小石元俊





Genshun Koishi(1743-1809)

ようこそ!フリーイラストポートレートと

歴史の停車場いらすとすてーしょん
こちらのページでは 小石元俊 ビフォーアフター

P.F.シーボルト編②
をお楽しみください

小石元俊
イラストポートレート Syusuke Galleryより

P.F.シーボルト来日前後史

シューちゃん

この特集でお届けしているシーボルト編のの方々だよ↓

ビフォーアフターP.F.シーボルト編

ツンベルク
1743-1828
2024年4月14日公開
1743-1828を生きた医学者であり博物学者。分類学の父と称されたリンネ(1707-1778)に学び、解体新書が登場した翌年1775年に出島に来日。76年には江戸参府一行に加わり日本の医学者と交わったとされる。日本へ刺絡療法のほか、消毒・殺菌効果を利用した水銀水(マーキュロクロム液)療法を広めた。一方、鍼灸療法をヨーロッパに持ち帰ったとされる。
小石元俊
1743-1809
2024年4月15日公開
1743-1809を生きた医学者。古医方であり蘭学を学んだ山脇東洋の流れを汲んだ漢蘭折衷派の一人。関西以西で医学を学んだ後に芝蘭堂で大槻玄沢に蘭学を学ぶ。その後京都に戻り究理堂を開校し蘭学を普及させた。京都における蘭学の礎を築いたとされる。
斎藤方策
1771-1849
2024年4月16日公開
1771-1849を生きた医学者。関西遊学時に小石元俊に蘭学を学び、その後元俊の薦めで芝蘭堂へ留学し、大槻玄沢、宇田川玄真に蘭学を学んだ。その後大阪に戻りクリニックを開業する。1822年に西日本で流行したコレラ(狐狼狸)の治療を積極的に行ったとされている。
華岡青洲
1760-1835
2024年4月17日公開
1760-1835を生きた医学者。漢蘭折衷医家は、外科分野で全身麻酔による世界初めての乳がん摘出手術(1804年)に成功し、その名を刻みこの部位では合計で143症例を行ったとされ、その他の手術も行っている。
シーボルト
1796-1866
2024年4月18日公開
1796-1866を生きた医学者であり博物学者。オランダ商館の医官として1823年に来日し、出島外での活動の許可を得て翌24年には鳴滝塾を開校。蘭学の中でも医学を中心に学ぶために各地・各藩から学者が集まり、シーボルトの門下は蘭方医の流派としてその後の日本の医学を発展させた。将軍謁見のため江戸旅行、日本の情報を持ち出し処分を受けたシーボルト事件。再来日を果たすなど、幕末日本に大きな影響を与えた。
楠本たき
1807-1869
2024年4月19日公開
1807-1869を生きた名付遊女でありP.F.シーボルトの妾。二人の間に生まれた楠本いねは後に医師となり日本初の女性医師(未資格)となった。シーボルトの命名したアジサイの学名「Hydrangea otaksa」は楠本たきを愛した想いに寄せたと伝わる。
宇田川榕菴
1798−1846
2024年4月20日公開
1798−1846を生きた医学者であり博物学者。宇田川玄真の養子となり、医学・薬学・植物学・化学などの分野を切り開いた。特に本草学から植物学を、そして化学分野では元素・酸化・還元・水素・酸素・炭素などの語彙をつくり、イギリス化学書であったElements of Experimental Chemistryの蘭語版を翻訳。増補し舎密開宗として1837年初版を完成させた。
多紀元簡
1755-1810
2024年4月21日公開
1755-1810を生きた医師。幕府の奥医師として徳川家斉の侍医は漢方を中心とした考証学派の中心人物となる。となり幕府官立の江戸漢方医学校であった躋寿館を父から受け継ぐ。
高野長英
1804-1850
2024年4月22日公開
1804-1850を生きた医学者であり博物学者。江戸遊学時に杉田玄白の流れを汲む杉田塾そして1825年鳴滝塾でシーボルトより蘭学、医学を学んだ。シーボルト事件の難を逃れ、江戸麹町にてクリニックを開業。オランダで出版された数々の生理学書を纂述した「西説医原枢要」を1832年に著し日本初の生理学書となる。このころ蘭学者であった渡辺崋山と出会い共同研究を進め、その後蛮社の獄で追われる身となった。その際、庇護された宇和島藩の西洋化に成功している。

