【発見アスリート|前田光世】講談館柔道の申し子はブラジル最強の格闘家となった

前田光世 Mitsuyo Maeda

ようこそ
こちらのページでは「いらすとすてーしょん」より

前田光世イラストポートレート Syusuke Galleryより

講道館「前田光世」誕生

世界の「前田光世」誕生

ブラジル最強格闘家「コンデ・コマこと前田光世」誕生

世界横行柔道武者修行 前田光世記

広告コーナー

アスリート・新着偉人(It's New)

⑧いらすとすてーしょん検索コーナー

①〜⑧のコンテンツをお届けさせていただきます
どうぞ【発見アスリート|前田光世】講談館柔道の申し子はブラジル最強の格闘家となった をお楽しみください
※目次 をタップしますとページ内ジャンプします

前田光世イラストポートレート(Syusuke Galleryより

講道館「前田光世」誕生

生まれは青森県でだったよね?

そう、明治11年いまの青森県弘前市生まれて、高校の途中まで弘前で育ったんだ

高校の途中まで?

実家は農家で生活も充実していたんだけど、やっぱり反抗期だったのかな?

18歳のときだから1896年、家出同然のような感じで東京に出てきた

そうしたら運良くねっ

上京した前の年の1895年11月に新設された、いまの馬場下町にある早稲田高校に編入学できたんだ

早稲田大学系属校の中で最も古く、1895年に大隈重信が創立しました。毎年、推薦入試を利用して、約半数の生徒が早稲田大学へ、残りの生徒は主に、慶應義塾などの私立大学や、東京大学、東京工業大学、一橋大学などの国公立大学へ進学します。 数多くの運動部、学芸部、同好会があり、クイズ研究会はテレビのクイズ番組などで、活躍した実績を持ちます。「興風祭」とよばれる文化祭は、学外に広く開かれ、毎年、延べ一万人以上の見学者が集まる大きなイベントとなっています。

早稲田中学校 早稲田高等学校

1895年11月3日創立決議され同行の創立記念日になっています

初代校長は大隈重信創立者の婿養子だった「大隈英麿」

初代教頭から2代目校長になったのは「坪内逍遥」

そして開校当初、同校がもっとも力を入れた学問は英語で、早稲田大学きっての美の巨人「會津八一」は英語教師としても活躍したそう

まさに早稲田のオールスターが創った学校だ!

それはそれは、よかったんだね

そしたらね、1897年だから明治30年にいまの早稲田大学に柔道部が創部された

もともと青森に住んでいたころから、腕っ節が強いことで名を馳せていた

それで柔術(柔道前身の武術)なんかも習ってたから、柔道部に即入部したんだ

そしたら講道館を紹介されて同じ年の1897年6月に入門

そこで稽古の毎日

メキメキと柔道の腕をあげ、次々と先輩たちを投げ飛ばしていった

そうすると、講道館に前田光世あり呼び声高くなっていくんだ

世界の「前田光世」誕生

前田光世は大出世していくんだね

そうなんだ

いまの早稲田大学に進学した前田光世はどんどん段位をあげていく

そうなると柔道教育者として各学校へ指導にいく立場になり、講道館の重要ポスト学習院大学へ前田光世は教えにいくようになる

そうして見渡すと、講道館の中でも一目置かれる存在になっていた

巷では講道館四天王の次世代をあらわす「講道館三羽烏」なんて呼ばれるようになっていたんだね
※講道館三羽烏:轟洋太佐村嘉一郎、そして前田光世

そうして1904年転機が訪れた

講道館四天王の一人富田常次郎がアメリカに派遣されることになり、その随伴者として前田光世が選ばれた

念願のアメリカへ

前田光世は以前から「大陸に渡って馬賊か海賊になりたい」と途轍もない夢を抱いていた

このアメリカ行きの話は願ってもないチャンスだった

前田光世の覚悟は読み取れる行動がある

前田光世妻と協議離婚

もう日本には戻れないという覚悟だったのか、戻らないという不退転だったのか…いずれにしても相当の覚悟

そうして1904年、日本は日露戦争真っ只中の11月横浜を出港した伊予丸の船上に富田常次郎と前田光世の二人の姿はあった

アメリカ到着後試練が待っていたんだったよね?

そうなんだよ!どんな試練かこちらをチェックして

【発見アスリート|富田常次郎】‘柔道の父’嘉納治五郎の右腕だった講談館四天王の一人は腹心中の腹心

柔道の聖地、講道館創成期に尽力した四天王、その四人目はTsunejiro Tomita。いま柔道が世界で愛されているのも彼の存在があったから。いらすとすてーしょんSyusuke Galle…

それで富田常次郎と別れて前田光世は、そのまま東海岸に約2年ほど柔道教師をしていたんじゃないの?

これには論争がありそうだけど、当時怪しい偽柔道家が流行っていたみたい

俺は柔道家だぁ!なんて嘯いて

そんな時代だったから、襟を正そうと柔道教師として本物の柔道を教えて始めた

その一方で手っ取り早い公開勝負と題して異種格闘技を積極的やっていたみたい

最初は、柔道の本質を理解してもらう主旨だったと思うけどさ

そのうち全米中を興業試合のような感じで渡り歩き始めた

それでも公開勝負は百戦錬磨だったみたい

めっちゃ強い!それで肝心の柔道の普及にはつながったのかな?

柔道の普及は芳しいくなかったみたい

それで1907年ごろヨーロッパに渡ることを決意、まずイギリスに入ってから転々として

スペイン滞在時にコンデ・コマって名乗るようになった
※コンデはスペイン語で伯爵

前田光世って名前が世に響きすぎて、偽柔道家を懲らしめるために別名を名乗ったとか…

そうしてコンデ・コマは中米から南米に生活の拠点を動かすんだ

ブラジル最強格闘家「コンデ・コマこと前田光世」誕生

コンデ・コマこと前田光世はどうして中米を目指したの?

一度、ヨーロッパに渡ったときに最初の訪問国イギリスに戻ろうとしたみたい

だけで、どういうわけかキューバを進める現地のスペイン人がいたんだって

キューバ!コンデ・コマこと前田光世は閃く

キューバは柔道家未開拓の土地だ!、と

すごいバイタリティだ

コンデ・コマこと前田光世30歳になっていたから、めちゃくちゃ脂が乗っているころだ

それからというもの、格闘技興行でコンデ・コマこと前田光世は大人気となる

なんていったって強いからね

もはや柔道ではなく格闘技で中米を我が物とすると、今度は南米を一回

そうしてスペインを出発してから6年が経っていた1914年、訪南米最後となるブラジルに到着した

ブラジル国内を転々としていたみたいなんだけど、コンデ・コマこと前田光世が終の住処とするブラジル北部の都市ベレンに1915年11月辿り着く

都市ベレンは美しく映った

優雅な大河アマゾン、そして欧州を思わせるような街並み

そこでやっぱりここでも格闘技大会(ジャンルはレスリングのような)が催されて

いつものように飛び入り参加で優勝

瞬く間にこのベレンでもコンデ・コマこと前田光世は大人気となる

コンデ・コマこと前田光世は道場をつくるやいなや、門下生で膨れ上がった

そして44歳になったコンデ・コマこと前田光世は現役を退け、日本外務省が国策とした南米拓殖会社に入りアマゾン開拓に乗り出す

ブラジル政府と日本からの入植者をつなぐ命綱のような毎日を過ごした

アマゾン入植は思うように繁栄できない日々が続いたが、コンデ・コマこと前田光世は入植者の面倒をとにかく見続けた

1904年に日本を出発した前田光世は、持病の腎臓病が悪化した1941年11月28日に62歳の生涯を終えた

その5年後、コンデ・コマこと前田光世の残した施策が成功して経済発展を遂げる

俗にいうピメンタ景気をもたらしたのだ

世界横行柔道武者修行 前田光世記

前田光世による世界横行柔道武者修行は現在国会図書館デジタルコレクションより閲覧できます

国会図書館デジタルコレクション

前田光世の人生がここにある

前田光世記

博文館出版

前田光世による世界横行柔道武者修行は現在国会図書館デジタルコレクションより閲覧できます

→こちらからアクセスできます

ようこそいらすとすてーしょん

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレートでお楽しみください
  • イラストポートレートを画面上でタップいただきますと浮き上がってきます(PC・タブレットの場合はその画面内でもう一度タップすると画像のみとなります)
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリーでご活用いただけます(プライバシーポリシーはこちらから
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は右クリックでイラストポートレートが保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」にアップしている全イラストポートレートが確認できます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日「いらすとすてーしょん」より独自にピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも確認できるのでサイトマップや検索ボックスからどうぞ(サイトマップはこちらから

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に複数入力された場合は、すべて一致の場合のみヒットします
※各文字黄色のアンダーバーはタップしますとリンク先に移動します

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

アスリート・新着偉人(It's New)

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょん

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレートでお楽しみください
  • イラストポートレートを画面上でタップいただきますと浮き上がってきます(PC・タブレットの場合はその画面内でもう一度タップすると画像のみとなります)
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリーでご活用いただけます(プライバシーポリシーはこちらから
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は右クリックでイラストポートレートが保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」にアップしている全イラストポートレートが確認できます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日「いらすとすてーしょん」より独自にピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも確認できるのでサイトマップや検索ボックスからどうぞ(サイトマップはこちらから

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に複数入力された場合は、すべて一致の場合のみヒットします
※各文字黄色のアンダーバーはタップしますとリンク先に移動します

新着偉人(It's New)

今月の推し偉人

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業76年を迎える栄光社HP新企画「イチオシ」と、いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!「イチオシ」で取り上げられた美術を、そのイラストポートレートで贈る作者と共にぜひご堪能ください。

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery

サイトマップ