カール・ツンベルク





Carl Peter Thunberg(1743-1828)

ようこそ!フリーイラストポートレートと

歴史の停車場いらすとすてーしょん
こちらのページでは ツンベルク ビフォーアフター

P.F.シーボルト編①
をお楽しみください

ツンベルク
イラストポートレート Syusuke Galleryより

P.F.シーボルト来日前後史

シューちゃん

この特集でお届けしているシーボルト編の方々だよ↓

ビフォーアフターP.F.シーボルト編

ツンベルク
1743-1828
2024年4月14日公開
1743-1828を生きた医学者であり博物学者。分類学の父と称されたリンネ(1707-1778)に学び、解体新書が登場した翌年1775年に出島に来日。76年には江戸参府一行に加わり日本の医学者と交わったとされる。日本へ刺絡療法のほか、消毒・殺菌効果を利用した水銀水(マーキュロクロム液)療法を広めた。一方、鍼灸療法をヨーロッパに持ち帰ったとされる。
小石元俊
1743-1809
2024年4月15日公開
1743-1809を生きた医学者。古医方であり蘭学を学んだ山脇東洋の流れを汲んだ漢蘭折衷派の一人。関西以西で医学を学んだ後に芝蘭堂で大槻玄沢に蘭学を学ぶ。その後京都に戻り究理堂を開校し蘭学を普及させた。京都における蘭学の礎を築いたとされる。
斎藤方策
1771-1849
2024年4月16日公開
1771-1849を生きた医学者。関西遊学時に小石元俊に蘭学を学び、その後元俊の薦めで芝蘭堂へ留学し、大槻玄沢、宇田川玄真に蘭学を学んだ。その後大阪に戻りクリニックを開業する。1822年に西日本で流行したコレラ(狐狼狸)の治療を積極的に行ったとされている。
華岡青洲
1760-1835
2024年4月17日公開
1760-1835を生きた医学者。漢蘭折衷医家は、外科分野で全身麻酔による世界初めての乳がん摘出手術(1804年)に成功し、その名を刻みこの部位では合計で143症例を行ったとされ、その他の手術も行っている。
シーボルト
1796-1866
2024年4月18日公開
1796-1866を生きた医学者であり博物学者。オランダ商館の医官として1823年に来日し、出島外での活動の許可を得て翌24年には鳴滝塾を開校。蘭学の中でも医学を中心に学ぶために各地・各藩から学者が集まり、シーボルトの門下は蘭方医の流派としてその後の日本の医学を発展させた。将軍謁見のため江戸旅行、日本の情報を持ち出し処分を受けたシーボルト事件。再来日を果たすなど、幕末日本に大きな影響を与えた。
楠本たき
1807-1869
2024年4月19日公開
1807-1869を生きた名付遊女でありP.F.シーボルトの妾。二人の間に生まれた楠本いねは後に医師となり日本初の女性医師(未資格)となった。シーボルトの命名したアジサイの学名「Hydrangea otaksa」は楠本たきを愛した想いに寄せたと伝わる。
宇田川榕菴
1798−1846
2024年4月20日公開
1798−1846を生きた医学者であり博物学者。宇田川玄真の養子となり、医学・薬学・植物学・化学などの分野を切り開いた。特に本草学から植物学を、そして化学分野では元素・酸化・還元・水素・酸素・炭素などの語彙をつくり、イギリス化学書であったElements of Experimental Chemistryの蘭語版を翻訳。増補し舎密開宗として1837年初版を完成させた。
多紀元簡
1755-1810
2024年4月21日公開
1755-1810を生きた医師。幕府の奥医師として徳川家斉の侍医は漢方を中心とした考証学派の中心人物となる。となり幕府官立の江戸漢方医学校であった躋寿館を父から受け継ぐ。
高野長英
1804-1850
2024年4月22日公開
1804-1850を生きた医学者であり博物学者。江戸遊学時に杉田玄白の流れを汲む杉田塾そして1825年鳴滝塾でシーボルトより蘭学、医学を学んだ。シーボルト事件の難を逃れ、江戸麹町にてクリニックを開業。オランダで出版された数々の生理学書を纂述した「西説医原枢要」を1832年に著し日本初の生理学書となる。このころ蘭学者であった渡辺崋山と出会い共同研究を進め、その後蛮社の獄で追われる身となった。その際、庇護された宇和島藩の西洋化に成功している。

江戸時代に来日した外国人は何人ぐらい!?

