東京都出身 From Tokyo

ようこそ!フリーイラストポートレートと


歴史の停車場いらすとすてーしょん」へ
こちらのページでは出生都道府県別イラスト


ポートレートとして東京都出身の偉人たち


お楽しみください

東京都出身イラストポートレートSyusuke Galleryより

東京都出身・新着偉人(It's New)

1773-1841を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第十一代将軍Ienari Tokugawaの在職期間は50年0ヶ月。御三卿一橋家二代目一橋治済の長男。
【探究ネタ】「徳川家斉」江戸幕府第十一代征夷大将軍New!!
1737-1786を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第十代将軍Iehara Tokugawaの在職期間は26年4ヶ月。父第九代将軍家重の長男。
【探究ネタ】「徳川家治」江戸幕府第十代征夷大将軍New!!
1712-1761を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第九代将軍Ieshige Tokugawaの在職期間は14年6ヶ月。父第八代将軍吉宗の長男。
【探究ネタ】「徳川家重」江戸幕府第九代征夷大将軍New!!
1709-1716を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第七代将軍Ietsugu Tokugawaの在職期間は3年1ヶ月。父第6代将軍家宣の四男。
【探究ネタ】「徳川家継」江戸幕府第七代征夷大将軍
1662-1712を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第六代将軍Ienobu Tokugawaの在職期間は3年5ヶ月。父第三代将軍家光の三男綱重(甲府藩主)の長男。
【探究ネタ】「徳川家宣」江戸幕府第六代征夷大将軍
1646-1709を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第五代将軍Tsunayoshi Tokugawaの在職期間は28年5ヶ月。父第三代将軍家光の四男。
【探究ネタ】「徳川綱吉」江戸幕府第五代征夷大将軍
1641-1680を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第四代将軍Ietsuna Tokugawaの在職期間は28年9ヶ月。父第三代将軍家光の長男。
【探究ネタ】「徳川家綱」江戸幕府第四代征夷大将軍
1604-1651を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第三代将軍Iemitsu Tokugawaの在職期間は27年9ヶ月。父第二代将軍秀忠の次男。
【探究ネタ】「徳川家光」江戸幕府第三代征夷大将軍
1884-1966を生きた言語学者は昭和初期に沸き起こった方言の研究を「方言区画論」として1927年に発表し最前線でリードした一人。民俗学者で同じく方言を研究し「方言周圏論」を同年1927年に発表した柳田國男と方言論論争を巻き起こした。
【言語学の部屋|東条 操】方言研究は「方言区画論」
1894-1935を生きた東京都出身の日本画家は40歳と早逝した日本画家は二十代前半で横山大観、小林古径といった日本画界の巨匠の目に止まり古来の日本画技法を基軸として、最新の技法を取り入れ日本画壇に新しい息吹を吹き込む。東京渋谷の山種美術館は速水画伯の最大コレクションを誇り、最高傑作と名高い「炎舞」を鑑賞できます。
【画家の部屋|速水御舟 Gyoshū Hayami】細密描写の日本画巨匠
