【文壇発見】「島崎藤村」自然主義文学の話ですが…第二話

島崎藤村 Toson Shimazaki

ようこそ
こちらのページでは「いらすとすてーしょん」より

島崎藤村イラストポートレート Syusuke Galleryより

自然主義文学物語3部作紹介
・田山花袋
・島崎藤村
・国木田独歩

自然主義文学「島崎藤村」物語

文学家・新着偉人(It's New)はこちらから

広告コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

①〜⑥のコンテンツをお届けさせていただきます
どうぞ【文壇発見】「島崎藤村」自然主義文学の話ですが…第二話 をお楽しみください
※目次 をタップしますとページ内ジャンプします

島崎藤村イラストポートレート Syusuke Galleryより

自然主義文学物語3部作紹介

田山花袋

1872-1930

文学家

「田山花袋」自然主義文学の話ですが…第一話

「自然主義文学」を浅く簡単にイラストポートレートと共に3回にわたってお届けします。その第一話目の注目は…
・柳田國男との出会い
・森鴎外との出会い
・先を越された「蒲団」

Profile Picture

島崎藤村

1872-1943

文学家

「島崎藤村」自然主義文学の話ですが…第二話

「自然主義文学」を浅く簡単にイラストポートレートと共に3回にわたってお届けします。その第二話目の注目は…
・田山花袋との出会い
・「破戒」がスタート
・「春」はわたしの懺悔

Profile Picture

国木田独歩

1871-1908

文学家

「国木田独歩」自然主義文学の話ですが…第三話

「自然主義文学」を浅く簡単にイラストポートレートと共に3回にわたってお届けします。その第三話目の注目は…
・徳富蘇峰との出会い
・竜土会
・元祖は誰

Profile Picture

自然主義文学「島崎藤村」物語

1872-1943を生きた近代日本文学を代表する一人は詩から小説家に転身し日本における自然主義文学のファーストインクラス「破戒」を発表

第二話案内役は私、島崎藤村が務めます!

本名は「島崎春樹(しまざき はるき)」と申します。

はるき

今回はわたしの十八番(オハコ)自然主義文学について綴ってみます。

ろくや

それって、わたしの…

はるき

まぁあ、まぁあ。前回の続きってことで。

はるき

田山花袋と同じく1872年(明治5年)、いまの岐阜県中津川市に生まれました。

はるき

国学者の父(島崎正樹)から文学を学べる環境で育ったのがこの道に入るきっかけって言っても不思議じゃないね。

はるき

ちなみにわたしの父をモデルにした「夜明け前」(1929年新潮社)を歴史小説として残しています。

島崎藤村「夜明け前」新潮文庫
島崎藤村「夜明け前」新潮文庫

そして登場する父の師匠、平田篤胤先生はこちらでチェックしてね!

【探求ネタ】「平田篤胤」日本史から見た偉人たち

【日本史探究】「平田篤胤」キーワードは「夜明け前」「国学四大人(しうし)の一人」日本史から見た偉人たちをイラストポートレートでお届けします。

はるき

ちょっと脱線してしまったけど、そんな環境で育ち、大学を卒業して英語教師になったんだ。

ちなみに大学は今の明治学院大学で校歌の作詞はわたしですよ。

MeijiGakuinUniversityAppearance
明治学院大学外観
はるき

この数年間いろいろあった。本当にいろいろあったんだ。何があったって??それは…「春」(1908年新潮社)を読んでもらったらわかるかな。

教え子との禁断の愛。敬愛するあの人の自死。藤村20代の苦悩を描いた青春小説の古典的傑作。
岸本捨吉の教え子勝子に対する愛は実を結ぶことなく、彼の友人であり先輩である青木は理想と現実の矛盾のために自ら命を絶つ。――青春の季節に身を置く岸本たちは、人生のさまざまな問題に直面し、悩み、思索する。新しい時代によって解放された若い魂が、破壊に破壊をかさねながら自己を新たにし、生きるべき道を求めようとする姿を描く、藤村の最初の自伝小説。
はるき

この苦難を乗り越えられたかどうかはわからないけど、明治26年に東北宮城の地に移って新たな生活を始めたんだ。

母の死があったけど、この環境のおかげでのちに刊行する「若菜集」の詩作を進められた。

はるき

仙台での暮らしは短かく1年足らずで帰京。このころ確か田山花袋や国木田独歩に会うんだな。

かめきち

ひさしぶり藤村、時は明治29年(1896年)ぐらいだったかな?