館長

今回いらすとすてーしょんでは医学の部屋より全9回にわたって、この企画をお届けします

シューちゃん

今回のビフォーアフターは、シーボルト編かぁ

館長

ところでシューちゃん、江戸時代に来日した外国人の数ってどれくらいだと思いますか?

シューちゃん

鎖国していのだから…数人程度かな?

館長

江戸時代来日外国人人名辞典によると東洋・西洋人併せて500人以上が来日していたそうです
※岩下哲典編 東京堂出版(2011)

シューちゃん

結構な数の外国人が来日していたのだね

その中で医師の割合は?

館長

実はその中でオランダ人医師として来日されたのは百数十名と約1/4を占めていたのです

シューちゃん

医師の割合が高かったのだね!

享保の改革

館長

その来日するオランダ医師の活動が活発化するのは徳川吉宗八代将軍以降でした

八代将軍

諸外国の文化の発展が目覚ましいことに気づいたのです

1684-1751を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第八代将軍Yoshimune Tokugawaの在職期間は29年1ヶ月。紀伊徳川家紀州藩二代目徳川光貞の四男。
【探究ネタ】「徳川吉宗」江戸幕府第八代征夷大将軍
館長

吉宗将軍は西洋の文化発展を注視していたそうです

館長

その中でも西洋の医学にとても興味を示していたみたいでした

シューちゃん

確か吉宗将軍は、蘭(オランダ)語の習得を青木昆陽さんらに指示していたんだったけ?

昆陽

吉宗将軍の命により蘭語の習得と諸外国の情勢を調査しました

館長

これは青木昆陽さん!まだイラストポートレートページが未完成で申し訳ございません

昆陽

いえいえ…気が向いた時に作ってくださいな

館長

さて話を戻して、それまで蘭語で書かれた西洋の書物は日本に入ってきていましたが、いかんせん言葉がわからないので通詞を通さないとチンプンカンプンでした…
※通詞:江戸時代の通訳者のこと

館長

そもそも洋書の輸入は禁制でもありました

八代将軍

それでは日本は遅れてしまう…という危惧してがあったので改革を行うことにしたのです

シューちゃん

それって、享保の改革と呼ばれているよね!宗教以外の洋書の輸入を緩和したりして…

八代将軍

その通りです!そのためには幕府として蘭語をしっかり読める人財が確保したかった…

シューちゃん

それで青木昆陽さんらに蘭語の習得を命じたのだね

八代将軍

そして次々に出島のオランダ商館にやってくる医師たちから多くの医学情報を得る機会が増えていったのです

1774年解体新書登場

館長

その甲斐も功を奏して、1774年に解体新書が登場したのですね

館長

この解体新書の前後史はこちらの特集でご紹介しています

1706-1762を生きた医学者。中国金元時代の医学からの脱却を目指した古方派筆頭の後藤艮山(1659~1733)に師事し、その後同派の大家となる。五臓六腑説に疑問を抱き、ついに1754年幕府の許可を得て日本初の人体解剖を行った。その記録は1759年「蔵志」にて著した。
【医学の部屋|山脇東洋】ビフォーアフター解体新書編①

