における自然主義文学のファーストインクラス「破戒」を発表
【文壇発見】「島崎藤村」自然主義文学の話ですが…第二話
10群馬県
1872-1930を生きた漢詩文を学び尾崎紅葉に弟子入り、その後自然主義文学を私小説として書き上げた。
【文壇発見】「田山花袋」自然主義文学の話ですが…第一話
28兵庫県
1932-2022を生きた作家であり政治家は一つの時代を創った歯に衣着せぬ物言いの日本人
【文壇発見】「石原慎太郎」あばよ!太陽の季節 文学の部屋
02青森県
1909-1948を生きた小説家の作風は典型的な私小説であり、自己破滅型とも称される。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラー。
【文壇発見|太宰 治】6月19日生誕日は桜桃忌
34広島県
1909-1992を生きた広島県広島市出身の小説家は戦後昭和の文壇を寡占。その戦前の半生、目の前にある「生きる」実体験が戦後の万年筆に乗り移り、数々の名作、そして社会を動かしていたと思えるほど。2022年8月に没後30年を迎えられることを記念してイラストポートレートをお届けさせていただきます。 ※今回いらすとすてーしょんでは広島県を出身地とさせていただきました。
【文壇発見】「松本清張」没後30年もドラマの定番 文学の部屋
38愛媛県
大江健三郎Kenzaburo Oe1935- 愛媛県喜多郡内子町出身の作家
【文壇発見】「大江健三郎」 日本人2人目の快挙は、いまのニッポンを伝える力 文学の部屋 1994年ノーベル文学賞
13東京都
1929-1981 東京都出身のシナリオライターであり小説家はシナリオライター御三家(向田邦子、倉本聰、山田太一)と称され、数々のホームドラマを世に送る。ありふれた日常を独特の視点で切り取る観察力と表現力は、1981年飛行機事故で亡くなってから40数年経ついまもなお人気が衰えない。
【文壇発見】「向田邦子」 シナリオライター御三家の一人、命日は8月22日 文学の部屋
15新潟県
1896-1973を生きた新潟県新潟市出身の小説家は少女小説「花物語」で女学生を中心に人気を博し、その後家庭・歴史小説を次々に発表した。また自身を題材としたLGBT(QIA)としてのセクシャルマイノリティを小説で書き上げ、日本のアライ(ALLY)取り組みの先駆者としても名を馳せた。
【文壇発見】吉屋信子 「花子とアン」宇田川満代のモデルはいまもなお大人気 文学の部屋
13東京都
1932-2002を生きた東京都出身の詩人は青春時代に詩を嗜み、演劇を愛した女流詩人は東京大学卒業後劇団四季に入団。その後ライフイベントを経て、どっぷりと詩の世界へ。晩年は神経疾患の難病との戦いであった。また作品の中でLGBT(QIA)としてのセクシャルマイノリティを示唆し、公表はせずともアライ(ALLY)取り組みを実践されていたとされる。
【文壇発見】「吉原幸子」 女性のためにこの詩を届ける 文学の部屋
13東京都
1885-1967を生きた東京都出身の歌人は明治大正昭和3時代は波瀾万丈の人生。みずからの意思で掴んだ幸せを世間は袋叩きに、しかし虐げられていた女性たちには自由のシンボルと映る。稀有な生涯は大正天皇の従妹であり、歌人であった。2014年朝ドラ「花子とアン」の花子腹心の友葉山蓮子は白蓮のモデルとして登場。
【文壇発見】「柳原白蓮」大正の三代美人は大正天皇の従妹であり歌人
01北海道
1894-1970を生きた北海道札幌市出身の小説・随筆家は随筆46篇、詩10篇からなる「もめん随筆」(新潮社)を発表。日本の女性随筆家の嚆矢とされる森田のデビュー作であり、その作品は現代の清少納言と称された。
【文学の部屋|森田たま】現代の清少納言と称された北海道初の…
15新潟県
1906-1955を生きた小説家は昭和日本文学を代表する一人。純文学から推理・歴史等幅広い作品を書き上げた。その人柄を示すエピソード「染太郎火傷未遂事件」テッパンに手を_つきてヤケドせ_ざりき男もあり。
【文壇発見|坂口安吾】事件大好き!?カレーライス?火傷未遂?
0001アメリカ合衆国出身
1922-2019を生きたアメリカ出身の日本文学世界的権威、2012年帰化し日本国籍を取得
【文壇発見|ドナルド・キーン】日本を愛した日本人
36徳島県
1922-2021を生きた徳島県出身の小説家は大正・昭和・平成・令和と4つの時代を過ごした人生は波瀾万丈。様々な苦悩を乗り越え、作家として、そして僧侶として命の大切さ、生きることの素晴らしさの数々の言霊を残した。
【文壇発見】「瀬戸内寂聴」私の声を聞け!天国の瀬戸内からアースデー2022へ! 文学の部屋
13東京都
1931-を生きる東京都出身の日本を代表する詩人は17歳から執筆した詩を「二十億光年の孤独」と題して1952年21歳の時に東京創元社より出版。この詩集に対して先にストルガ詩祭の最高賞「金冠賞」を日本人初1996年に受賞した大岡信氏は高い評価を与えたと当時の記録に残されています。そして現在もなお執筆活動を続け、谷川ワールドを世界に発信し続けておられます。
【文壇発見|谷川俊太郎】日本人2人目の快挙Награда "Златен венец"
23愛知県
1913-1943を生きた愛知県出身の昭和を代表する児童文学作家の代表作は「ごん狐」、雑誌「赤い鳥」出身作家の一人であり、ごん狐は18歳時の作品。愛知県半田市名誉市民であり新美南吉記念館も同地に。
【文壇発見|新美南吉】平和を願ったごんぎつね
27大阪府
1899-1972を生きた大阪府出身の日本人初ノーベル文学賞受賞作家は、日本の伝統のおかげ、各国の翻訳者のおかげ、(まな弟子)三島由紀夫君のおかげの、3つの「おかげ」をノーベル文学賞受賞決定の翌日に語る。いらすとすてーしょん独自のイチオシは「雪国」。
【文壇発見|川端康成】没後50年を迎えてもなお文学界の最高峰
21岐阜県
1859-1935を生きた岐阜県出身の近代日本を代表する小説家、評論家、翻訳家、劇作家。演劇改良運動にも功績あり歌舞伎演目数々執筆。
【文壇発見|坪内逍遥】早稲田キャンパスでお待ちしています
21岐阜県
1789-1858を生きた岐阜県出身の江戸時代後期に活躍した漢詩人は勤王の志士でもあり、頼山陽や佐久間象山らと深い親交があり、梅田雲浜や吉田松陰、久坂玄瑞ら多くの志士が星巌邸を訪ねるなど、勤王の志士を束ねる存在であった。
【文壇発見】「梁川星巌」19世紀代表する日本文学家 文学の部屋
文学の部屋
1913-1943を生きた愛知県出身の昭和を代表する児童文学作家の代表作は「ごん狐」、雑誌「赤い鳥」出身作家の一人であり、ごん狐は18歳時の作品。愛知県半田市名誉市民であり新美南吉記念館も同地に。
【文壇発見】「新美南吉」半田が生んだ童話作家

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート


    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー


    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は


    右クリックでイラストポートレートが


    保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」に
    アップしている全イラストポートレートが


    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日


    「いらすとすてーしょん」より独自に


    ピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも


    確認できるのでサイトマップや検索ボックスから


    どうぞ(サイトマップ