前回はツンベルク

館長

今回いらすとすてーしょんでは医学の部屋より全9回にわたって、この企画をお届けします

シューちゃん

前回はツンベルクさんだったよね

1743-1828を生きた医学者であり博物学者。分類学の父と称されたリンネ(1707-1778)に学び、解体新書が登場した翌年1775年に出島に来日。76年には江戸参府一行に加わり日本の医学者と交わったとされる。日本へ刺絡療法のほか、消毒・殺菌効果を利用した水銀水(マーキュロクロム液)療法を広めた。一方、鍼灸療法をヨーロッパに持ち帰ったとされる。
【医学の部屋|ツンベルク】ビフォーアフターP.F.シーボルト編①
館長

シーボルトさんが初来日(1823年)する約半世紀前を取り上げてみました

シューちゃん

江戸医学は18世紀後半の1774年に登場した解体新書が転機となっていたんだったよね

解体新書の前後史はこちら

ビフォーアフター解体新書編

山脇東洋
1706-1762
2024年4月8日公開
1706-1762を生きた医学者。
前野良沢
1723-1803
2024年4月9日公開
1723-1803を生きた医学者。
杉田玄白
1733-1817
2024年4月10日公開
1733-1817を生きた蘭方医は若狭国小浜藩医。手に入れたオランダ語医学書『ターヘル・アナトミア』を前野良沢らと共に翻訳し日本初の解剖学書である「解体新書」を著した。
大槻玄沢
1757-1827
2024年4月11日公開
1757-1827を生きた蘭方医は杉田玄白に学び、江戸時代末期の医術を広め解体新書の改訂となる重訂解体新書を完成させた。
宇田川玄随
1756-1798
2024年4月12日公開
1756-1798を生きた津山藩医、漢方学から蘭学へ変更し日本初の内科書『西説内科撰要』を発刊
宇田川玄真
1770-1835
2024年4月13日公開
1770-1835を生きた蘭方医で津山藩医をつとめた。江戸時代のベストセラー医学書「医範提綱」を出版

解体新書登場のきっかけとなった日本初(公式)人体解剖

館長

その解体新書登場のきっかけとなった日本初、公式に人体解剖を行ったとされるのが…

シューちゃん

1754年京都で行われた

この石碑の立つ場所に以前あった六角牢獄で1754(宝暦4)年、死刑男性の解剖を行い日本で初めて人体構造を観察。 この時の解剖記録は臓志として著されている。 これは杉田玄白らが見学した人体解剖から遡ること17年前であった。
日本初の解剖を行った六角牢獄跡
京都市中京区六角通神泉苑西入南側
東洋

こんな石碑があったとは…

18世紀後半の上方医学

館長

さて今回はその解体新書登場のきっかけとなった日本初の人体解剖

館長

その後の上方(関西)における医学について綴ってみたいと思います

江戸医学の成り立ち

東洋

そのためには江戸医学の成り立ちからお話した方がよさそうですな

シューちゃん

聞いてみたい!

東洋

そもそも江戸の医学といえば漢方医学であったのです

後世派と古医方派

東洋

時は戦国の世、医師であった曲直瀬道三(1507-1594)の流れを汲む一派を後世派と称していまいた
※金元医学を元としていたところ、古医方が現れたことで後世派と呼ばれるようになりました

三喜

曲直瀬道三を指導したのはわたしでした

1465-1544を生きた日本における東洋医学(漢方医学)の祖
【医学の部屋|田代三喜 Sanki Tashiro】日本漢方医学の祖
東洋

一方で中国に古来(後漢時代)から伝わる傷寒論こそ真の医学であるという主張を名古屋玄医(1628-1696)が唱え始める

館長

その一派を古医方派と呼んだのですね

東洋

館長の言う通り!