解体新書の前後史はこちら

ビフォーアフター解体新書編

山脇東洋
1706-1762
2024年4月8日公開
1706-1762を生きた医学者。
前野良沢
1723-1803
2024年4月9日公開
1723-1803を生きた医学者。
杉田玄白
1733-1817
2024年4月10日公開
1733-1817を生きた蘭方医は若狭国小浜藩医。手に入れたオランダ語医学書『ターヘル・アナトミア』を前野良沢らと共に翻訳し日本初の解剖学書である「解体新書」を著した。
大槻玄沢
1757-1827
2024年4月11日公開
1757-1827を生きた蘭方医は杉田玄白に学び、江戸時代末期の医術を広め解体新書の改訂となる重訂解体新書を完成させた。
宇田川玄随
1756-1798
2024年4月12日公開
1756-1798を生きた津山藩医、漢方学から蘭学へ変更し日本初の内科書『西説内科撰要』を発刊
宇田川玄真
1770-1835
2024年4月13日公開
1770-1835を生きた蘭方医で津山藩医をつとめた。江戸時代のベストセラー医学書「医範提綱」を出版

1775年ツンベルク来日

館長

その解体新書登場の翌年1775年に来日したのが、本日の主人公ツンベルクさんです

シューちゃん

これまでに来日した外国人とどう違うの?

館長

3つほど挙げてみましょう

館長

一つは解体新書の登場の翌年であり、西洋医学がとても新鮮に映ったこと

館長

そして通詞を介せず、蘭語を理解できる医学者が増えていたこと

リンネの弟子であったツンベルク

館長

加えてツンベルクさんは分類学の父と称されたリンネ(1707-1778)さんのお弟子さんであり、ツンベルクさんは来日した外国人の中でもとびっきりの科学者であったことが影響していると考えています

リンネ

私の愛弟子ツンベルクがお世話になりました

館長

これはリンネさん!青木昆陽さんと同じくイラストポートレートページが未完成で申し訳ございません

リンネ

いずれは博物学の特集も頼みますよ!

シューちゃん

要は来日した時期が良かったんだね

館長

特にこの解体新書の登場で西洋医学は凄い!という風潮だったと思います

日本にもたらした医学とは?

シューちゃん

そしてこのツンベルクさんは来日して何をしたの?

館長

約1年の滞在期間中、ツンベルクさんは刺絡療法や消毒・殺菌効果を利用した水銀水(マーキュロクロム液)療法を蘭学を学んでいた若手の医学者らに紹介したと記録が残っています

日本から得た知識とは?

ツンベルク

この来日でその医学者からは鍼灸療法を学びました

ツンベルク

そしてわたしは、目的もであった約800種程度の植物を採集したり…

牧野富太郎登場

富太郎

当時の日本には植物学という分野がなかったから…物好きな外国人が植物採集をしているなぁ…程度の認識だったのだと思います

館長

帰国後のツンベルク

ツンベルク

約1年の滞在でしたが実りある時間を過ごし、長旅を経て母国スウェーデンに1779年に帰国できました

館長

帰国されたツンベルクさんは北欧最古の大学であるウプサラ大学の学長まで上り詰めました

ツンベルク

おかげさまで1784年にはFlora Japonica(日本植物誌) を著すことができたのは日本の皆さんのおかげです
※Google Booksより

ビフォーアフターP.F.シーボルト編①まとめ

シューちゃん

では館長…そろそろまとめに…

館長

日本では解体新書の登場で西洋文化に対する潮目に変化を及ぼし、そのタイミングでツンベルクさんが来日されました

シューちゃん

このあたりは1780年前後の話しだね…

シューちゃん

ということは…まだシーボルトさんはこの時は生まれていなかったのか!

館長

その通りです!シーボルトさんは1796年生まれで、初来日は1823年ですから…

シューちゃん

そうなんだね…シーボルトさんが来られる約半世紀前はこんな感じだったのだね

館長

ビフォーアフターP.F.シーボルト編は今回、ここまでとしましょう

次回は小石元俊

シューちゃん

ところで次回の登場の小石元俊さんって?

