ヘルマン・ブールハーフェ





Herman Boerhaave(1668-1738)

ようこそ!フリーイラストポートレートと

歴史の停車場いらすとすてーしょん
こちらのページでは ブールハーフェ 18世紀に

活躍した世界の医学者①
をお楽しみください

ブールハーフェ
イラストポートレート Syusuke Galleryより

18世紀の西洋医学

館長

いらすとすてーしょんでは医学の部屋より18世紀に活躍した世界の医学者と題してイラストポートレートをお届けします

(参考)17世紀に活躍した世界の医学者たち

館長

さて今回はブールハーフェをお届けします

18世紀のヨーロッパといえば…

シューちゃん

ところで館長、18世紀のヨーロッパって?

館長

おっと!いきなり難しい問いを投げかけていただきました

館長

そうですね…18世紀のヨーロッパをすべて言い表しているかわかりませんが…

館長

大きくみて、権力者から市民に社会的な力が移っていく時代と言えそうです

シューちゃん

権力者から市民へね…

館長

特に18世紀中頃で本格化したイギリスの産業革命によって社会構造の変化が興りました

館長

そして18世紀末を象徴する1789年のフランス革命も大きな影響を及ぼしましたね

シューちゃん

なんとなく18世紀のヨーロッパ社会を俯瞰できたよ

ブールハーフェの医学教育

シューちゃん

さて、そろそろ今回の主人公ブールハーフェについて教えて?

館長

ブールハーフェの功績の一つとして医学教育の確立が挙げられると思います

シューちゃん

確か、17世紀の医学分野の特徴は人体の解明と医学教育が発展していったのだよね
※いらすとすてーしょんの視点です

館長

17世紀の医学教育の流れについては、こちらのページで簡単にご紹介していますのでお立ち寄りください

1614-1672を生きた医学者。ライデン大学でヘルニウス(親子)が始めたベッドサイドトレーニング(BST)を受け継ぎ、医学教育に力を入れ、同時に脳解剖の分野で功績を残し、医学における基礎と臨床の両立を推進した。1628年にハーベーによって提唱された血液循環論を支持したことでもその名を刻んでいる。
【医学の部屋|シルヴィウス】17世紀に活躍した世界の医学者⑥
シューちゃん

そのブールハーフェは医学教育の確立?

館長

それまでの医学教育を標準化したとも言えるかもしれません

館長

その例として臨床実習のあり方を見てみましょう

館長

ブールハーフェ臨床講義用に12台の入院ベッドを用いて毎日、学生を連れて回診を行っていたそうです

シューちゃん

現在の大学病院でいうところの教授回診だね

館長

まさに教授回診の原型はここにあると言えそうです

館長

その回診で心掛けら得ている2つの点があったそうです

シューちゃん

2つの点?

館長

一つは観察力を養うこと

シューちゃん

患者さんの全身像を良く診るってことだね

館長

これは英国のヒポクラテスと称されたシデナムの臨床を尊敬し、実践していたからとされています

1624-1689を生きた医学者であり臨床医。理論よりも臨床を第一に掲げ、マラリアの病態を明確化や猩紅病、リウマチや痛風など観察研究を重視した。このことから疫学研究の祖とも考えられている。その姿はブールハーフェに大きな影響を与えた。イギリスのヒポクラテスとも称されている。
【医学の部屋|シデナム】17世紀に活躍した世界の医学者③

ブールハーフェの医療

シューちゃん

もう一つは?

館長

事実に基づいた医療を行うことです

シューちゃん

それって、いま盛んに言われているエビ…

館長

エビデンス・ベースド・メディスン、つまりEBMです
※Evidence-Based Medicine(科学的根拠に基づく医療)

シューちゃん

それ、それ!

館長

この時代ですから科学的根拠はありませんが、当時の理論をもとに診察にあたることを掲げていたそうです

シューちゃん

そんな授業だったらわたしも受けてみたいよ!

館長

シューちゃんもですか!そう思うのも無理がないと思います

館長

なぜなら、1709年からライデン大学で開始したこの授業にはヨーロッパ全土から聴講する学生が殺到したと伝わっていますから!