1884-1978を生きた東京都出身の日本画家は古来の大和絵技法を世襲し、それをさらに発展させ、小林古径、前田青邨と並び称される新古典主義日本画の時代を築いた。
【画家の部屋|安田靫彦 Yukihiko Yasuda】院展の三羽烏の一人
1923-2003を生きた世界フライ級世界王者。1952年(昭和27年)5月19日、後楽園球場にて世界フライ級王者ダド・マリノ(アメリカ)に判定勝ちを収めた。この日を日本プロボクシング協会は「ボクシングの日」と制定
【発見アスリート|白井義男 Yoshio Shirai】12月26日、国民が熱狂した5.19の立役者を偲んで
1735-1813を生きた本名平沢常富は武士であり、戯作者、狂歌師、俳諧師と多彩な文豪でもあった。特に黄表紙では当時の流行作家山東京伝と肩を並べるほどの人気作家。しかし後の寛政の改革で藩主より叱責を頂戴し黄表紙から手を引く。
【江戸文学|黄表紙】「朋誠堂喜三二 (平沢常富)」戯作者、狂歌師でも武士
1749-1823を生きた武士であり、副業は洒落本の売れっ子作家。また狂名が四方赤良とした狂歌三大家一人であり、その一派は山手蓮と称された。戯作の花形作家「山東京伝」の才能を見出した一人でもある。
【江戸文学|戯作】「大田南畝」江戸時代のラップスター
1761-1816を生きた戯作(散文学)の洒落本、黄表紙、(後期)読本と、時代の江戸幕府の取り締まりに応じて自在に作風を変化させた代表的作者であり、当時の花形作家。
【江戸文学|戯作】「山東京伝」江戸時代のベストセラー作家
1917-2001を生きた歌舞伎役者の屋号は成駒屋、女形ひとすじの人生を貫き、戦後歌舞伎界の最も牽引した名優。2022年亡くなったエリザベス2世が1975年来日時に公演を披露するなど海外への歌舞伎発展にも尽力。
【芸能(歌舞伎)の部屋|中村歌右衛門(六代目) Nakamura Utaemon VI】私は歌舞伎の女形
1906-1975を生きた歌舞伎役者の屋号は大和屋、近代劇の祖と称される小山内薫の薫陶をうけ、昭和7年に劇団新劇場、東宝劇団を経て松竹に復帰した。歌舞伎界きっての読書家でもあり美食家でもあった。
【芸能(歌舞伎)の部屋|坂東三津五郎(八代目) Bandō Mitsugorō VIII】空前絶後の人と称された名優
1874-1945を生きた歌舞伎役者の屋号は橘屋、フランス系アメリカ人の父を持ち、日本人離れしたその目鼻立ちから「花の橘屋」と称されました。第十五代襲名時、口上予定であった九代目市川團十郎の逝去により、一人襲名口上を行いさらに高い評判を得た。吾妻流宗家・初代吾妻徳穂は嫡出でない子にあたります。
【芸能(歌舞伎)の部屋|市村羽左衛門(十五代目) Uzaemon Ichimura XV】歌舞伎界のイケメンは花の橘屋
1838-1903を生きた歌舞伎役者の屋号は成田屋、五代目尾上菊五郎、初代市川左團次とともに「團菊左時代」を築く。荒事の代表的な時代物演目「暫」を1895年(明治28年)に一幕物として演じ團十郎家のお家芸「歌舞伎十八番」にひとつとされました。
【芸能(歌舞伎)の部屋|市川團十郎(九代目) Ichikawa Danjūrō IX】團菊左時代を築きました
1844-1903を生きた歌舞伎役者の屋号は音羽屋、二代目市村羽左衛門を襲名し、その後尾上菊五郎を襲名。 九代目市川團十郎、初代市川左團次とともに「團菊左時代」を築く。世話物(江戸時代に生きている人たちを題材にした社会・現代劇)を得意と、江戸っ子気質を余すところなく披露した。
【芸能(歌舞伎)の部屋|尾上菊五郎(五代目) Onoe Kikugorō V】團菊左時代を築きました
1909-1988を生きた歌舞伎役者は1950年中村勘三郎を襲名。800以上の役を演じギネスブックに名を連ねる。1966年国立劇場柿落とし公演「菅原伝授手習鑑」にて主人公、菅丞相を演じた。