1743-1809を生きた医学者。古医方であり蘭学を学んだ山脇東洋の流れを汲んだ漢蘭折衷派の一人。関西以西で医学を学んだ後に芝蘭堂で大槻玄沢に蘭学を学ぶ。その後京都に戻り究理堂を開校し蘭学を普及させた。京都における蘭学の礎を築いたとされる。
【医学の部屋|小石元俊】ビフォーアフターP.F.シーボルト編②
館長

今回ご登場いただきましたツンベルクさんと同い年の小石元俊さん

館長

その小石元俊さんは漢蘭折衷派の一人であって、関西で活躍した医学者でした

館長

そこで次回は漢蘭折衷派とこの当時の関西の医学の流れについて綴っていきたいと思います

館長

さて、ビフォーアフターP.F.シーボルト編①はいかがでしたか?

シューちゃん

シーボルトさんの登場も待ち遠しいけど…もう少し先だね

館長

そうですね!もう少しシーボルトさんの来日前の時代をお楽しみください!

館長

さて、今回はシーボルトが初来日した1823年を起点として、そのビフォー&アフターの視点からツンベルクを取り上げました

館長

いらすとすてーしょんでは医学の歴史を彩ってきた偉人たちを…

館長

これからもご紹介していきます

館長

どうぞお楽しみに!

シューちゃん

次回も見てね!

館長

江戸時代の部屋もご用意して皆様のお越しをお待ちしております

イラストポートレートSyusukeGallery江戸時代の部屋Edo Period
江戸時代の部屋 Edo Period
館長

今回のビフォーアフターP.F.シーボルト編①の制作には「江戸時代医学史の研究(1978)」吉川弘文館発行、「医学の歴史(1964)」中公尾新書発行を参考図書として用いております

医学・新着偉人(It's New)はこちらから

0032ベルギー王国出身
1579-1644を生きた医学者であり化学者。パレケルススの化学に基づいた理論で人体の機能を解き明かす医療化学の分野を進めた。四元素や体液説など古代医学を論駁し、また空気とは異なる気体の存在を見出し、この気体をガスと命名し、その概念を明らかにした。
【医学の部屋|ヘルモント】17世紀に活躍した世界の医学者⑨
0049ドイツ連邦共和国出身
1659-1734を生きた医学者であり化学者。 1708年生理学と病理学からなる医学理論書Theoria medica veraを著し、生物にはアニマという非物質が存在し、生命活動を営むとしたアニミズムを提唱した。そしてその理論は、ドイツ哲学者ライブニッツ(1646-1716)が提唱した生気論を牽引した。また化学の分野では、特にZymotechnia Fundamentalis(科学の基礎・1697年)にて、燃焼について酸化の考えにつながるフロギストンという物質をアリストテレスにより広く支持された四元素説に加え唱えた。
【医学の部屋|シュタール】18世紀に活躍した世界の医学者Ⅺ
0098イラン・イスラム共和国出身
865-925を生きた医学者。9~10世紀のイスラム王朝(アッバース朝)に医学、哲学など幅広い分野でその名を刻んだ。天然痘と麻疹の臨床所見の違いを示すなど、特に医学分野でその名を馳せている。
【医学の部屋|ラーズィー】16世紀以前に活躍した世界の医学者⑥
0033フランス共和国出身
1298-1368を生きた医学者。ヴェサリウス以前の中世ヨーロッパにおいて、ガレノスによる解剖学を学び、外科医としてその名を刻んだ。1363年には外科指南書となったChirurgia magnaを著し、8章からなるラテン語で描かれたこの書は外科医のバイブルとなった。黒死病(ペスト)に立ち向かった医師としても記憶されている。
【医学の部屋|ショーリアック】16世紀以前に活躍した世界の医学者⑤

医学の部屋へようこそ

出身国別、都道府県でお届けしています

イラストポートレートSyusukeGallery医学の部屋 Medical Scientist
医学の部屋 Medical Scientist

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート


    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー


    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は


    右クリックでイラストポートレートが


    保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」に
    アップしている全イラストポートレートが


    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日


    「いらすとすてーしょん」より独自に


    ピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも


    確認できるのでサイトマップや検索ボックスから


    どうぞ(サイトマップ