東洋

その後、中には後世派と古医方派の良いところ取りをした折衷派なども生まれていましたが…

古医方派・山脇東洋

シューちゃん

それで東洋さんは古医方派だったんだよね

東洋

まさしく!名古屋玄医先生から後藤艮山(1659~1733)先生に受け継がれた古医方派の流れをわたしが引き継いだのです

東洋

わたしは何より実証することが大事だと常日頃念頭に医学を学んでいたところ…

東洋

蘭学の情報と古典医学を重ねると、ところどころ違和感を感じるようになったのです

館長

このあたりは山脇東洋さんのページ をご参照ください

東洋

そして人体解剖を行い蘭学の情報は正しかったと、新たな知見を得ることができたのです

館長

つまり古医方派に蘭学が融合していくといった感じでしょうか

東洋

そう考えていただいてもよろしいかと思います

漢蘭折衷派の祖

館長

このことから山脇東洋さんは漢蘭折衷派の祖と呼ばれるようになったのですね

館長

そしてここからが今回の本題です

漢蘭折衷派の流れを汲む小石元俊

館長

山脇東洋さんの漢蘭折衷派は門下に受け継がれ、その孫弟子となったのが小石元俊さんでした

館長

そのころ、解体新書を著して杉田玄白さんが京に来られた、二人は出会います

元俊

杉田玄白先生に触発され江戸遊学を決めました

シューちゃん

それで小石元俊さんは芝蘭堂に留学したんだね

大槻玄沢に学ぶ

玄沢

わたしも元俊先生から多くを学びました

1757-1827を生きた医学者。杉田玄白の門下となり、その後前野良沢より蘭学を学び蘭学塾として芝蘭堂を開校。江戸蘭学の基盤を築いた。解体新書の改訂となる重訂解体新書を完成させている。玄沢の名は師であった玄白、良沢の名をとったものであった。蘭語の指導書として青木昆陽、前野良沢の流れを汲み「蘭学階梯」を1788年に著しており、外国語教育を発展させた一人でもある。
【医学の部屋|大槻玄沢】ビフォーアフター解体新書編④
元俊

なにを仰られますか!大槻玄沢先生のお宅に居候までさせていただきありがとうございました

館長

そして小石元俊さんは京都に戻ります

シューちゃん

山脇東洋さんの築いた漢蘭折衷派の一人であった小石元俊さん

シューちゃん

その小石元俊さん山脇東洋さんに影響を受けた杉田玄白さんの流れを汲む大槻玄沢さんに蘭学を学んでいたのだね

館長

その後、小石元俊さんは本格的に蘭学を…

衛生堂、究理堂を開校

館長

大阪(坂)の塾を衛生堂、京都の塾を究理堂として芝蘭堂の流れを汲む蘭学塾を開校したのです

シューちゃん

してね…調べてみると…

シューちゃん

その京都の究理堂は、その後も代々その地で多くの患者さんの診療にあたられているみたい

館長

現在も続いているって凄いですね!
小石医院HP

ビフォーアフターP.F.シーボルト編②まとめ

シューちゃん

では館長…そろそろまとめに…

館長

解体新書の登場のきっかけとなった古医方派山脇東洋さん

館長

その古医方派山脇東洋さんは漢蘭折衷派の祖となりました

シューちゃん

そしてその流れを汲んだのが今回の主人公、小石元俊さん

館長

その小石元俊さんは大槻玄沢さんの芝蘭堂で蘭学を極めて京都に戻り…

シューちゃん

京都蘭学の発展に尽力されたのだね

館長

ではビフォーアフターP.F.シーボルト編②は今回、ここまでとしましょう

次回は斎藤方策

シューちゃん

ところで次回の登場の斎藤方策さんって?

1771-1849を生きた医学者。関西遊学時に小石元俊に蘭学を学び、その後元俊の薦めで芝蘭堂へ留学し、大槻玄沢、宇田川玄真に蘭学を学んだ。その後大阪に戻りクリニックを開業する。1822年に西日本で流行したコレラ(狐狼狸)の治療を積極的に行ったとされている。
【医学の部屋|斎藤方策】ビフォーアフターP.F.シーボルト編③
館長

今回ご登場いただきました小石元俊さんのお弟子さんにあたられる医学者です

館長

その斎藤方策さんの活躍をお届けしたいと思います

館長

さて、ビフォーアフターP.F.シーボルト編②はいかがでしたか?

シューちゃん

シーボルトさん来日(1823年)はそろそろだね…

館長

さて、今回はシーボルトが初来日した1823年を起点として、そのビフォー&アフターの視点から斎藤方策を取り上げました

館長

いらすとすてーしょんでは医学の歴史を彩ってきた偉人たちを…

館長

これからもご紹介していきます

館長

どうぞお楽しみに!

シューちゃん

次回も見てね!