【国立劇場建て替え記念|中村勘三郎(17代目) Kanzaburo Nakamura XVII】12月推し偉人 Nov./1966
1887-1973を生きた彫刻家は、挿絵、版画、水彩・油彩・水墨とあらゆる絵画美術も手掛け、長野県上田にて約46年もの彫塑を指導し美術教育に尽力。また無類の相撲好きであり横綱審議会委員や相撲博物館長も歴任。
【彫刻家の部屋|石井鶴三 Tsuruzo Ishii】相撲通であり上田の芸術を築いた芸術界の重鎮
1911-1997を生きた長唄唄方は豊かな歌唱力と深みある芸風で古典芸能の世界を継承。作曲活動も積極的に努められ、1987年重要無形文化財個人所有者(人間国宝)に認定。
【音楽の部屋|杵屋佐登代】昭和の長唄唄方最高峰のひとりは人間国宝
1909-1998を生きた日本舞踊流派のひとつ吾妻流を昭和に入り再興した家元。幼きころは7代目坂東三津五郎、6代目尾上菊五郎に師事し踊りの基礎を学び、14歳で名取りは天才少女と囃し立てられた。
【音楽の部屋|吾妻徳穂】日本舞踊界の天才少女は吾妻流宗家・初代
1924-2018を生きた日本舞踊花柳流の舞踊家は、古典伝承と創作活動(「湯女群像」や「吾輩は猫である」を発表)の両面で活躍。2004年、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。
【音楽の部屋|花柳寿南海】人間国宝の代表作は「吾輩は猫である」
1881-1962を生きた小唄春日流の創立者は、作曲、演奏と多彩な才能を発揮し新たな小唄の世界を拓いた。門下生の育成に心血をそそぎ、その功績を讃えられて紫綬褒章受賞。
【音楽の部屋|春日とよ】小唄春日流の創立者
1894-1974を生きた近代数寄屋建築の巨匠。時の首相吉田茂邸も手掛けた。
【建築家の部屋|吉田五十八】近代数寄屋建築の巨匠吉田は吉田邸を手掛ける!?
1910-2008を生きた女性登山家は1947年日本山岳会に入会、1955年女性だけの山の会「エーデルワイスクラブ」を創設。「山があるからではなく、花があるから山に登るんです」の名言は女性のみならず登山家の憧れであった。
【発見アスリート|坂倉登喜子】元祖‘山ガール’は女性登山家の憧れの山女
1864-1912を生きた嘉納治五郎の弟子となり、後の道場「講道館」四天王のうち鬼神と呼ばれた柔道家。そして酒豪であり日本酒は8升から1斗は呑んでも酔わなかった伝説の持ち主。
【発見アスリート|横山作次郎】‘柔道の父’嘉納治五郎の右腕だった講談館四天王の一人は柔道もお酒も強かった
1910-1962を生きた報道写真家は世界に日本を紹介するグラフ誌、「NIPPON」を創刊。
【ファインダーの巨匠|名取洋之助】いまじゃメジャーのフォトジャーナリストを開拓した男
1901-1974を生きた東京都出身の和製ブレッソンは、土門拳と共にリアリズム写真家として龍虎した。木村伊兵衛写真賞は朝日新聞社主催の写真界の芥川賞と称される。
【ファインダーの巨匠|木村伊兵衛】ライカ使い手の名手
1909-1993を生きた東京美術学校(現東京藝術大学)卒の日本画家。日展三山の一人の長女は三島由紀夫と結婚。
【画家の部屋|杉山 寧 Yasushi Sugiyama】完全主義貫く日展三山の一人
1904-1993を生きた実業家は日本の不動産王、そしてヒルズの生みの親
【経営者の部屋|森 泰吉郎】ヒルズの生みの親 日本史からみた偉人たち
1878-1967を生きた第45・48〜51代内閣総理大臣
【内閣総理大臣の部屋|吉田 茂】第45・48・49・50・51代(通算在職日数2616日)
1929-2011を生きた詩人であり児童文学作家。やさしさに感性が合わさる、そして言葉の深さが年代によって感じ方が違う作風。そして昭和を代表するアニメの歌詞も手がけた。
