【文壇発見】「国木田独歩」自然主義文学の話ですが…第三話

国木田独歩 Doppo Kunikida

ようこそ
こちらのページでは「いらすとすてーしょん」より

国木田独歩イラストポートレート Syusuke Galleryより

自然主義文学物語3部作紹介
・田山花袋
・島崎藤村
・国木田独歩

自然主義文学「国木田独歩」物語

文学家・新着偉人(It's New)はこちらから

広告コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

①〜⑥のコンテンツをお届けさせていただきます
どうぞ【文壇発見】「国木田独歩」自然主義文学の話ですが…第三話 をお楽しみください
※目次 をタップしますとページ内ジャンプします

国木田独歩イラストポートレート Syusuke Galleryより

自然主義文学物語3部作紹介

田山花袋

1872-1930

文学家

「田山花袋」自然主義文学の話ですが…第一話

「自然主義文学」を浅く簡単にイラストポートレートと共に3回にわたってお届けします。その第一話目の注目は…
・柳田國男との出会い
・森鴎外との出会い
・先を越された「蒲団」

Profile Picture

島崎藤村

1872-1943

文学家

「島崎藤村」自然主義文学の話ですが…第二話

「自然主義文学」を浅く簡単にイラストポートレートと共に3回にわたってお届けします。その第二話目の注目は…
・田山花袋との出会い
・「破戒」がスタート
・「春」はわたしの懺悔

Profile Picture

国木田独歩

1871-1908

文学家

「国木田独歩」自然主義文学の話ですが…第三話

「自然主義文学」を浅く簡単にイラストポートレートと共に3回にわたってお届けします。その第三話目の注目は…
・徳富蘇峰との出会い
・竜土会
・元祖は誰

Profile Picture

自然主義文学「国木田独歩」物語

1871-1908を生きた詩人であり、自然文学主義の先駆けと称される「運命論者」「正直者」を1903年に発表も紅露時代の波に押し流された。

第三(完結)話案内役は私、国木田独歩が務めます!

本名は「国木田亀吉(くにきだ かめきち)」と申します。

かめきち

今回もわたしの十八番(オハコ)自然主義文学について綴ってみます。そうそろ自然文学主義の世界掴めてきましたか?

くにお

なんだか竜土会の同窓会みたいだなぁ

国木田独歩と柳田國男の会話(いらすとすてーしょんより)
【自然主義】文学の話ですが…第一話「田山花袋 Katai Tayama」より
かめきち

実は、自然主義文学の本家本元は私の筈です。

ろくや

俺じゃないの…。

はるき

第一話で話したの聞いてなかったの?

国木田独歩と島崎藤村の会話(いらすとすてーしょんより)
【自然主義】文学の話ですが…第一話「田山花袋 Katai Tayama」より
ろくや

あぐっ…。

かめきち

田山花袋や島崎藤村より1年早い1871年(明治4年)、いまの千葉県銚子市で生まれました。

かめきち

父は戊辰戦争で新政府軍側から戦ってその療養先の銚子でオイラが生まれた。そうして父の仕事の関係で中国地方で育ったんだ。

かめきち

そうして機会を得て上京。時同じくしてジャーナリストの徳富蘇峰氏に明治23年(1890年)出会った。これがわたしの人生の転機となって、ここで一転「文学」の世界に足を踏み入れた!そうして時を経て、彼が設立した「民友社」に1894年入社して記者となる。

いいちろう

久しぶり!徳富蘇峰(本名は猪一郎)です。たしかわたしと出会ったこのころ亀吉から「哲夫」って改名していたよな。

それはそうと、わたしの特集もしてくれよ!「いらすとすてーしょん」さん!

かめきち

相談してみます。わたしも「徳富蘇峰 Soho Tokutomi」特集見てみたい!

さて話を戻すと、記者となった年に日清戦争が勃発。海軍従軍記者として民友社の発行する国民新聞に記事を書いたところ、これがウケた。一躍わたしの名は全国に届くようになった。

いいちろう

あの時は飛ぶ鳥を落とす勢いだったからな。そして伴侶を見つけるも…その後大変だったんだろ。

かめきち

やっとの思い出結婚できましたが、妻に失踪されるとは。わたしの不徳と致すところです。

かめきち

でも翌年の明治29年(1896年)には作家活動を再開でき、そこで田山花袋や島崎藤村に出会え、その後わたしの作品も御二方が刊行なされた『抒情詩』に収めていただき感謝感謝です。

ろくや

ジョインしてくれてありがとう。

はるき

おれも嬉しかったよ。

かめきち

詩人として文学界をスタートさせてから、小説も書き始めたけどもちろん作家とは無名に近い。いまでいうところの浪漫派と位置づけられていたんだろうけどね。

わたしの代表作「武蔵野」は、武蔵野をわたしのイチオシ視点で表現した作品。もしかしたら日本で展開された自然主義文学ではなく、ゾラの提唱した自然主義文学に近かったのかもしれないと思ってる。

ろくや

この武蔵野を発表したのは明治31年(1898年)かぁ。

たしかこの頃から「独歩」というペンネームになったんだよね。

かめきち

はい!明治30年に発表した「独歩吟」を機に国木田独歩としました。

このころはもう一度新聞記者もしていました。

もしかするとリアリズムをより感じていたのかもしれません。

かめきち

そうして1903年、抜擢された月刊グラフ雑誌編集長をつとめた傍らで「運命論者」「正直者」を発表しました。

当時はウケなかった…ですが。

あとあと自然主義の先駆け、って評価がついたのは意外でした。

はるき

これが俺たちの自然主義文学の元祖だったっていうことだな。

かめきち

第1話で藤村の指摘とおり、この時の紅露は強かった。尾崎紅葉、幸田露伴…。

本当はもっと「運命論者」「正直者」はウケる筈だったけどなぁ。

かめきち

まっ、このことは置いておいて…。

そうして日露戦争勃発したときは編集者として忙しい毎日だった。

ろくや

このころだよね「運命」は

かめきち

明治39年(1906年)でした。「運命」でようやく自然主義文学の仲間入りを果たせたと思ってます。

「運命」国木田独歩_岩波書店
国木田独歩「運命」岩波書店
かめきち

そんな中でしたが、順調そうに見えた仕事も資金繰りが問題で相次いで仕事を手放して…。

同時に肺結核にかかってしまってしまい38歳でこの生涯を閉じました。

これも「運命」か。。

ろくや

文壇はもとより日本中、国木田独歩の死を悲しんだ。そして友人代表として独歩の墓石はわたしが書かせてもらったよ。

かめきち

おかげさまで安らかに青山霊園で眠っております。

今回はわたし国木田独歩目線で自然主義文学をお届けしました。いかがでしたか。近代日本文学の一つの潮流「自然文学主義」を少しでも感じ取っていただけましたら嬉しく思います。第1話から3話までお付き合いいただきありがとうございました。

ちなみにわずか10ヶ月程度でしたがわたしと弟の収二が下宿した坂本永年邸に「城下町佐伯 国木田独歩館」がございます。ぜひお近くまで来られた際はお越しください。

ようこそいらすとすてーしょん

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレートでお楽しみください
  • イラストポートレートを画面上でタップいただきますと浮き上がってきます(PC・タブレットの場合はその画面内でもう一度タップすると画像のみとなります)
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリーでご活用いただけます(プライバシーポリシーはこちらから
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は右クリックでイラストポートレートが保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」にアップしている全イラストポートレートが確認できます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日「いらすとすてーしょん」より独自にピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも確認できるのでサイトマップや検索ボックスからどうぞ(サイトマップはこちらから

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に複数入力された場合は、すべて一致の場合のみヒットします
※各文字黄色のアンダーバーはタップしますとリンク先に移動します

文学家・新着偉人(It's New)はこちらから

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょん

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレートでお楽しみください
  • イラストポートレートを画面上でタップいただきますと浮き上がってきます(PC・タブレットの場合はその画面内でもう一度タップすると画像のみとなります)
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリーでご活用いただけます(プライバシーポリシーはこちらから
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は右クリックでイラストポートレートが保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」にアップしている全イラストポートレートが確認できます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日「いらすとすてーしょん」より独自にピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも確認できるのでサイトマップや検索ボックスからどうぞ(サイトマップはこちらから

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に複数入力された場合は、すべて一致の場合のみヒットします
※各文字黄色のアンダーバーはタップしますとリンク先に移動します

新着偉人(It's New)

今月の推し偉人

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業76年を迎える栄光社HP新企画「イチオシ」と、いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!「イチオシ」で取り上げられた美術を、そのイラストポートレートで贈る作者と共にぜひご堪能ください。

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery

サイトマップ