館長

江戸時代の部屋もご用意して皆様のお越しをお待ちしております

イラストポートレートSyusukeGallery江戸時代の部屋Edo Period
江戸時代の部屋 Edo Period
館長

今回のビフォーアフターP.F.シーボルト編②の制作には「江戸時代医学史の研究(1978)」吉川弘文館発行、「医学の歴史(1964)」中公尾新書発行を参考図書として用いております

医学・新着偉人(It's New)はこちらから

0033フランス共和国出身
1298-1368を生きた医学者。ヴェサリウス以前の中世ヨーロッパにおいて、ガレノスによる解剖学を学び、外科医としてその名を刻んだ。1363年には外科指南書となったChirurgia magnaを著し、8章からなるラテン語で描かれたこの書は外科医のバイブルとなった。黒死病(ペスト)に立ち向かった医師としても記憶されている。
【医学の部屋|ショーリアック】16世紀以前に活躍した世界の医学者⑤New!!
0032ベルギー王国出身
1514-1564を生きた医学者。2世紀ガレノスによって興った解剖を、De Humani Corporis Fabrica Libri Septem(1543年)によって解剖を学問レベルに引き上げた。その詳細な解剖図はガレノスの学説からの転換期となる。その後カール5世の侍医などの要職をつとめた。その解剖学の先鋭眼は当時の医学界に大きな衝撃を与え、風当たりも強かったとされる。 それらの背景には16世紀に発展した印刷技術によりガレノスの著作物に触れる機会が多くなったことが挙げられる。またこの当時の解剖学の先駆者としてはレオナルド・ダ・ヴィンチが挙げられ、その解剖図は数百とも言われ臓器図も描かれている。
【医学の部屋|ヴェサリウス】16世紀以前に活躍した世界の医学者④New!!
0033フランス共和国出身
1510-1590を生きた医学者。これまで主流が内科であった医学に、外科を内科レベルまで引き上げた一人であり、外科学の父と称されている。軍医の経験からそれまで銃創は焼き鏝などで治療を行なうことを止め、独自に調合した軟膏などを用いて治療を行った。また四肢の切断等、血管にも用いられていた烙鉄を動脈結紮による止血法を考案した。これらはヴェサリウスによる解剖学の理解から得られたとされている。著書にA collection of Paré's works(初版1575年)があり、楢林鎮山により紅夷外科宗伝として1706年に翻訳されている。
【医学の部屋|パレ】16世紀以前に活躍した世界の医学者③New!!
0033フランス共和国出身
1497-1558を生きた医学者。世界初の医学理論書と位置付けられている医学(1554年)を著した。この書は、生理学、病理学、治療法の3部構成からなり、特に生理学の始まりを告げたと考えられている。この書の普及には、この当時の印刷技術の発展が大きく寄与している。
【医学の部屋|フェルネル】16世紀以前に活躍した世界の医学者②New!!

医学の部屋へようこそ

出身国別、都道府県でお届けしています

イラストポートレートSyusukeGallery医学の部屋 Medical Scientist
医学の部屋 Medical Scientist

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート


    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー


    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は


    右クリックでイラストポートレートが


    保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」に
    アップしている全イラストポートレートが


    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日


    「いらすとすてーしょん」より独自に


    ピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも


    確認できるのでサイトマップや検索ボックスから


    どうぞ(サイトマップ

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に


複数入力された場合は、すべて一致の場合のみ


ヒットします

新着偉人(It's New)

新たに公開のイラストポートレートをご覧ください

0033フランス共和国出身
1298-1368を生きた医学者。ヴェサリウス以前の中世ヨーロッパにおいて、ガレノスによる解剖学を学び、外科医としてその名を刻んだ。1363年には外科指南書となったChirurgia magnaを著し、8章からなるラテン語で描かれたこの書は外科医のバイブルとなった。黒死病(ペスト)に立ち向かった医師としても記憶されている。
【医学の部屋|ショーリアック】16世紀以前に活躍した世界の医学者⑤New!!
0032ベルギー王国出身
1514-1564を生きた医学者。2世紀ガレノスによって興った解剖を、De Humani Corporis Fabrica Libri Septem(1543年)によって解剖を学問レベルに引き上げた。その詳細な解剖図はガレノスの学説からの転換期となる。その後カール5世の侍医などの要職をつとめた。その解剖学の先鋭眼は当時の医学界に大きな衝撃を与え、風当たりも強かったとされる。 それらの背景には16世紀に発展した印刷技術によりガレノスの著作物に触れる機会が多くなったことが挙げられる。またこの当時の解剖学の先駆者としてはレオナルド・ダ・ヴィンチが挙げられ、その解剖図は数百とも言われ臓器図も描かれている。
【医学の部屋|ヴェサリウス】16世紀以前に活躍した世界の医学者④

いらすとすてーしょん新キャラクター

館長

2022年より"いらすとすてーしょん"にお立ち寄りいただきありがとうございます

館長

さて本年いらすとすてーしょんの新キャラクターが誕生しました

館長

シューちゃんです

シューちゃんはいらすとすてーしょんのキャラクターです
シューちゃん

シュー(Syu)です
よろしくね