【文壇発見】「岸田衿子」LALALA ZINGENと歩むネロとパトラッシュ 文学の部屋
1836-1908を生きた旧幕臣であり、箱館戦争後明治政府の主要閣僚として近代日本樹立に尽力、東京農業大学の建学の祖
【探求ネタ】「榎本武揚」日本史から見た偉人たち
1834-1868を生きた池田屋事件で名を馳せ新撰組トップに昇り詰めるも新政府軍に敗れ斬首となる享年35。
【探求ネタ】「近藤勇」日本史から見た偉人たち
1844-1882を生きた蘭方医であり陸軍軍医総監、有栖川宮熾仁親王に従ってロシアへ向けて出立するも途中のフランスで39歳で早世。
【医学の部屋|林 研海 Kenkai Hayashi】私の妹は榎本武揚に嫁ぎました
1756-1798を生きた津山藩医、漢方学から蘭学へ変更し日本初の内科書『西説内科撰要』を発刊
【医学の部屋|宇田川玄随 Genzui Utagawa】日本初の内科書「西説内科撰要」刊行
1723-1803を生きた中津藩医であり蘭学者、杉田玄白と共に解体新書を発刊
【医学の部屋|前野良沢 Ryoutaku Maeno】蘭学の化け物
1893-1991を生きた東京都出身の日本画を主軸とした芸術家は岸田劉生にその才能が目に留まり21歳で画家を志し、油絵のみならず、書・彫刻・陶芸・詩・随筆と多彩な芸術を生み出す。1949年から神奈川県真鶴町にアトリエを構え活動の拠点とした。
【画家の部屋|中川一政 Kazumasa Nakagawa】真鶴半島を愛した多彩なタッチ
1929-1981 東京都出身のシナリオライターであり小説家はシナリオライター御三家(向田邦子、倉本聰、山田太一)と称され、数々のホームドラマを世に送る。ありふれた日常を独特の視点で切り取る観察力と表現力は、1981年飛行機事故で亡くなってから40数年経ついまもなお人気が衰えない。
【文壇発見】「向田邦子」 シナリオライター御三家の一人、命日は8月22日 文学の部屋
1932-2002を生きた東京都出身の詩人は青春時代に詩を嗜み、演劇を愛した女流詩人は東京大学卒業後劇団四季に入団。その後ライフイベントを経て、どっぷりと詩の世界へ。晩年は神経疾患の難病との戦いであった。また作品の中でLGBT(QIA)としてのセクシャルマイノリティを示唆し、公表はせずともアライ(ALLY)取り組みを実践されていたとされる。
【文壇発見】「吉原幸子」 女性のためにこの詩を届ける 文学の部屋
1885-1967を生きた東京都出身の歌人は明治大正昭和3時代は波瀾万丈の人生。みずからの意思で掴んだ幸せを世間は袋叩きに、しかし虐げられていた女性たちには自由のシンボルと映る。稀有な生涯は大正天皇の従妹であり、歌人であった。2014年朝ドラ「花子とアン」の花子腹心の友葉山蓮子は白蓮のモデルとして登場。
【文壇発見】「柳原白蓮」大正の三代美人は大正天皇の従妹であり歌人
1931-を生きる東京都出身の日本を代表する詩人は17歳から執筆した詩を「二十億光年の孤独」と題して1952年21歳の時に東京創元社より出版。この詩集に対して先にストルガ詩祭の最高賞「金冠賞」を日本人初1996年に受賞した大岡信氏は高い評価を与えたと当時の記録に残されています。そして現在もなお執筆活動を続け、谷川ワールドを世界に発信し続けておられます。
【文壇発見|谷川俊太郎】日本人2人目の快挙Награда "Златен венец"
1878-1972を生きた東京都出身、2022年に没後50年を迎えた日本画の巨匠。そして美人画の数々を残した鏑木は、樋口一葉や泉鏡花を愛読書とし、そのモチーフを作品化として残す。
【画家の部屋|鏑木清方 Kiyokata Kaburaki】4月の推し偉人 東の美人画家代表