ろくや

ご無沙汰独歩

そういえばその翌年の明治30年、わたしと藤村で共に刊行した『抒情詩』へ独歩もジョインしてくれて作品を発表してくれたんだよな。

かめきち

その翌年明治31年に藤村は、第一詩集となる「若菜集」を刊行して日本を代表する詩人の一歩を遂げるんだからすごいよな。

はるき

そんな盛っても何も出ないぞ。

たしかになぁ、「若菜集」刊行の翌年明治32年には長野に移って結婚、長女の誕生と穏やかな日々で幸せだった…、おぃ聞いてるか⁉️

確か、この頃から写生文を描き始め自然観察の感覚を身につけていったんだ。

はるき

いま明かすと、花袋より先に自然主義文学としての「破戒」を書き始めたのもこの頃だった

ろくや

なんと。

はるき

そうこうしている間に時は過ぎて明治38年、ようやく「破戒」を書き上げたので、原稿携えてまたまた上京しただよ。

そうして翌年39年に、工面が大変だったけど自信作だから自費出版した。これがウケた。

ろくや

おれは焦ったさ。

はるき

それから順風満帆…の筈だったけど、愛娘が相次いで夭逝したり、わたしの悪い癖も出てしまったりして…。歯車が噛み合わなくなってしまってさ。

そんな中、大正2年1913年だったかぁ、すべてを断ち切るために思い切って、渡欧したんだ。

かめきち

わたしが亡くなったのが明治41年(1908年)でしたらか、あれから藤村の人生はいろいろあったのですな。

はるき

大正5年1916年に帰国したら世の中の流行作家は一遍していた。私たちの自然主義文学とは180度対極の反自然主義文学が台頭していたし、芥川龍之介の声も聞こえていたよな。

かめきち

その反自然主義文学の代表格が「夏○漱○」??

はるき

「夏○漱○」は独自路線をいっていたと思うけど、当時自然主義文学の対抗は反自然主義文学と呼ばれていたようなところがあったから、そういう感じかもね。

かめきち

ちなみに自然主義文学は「私小説」って呼ばれ方もしますよね。

ろくや

私小説は書き手の実人生を赤裸々に書き綴った小説。

自然主義文学はゾラが定義した「人の行動を科学的に、そして客観的に表現する」ってことだからこの辺りが似たり寄ったりなんだとうね。

なのでわたしは自然主義文学から私小説として書き上げたつもりなんだけど。

はるき

時は一気に過ぎて、昭和10年(1935年)国際ペンクラブから要請があって、日本ペンクラブが結成。わたしが初代会長になりました。63歳ごろだったかな。

ろくや

さすが文壇の重鎮!

その間にお父上をモデルにした「夜明け前」も発表していたね。

はるき

「夜明け前」は小説家として最後の大仕事になったけど、わたしの生きた近代日本文学って大きな括りで、その時代、時代のトレンドについていっていたのかなぁって思うよ。

かめきち

藤村は頑張ったな。

はるき

今回はわたし島崎藤村目線で自然主義文学をお届けしました。長々とお付き合いいただき嬉しいです。ちなみにわたしの生まれ故郷岐阜県中津川市には藤村記念館がございます。お近くまで来られた際はぜひぜひ遊びに来てくださいね。

ようこそいらすとすてーしょん

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレートでお楽しみください
  • イラストポートレートを画面上でタップいただきますと浮き上がってきます(PC・タブレットの場合はその画面内でもう一度タップすると画像のみとなります)
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリーでご活用いただけます(プライバシーポリシーはこちらから
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は右クリックでイラストポートレートが保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」にアップしている全イラストポートレートが確認できます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日「いらすとすてーしょん」より独自にピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも確認できるのでサイトマップや検索ボックスからどうぞ(サイトマップはこちらから

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に複数入力された場合は、すべて一致の場合のみヒットします
※各文字黄色のアンダーバーはタップしますとリンク先に移動します

文学家・新着偉人(It's New)はこちらから

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょん

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレートでお楽しみください
  • イラストポートレートを画面上でタップいただきますと浮き上がってきます(PC・タブレットの場合はその画面内でもう一度タップすると画像のみとなります)
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリーでご活用いただけます(プライバシーポリシーはこちらから
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は右クリックでイラストポートレートが保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」にアップしている全イラストポートレートが確認できます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日「いらすとすてーしょん」より独自にピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも確認できるのでサイトマップや検索ボックスからどうぞ(サイトマップはこちらから

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に複数入力された場合は、すべて一致の場合のみヒットします
※各文字黄色のアンダーバーはタップしますとリンク先に移動します

新着偉人(It's New)

今月の推し偉人

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業76年を迎える栄光社HP新企画「イチオシ」と、いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!「イチオシ」で取り上げられた美術を、そのイラストポートレートで贈る作者と共にぜひご堪能ください。

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery

サイトマップ