シューちゃん

まさに、ヨーロッパ最高峰のベストティーチャーだったのだね

ブールハーフェの生理学

館長

そしてブールハーフェは生理学の分野でもその名を刻んでいます

シューちゃん

生理学をという言葉を示したのはフェルネルだったよね?

1497-1558を生きた天文学者であり医学者は人体の臓器機能をまとめて「Physiology」生理学と発表。
【医学の部屋|Jean Fernel ジャン・フェルネル】私が命名したのはPhysiology・生理学
館長

その通りです!シューちゃん

館長

その生理学分野に特化した医学理論書としてInstitutiones medicae(医学教程) ブールハーフェは1708年に著し、生理学の分野に一石を投じました
※Internet Achiveより

シューちゃん

つまり、フェルネルに始まった生理学をブールハーフェが発展させたのだね

館長

この生理学はブールハーフェの後に、ハラー、ブルーメンバッハに引き継がれていくことになります
2024年5月4日公開

1708-1777を生きた医学者。ライデン大学でブールハーフェに師事し、その後1736年ゲッチンゲン大学の解剖学などの初代教授となる。1747年に生理学に関する概論Primae lineae physiologiae、そして1757~66年にかけて著したElementa physiologiae corporis humani. 8 Bändeで生理学を大家となる。その中でも筋繊維の収縮は物理学的でなく筋肉内に存在する物質による作用であることを見出した。また18世紀におきた論争、前・後成説で、ハラーは前成説の立場をとったことでも知られている。
【医学の部屋|ハラー】18世紀に活躍した世界の医学者④

2024年5月9日公開

1752-1840を生きた医学者。1789年に著したAnfangsgründe der Physiologie(生理学の基礎)は18世紀の生理学書としてこの分野をまとめ上げる。また前成説の否定派であり、生気論の支持者でもあった。人種という概念を打ち立てたことでもその名を馳せ、人類をコーカサス,モンゴル,エチオピア,アメリカ,マレーの5人種に分類した。
【医学の部屋|ブルーメンバッハ】18世紀に活躍した世界の医学者⑨

ブールハーフェの生理学

シューちゃん

そしてAphorismi de Cognoscendis et Curandis Morbis(箴言 )を1709年に著しているよね
※Internet Achiveより

館長

新たな医学実地書として、こちらも多くの医学者に支持されたと伝わっています

館長

加えてブールハーフェは植物学にも明るく、その教え子には分類学の父と称されるカール・フォン・リンネ(1707-1778)がいました

シューちゃん

リンネもブールハーフェの門下だったんだね!

次回はラ・メトリ

館長

さて、18世紀に活躍した世界の医学者①ヘルマン・ブールハーフェは如何でしたか?

館長

いらすとすてーしょんでは医学の歴史を彩ってきた偉人たちを…

館長

これからもご紹介していきます

館長

どうぞお楽しみに!

シューちゃん

次回はラ・メトリを取り上げるよ

1709-1751を生きた医学者。オランダ・ライデン大学でブールハーフェに師事。師の提唱した古来の学説をもとにした生理学とデカルト発の機械論的な視座を併せ持つ機械論的生理学をフランスに持ち帰り、さらに発展させた人間機械論(1747年)を展開した。その主張はフランスでは受け入れられず、のちにベルリンに亡命しフリードリヒ大王の庇護を受けた。
【医学の部屋|ラ・メトリ】18世紀に活躍した世界の医学者②
館長

今回の18世紀に活躍した世界の医学者①の制作には「医学の歴史(1964)」中公尾新書発行を参考図書として用いております

18世紀に活躍した世界の医学者たち

2024-05-220049ドイツ連邦共和国出身

【医学の部屋|シュタール】18世紀に活躍した世界の医学者Ⅺ

2024-05-100033フランス共和国出身

【医学の部屋|ビシャ】18世紀に活躍した世界の医学者⑩

2024-05-090049ドイツ連邦共和国出身

【医学の部屋|ブルーメンバッハ】18世紀に活躍した世界の医学者⑨

2024-05-080039イタリア共和国出身

【医学の部屋|ガルヴァーニ】18世紀に活躍した世界の医学者⑧

2024-05-060049ドイツ連邦共和国出身

【医学の部屋|メスメル】18世紀に活躍した世界の医学者⑥

2024-05-050044英国出身

【医学の部屋|ジョン・ハンター】18世紀に活躍した世界の医学者⑤

2024-05-040041スイス連邦出身

【医学の部屋|ハラー】18世紀に活躍した世界の医学者④

2024-05-030031ネーデルランド(オランダ)王国出身

【医学の部屋|インヘンハウス】18世紀に活躍した世界の医学者③

2024-05-020033フランス共和国出身

【医学の部屋|ラ・メトリ】18世紀に活躍した世界の医学者②

医学・新着偉人(It's New)はこちらから

0032ベルギー王国出身
1579-1644を生きた医学者であり化学者。パレケルススの化学に基づいた理論で人体の機能を解き明かす医療化学の分野を進めた。四元素や体液説など古代医学を論駁し、また空気とは異なる気体の存在を見出し、この気体をガスと命名し、その概念を明らかにした。
【医学の部屋|ヘルモント】17世紀に活躍した世界の医学者⑨
0049ドイツ連邦共和国出身
1659-1734を生きた医学者であり化学者。 1708年生理学と病理学からなる医学理論書Theoria medica veraを著し、生物にはアニマという非物質が存在し、生命活動を営むとしたアニミズムを提唱した。そしてその理論は、ドイツ哲学者ライブニッツ(1646-1716)が提唱した生気論を牽引した。また化学の分野では、特にZymotechnia Fundamentalis(科学の基礎・1697年)にて、燃焼について酸化の考えにつながるフロギストンという物質をアリストテレスにより広く支持された四元素説に加え唱えた。
【医学の部屋|シュタール】18世紀に活躍した世界の医学者Ⅺ
0098イラン・イスラム共和国出身
865-925を生きた医学者。9~10世紀のイスラム王朝(アッバース朝)に医学、哲学など幅広い分野でその名を刻んだ。天然痘と麻疹の臨床所見の違いを示すなど、特に医学分野でその名を馳せている。
【医学の部屋|ラーズィー】16世紀以前に活躍した世界の医学者⑥
0033フランス共和国出身
1298-1368を生きた医学者。ヴェサリウス以前の中世ヨーロッパにおいて、ガレノスによる解剖学を学び、外科医としてその名を刻んだ。1363年には外科指南書となったChirurgia magnaを著し、8章からなるラテン語で描かれたこの書は外科医のバイブルとなった。黒死病(ペスト)に立ち向かった医師としても記憶されている。
【医学の部屋|ショーリアック】16世紀以前に活躍した世界の医学者⑤

医学の部屋へようこそ

出身国別、都道府県でお届けしています

イラストポートレートSyusukeGallery医学の部屋 Medical Scientist
医学の部屋 Medical Scientist

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート


    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー


    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は


    右クリックでイラストポートレートが


    保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」に
    アップしている全イラストポートレートが


    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日


    「いらすとすてーしょん」より独自に


    ピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも


    確認できるのでサイトマップや検索ボックスから


    どうぞ(サイトマップ

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に


複数入力された場合は、すべて一致の場合のみ


ヒットします

新着偉人(It's New)

新たに公開のイラストポートレートをご覧ください

0033フランス共和国出身
1827-1907を生きた化学者。有機化合物の合成や熱化学の分野で活躍し、その後政治家としてフランス国における要職を歴任した。
【化学の部屋|ベルテロ】19世紀に活躍した世界の化学者XXⅤNew!!
0039イタリア共和国出身
1826-1910を生きた化学者。有機化学の反応であるカニッツァーロ反応を発見。原子と分子,当量の明確な区別をしたことで物理学との整合性をもつ新しい原子量決定法と原子量体系を築く。このことから、後のメンデレーエフ(1834-1907)による周期表の発明に大きな影響を与えた。
【化学の部屋|カニッツァーロ】19世紀に活躍した世界の化学者XXⅣ

いらすとすてーしょん新キャラクター

館長

2022年より"いらすとすてーしょん"にお立ち寄りいただきありがとうございます

館長

さて本年いらすとすてーしょんの新キャラクターが誕生しました