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート


    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー


    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は


    右クリックでイラストポートレートが


    保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」に
    アップしている全イラストポートレートが


    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日


    「いらすとすてーしょん」より独自に


    ピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも


    確認できるのでサイトマップや検索ボックスから


    どうぞ(サイトマップ

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に


複数入力された場合は、すべて一致の場合のみ


ヒットします

It's New Syusuke Gallery

新たに公開のイラストポートレートをご覧ください

13東京都
1773-1841を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第十一代将軍Ienari Tokugawaの在職期間は50年0ヶ月。御三卿一橋家二代目一橋治済の長男。
【探究ネタ】「徳川家斉」江戸幕府第十一代征夷大将軍New!!
13東京都
1737-1786を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第十代将軍Iehara Tokugawaの在職期間は26年4ヶ月。父第九代将軍家重の長男。
【探究ネタ】「徳川家治」江戸幕府第十代征夷大将軍
38愛媛県
1873-1937を生きた俳人の師は正岡子規。当初子規には俳句でなくベースボールの師匠でありその後文学を学んだと伝えられている。 子規の死後5・7・5の形式に拘らない自由な俳句(新俳句界の新傾向)に傾倒し高浜虚子と対立。
【文学の部屋|河東碧梧桐】師は正岡子規でした
38愛媛県
1874-1959を生きた俳人の師は同級生の河東碧梧桐に紹介された正岡子規。子規の同級生であった柳原極堂が創刊した俳句雑誌ほとゝぎす(後のホトトギス)の編集長を引き継ぎ師子規の目指した写生論を継承。
【文学の部屋|高浜虚子】師は正岡子規

今月の推し偉人

まりあ

"いらすとすてーしょん"2023年1月の


推し偉人はわたし「マリア・カラス」

1923-1977を生きた20世紀を世界を代表するソプラノ歌手。その人生は公私共に波瀾万丈。トップの座を射止めた歌声は完璧を追い求め、そして愛に翻弄される。2023年は生誕100年、そして2017年に公開された「私は、マリア・カラス」はマリアの未完の自叙伝を映画化。誰も知らないマリア・カラスに会えます。
【音楽の部屋|マリア・カラス】Maria by Callas

「推し偉人」

フリーイラストポートレートと歴史の停車場


いらすとすてーしょん」では毎月「推し偉人」を


特集しています

これまでの


「いらすとすてーしょん」
推し偉人

2022〜2023

2022-03-3104宮城県

【あれから11年|佐藤忠良】3月推し偉人 生誕110年世界の彫刻家

2022-04-0113東京都

【画家の部屋|鏑木清方 Kiyokata Kaburaki】4月の推し偉人 東の美人画家代表

2022-05-0947沖縄県

【本土復帰50周年記念|船越義珍】5月推し偉人 沖縄初空手を世界へ

2022-06-0133岡山県

【戦う偉人|緒方洪庵】6月推し偉人 さる天然痘!くるサル痘? ワクチン大規模接種は江戸時代から!?

2022-07-0114神奈川県

【コラボ記念|東山魁夷 Kaii Higashiyama】7月推し偉人 栄光社×Syusuke Gallery

2022-08-0138愛媛県

【行こう宇和島|穂積陳重】8月推し偉人 日本初‘民法’生みの親

2022-09-0139高知県

【2023朝ドラは私|牧野富太郎】9月推し偉人 なんと生涯に収集した植物標本は40万枚!?

2022-10-010033フランス共和国出身

【2022W杯・カタール大会開催記念|Jules Rimet ジュール リメ】10月推し偉人 FIFAワールドカップの父

2022-11-010001カナダ出身

【11月14日今日は何の日?|Banting バンティング】11月推し偉人 14 November is World Diabetes Day

2022-12-0113東京都

【国立劇場建て替え記念|中村勘三郎(17代目) Kanzaburo Nakamura XVII】12月推し偉人 Nov./1966

2023-01-010001アメリカ合衆国出身

【音楽の部屋|マリア・カラス】Maria by Callas

2023-02-0138愛媛県

【文学の部屋|正岡子規】俳句・短歌の革新に取り組みましたNew!!

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業77年を迎える栄光社HP新企画「イチオシ」と


いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」


コラボレーション
「イチオシ」で取り上げられた美術のその作者を


イラストポートレートで贈ります
皆様のお越しをお待ちしております

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery