オーストリア出身 From Austria

ようこそ!フリーイラストポートレートと


歴史の停車場いらすとすてーしょん」へ
こちらのページでは出身国別イラスト


ポートレートオーストリア共和国出身の偉人たち


をお楽しみください

オーストリア共和国出身出身イラスト


Syusuke Galleryより

オーストリア共和国出身出身・新着


(It's New)

1811-1886を生きた作曲家。幼少期からピアニストとして活躍し、拠点を移したウィーンでは、チェルニーやサリエリから音楽を学ぶ。ピアノ界におけるスターの階段を歩み、19世紀における標題音楽形式を確立、数々の交響詩を作曲。自身初の交響詩はCe qu'on entend sur la montagne、そしてFaust Symphonyは友人ベルリオーズにゲーテの戯曲ファウストが紹介されてことが起点となり作曲し、その楽譜は友人の手に渡した。
【音楽の部屋|リスト】ロマン派プログラムミュージック②
1827-1870を生きた作曲家。ヨハン・シュトラウス1世の次男であり、ワルツ王と称された兄シュトラウス2世を生涯支え続け、シュトラウス楽団で活躍。兄とは作風が異なり、繊細さとロマンを彷彿させる作品から性格が伺え、またシューベルト作品に大きな影響を受ていたことから、詩情豊かで深みのある作風とも言われる。このことから「ワルツのシューベルト」との呼び声が高い。
【音楽の部屋|シュトラウス(弟)】ワルツを手がけた作曲家④
1825-1899を生きた作曲家。ウィンナ・ワルツを芸術音楽として確立した巨匠と知られ、偉大な父の影響を受けながらも、その父の反対を押し切り音楽家に進んだ。ウィーンを二分する存在として、彼の楽団は親子でライバル関係となりました。父の死後、両楽団は統合され、名実ともにウィーンのワルツ界を圧巻し、ワルツ王と称されている。1863年父シュトラウス1世の提案によって創設された宮廷舞踏会音楽監督にヨーゼフ1世より任命される。「美しく青きドナウ」などの傑作ワルツや、ウィーン版オペレッタ「こうもり(1874)」「ジプシー男爵(1885)」などでも、その才能と知名度を一層高め、世界的に愛される作品も生み出している。
【音楽の部屋|シュトラウス2世】ワルツを手がけた作曲家③
1804-1849を生きた作曲家。ウィンナ・ワルツの発展においてヨーゼフ・ランナーと共に大きな影響を与えウィーンの音楽史にその名を刻む。ワルツ合戦と呼ばれるランナーとの対立後、独自の楽団を結成し舞踏会など数多くの公演を成功させオーストリアの音楽シーンを彩る。その後ワルツ王と称される息子シュトラウス2世に受け継がれ、ワルツは舞踏用から、鑑賞用の芸術音楽の水準までファミリーで高められた。
【音楽の部屋|シュトラウス1世】ワルツを手がけた作曲家②
1801-1843を生きた作曲家。ヨハン・シュトラウス1世と共にウィンナ・ワルツの発展に大きな影響を与えウィーンの音楽史にその名を刻む。1822年に兄アントンと弟ヨハネスのドラハネク兄弟と共に三重奏団を結成し、第一ヴァイオリンとして活動。1823年シュトラウス1世(ヴィオラ)が加わりカルテットを形成した後、ランナーオーケストラとなる。その後オーストリアを代表する管弦楽団となり舞曲を中心に活動を展開した。その後シュトラウス1世が独自の楽団を組むと、彼らの間でライバル関係が芽生えることで、さらにウィンナ・ワルツが発展することになる。
【音楽の部屋|ランナー】ワルツを手がけた作曲家①
1791-1857を生きた作曲家。幼少期より父からピアノを学び、10歳でデビューしたときベートーヴェンに認められ愛弟子となる。その後20代前半で演奏活動を退き、教育と作曲に専念する。ピアノ教則本を執筆しており、エチュードという曲種の発展に寄与し、その作品にはOp.139 ÉtudesやOp.849 30 étudesなどが多数ある。晩年には音楽史の概要をまとめた「Umriss der ganzen Musik-Geschichte(1851年)」や、ピアノに関する理論と実践をまとめた「Vollständige theoretisch-praktische Pianoforte-Schule(1839年)」などを著し、音楽学を切り開いた一人。そのピアノ、教会音楽、交響曲などの作品はここ数十年前より再興されている。
【音楽の部屋|チェルニー】ベートーベンが認めた才能
1708-1772を生きた作曲家。作曲家であった父に英才教育を受けるもウィーンでのオルガニストの職に就けず、イタリア留学でオペラや教会音楽を学ぶ。帰国後、シュテファン大聖堂、ウィーン宮廷楽長をつとめた。オペラ、オラトリオ、そしてミサ曲などのウィーン教会音楽の保守、発展に尽力し、多くの作品を手がけた。
【音楽の部屋|ロイター2世】18世紀のウィーン教会音楽を死守した作曲家
1797-1828を生きた作曲家。それまで器楽曲が絶対の時代に、ライヒャルトそしてゲーテなどが草創したリート(歌曲)を継承し、詩と音楽の見事な調和により芸術分野にまでその価値を高めた。その作曲数は600曲を超え、その作品1として18歳で完成させた魔王(D328)はゲーテの詩を用いたリート代表作品となっている。器楽曲作品では交響曲未完成(D759)が圧倒的な存在感を今も聴く人に与える作品。31歳10ヶ月で早世したその才能はシューマン、ブラームスにロマン派音楽として受け継がれることになる。
【音楽の部屋|シューベルト】歌曲を最高の芸術に高めた作曲家
1660-1741を生きた作曲家。ウィーン・ショッテン教会やシュテファン大聖堂のオルガニストを歴任し神聖ローマ皇帝ヨーゼフ1世の皇后(ハンガリー王妃)の楽長をはじめとして、レオポルト1世、ヨーゼフ1世、カール6世といった3代の皇帝に仕えた。オペラ、オラトリオ、パルティータを含む多くの作品を残す。教会音楽における対位法の理論書『Gradus ad Parnassum』(1725年)は、理論と実践が教師と生徒の対話形式で綴られ、その教育的なアプローチと理論は、その後の音楽教育に大きな影響を持った。J.Sバッハもこの理論書で学び、作曲家としての基礎を築いたとされている。
【音楽の部屋|フックス】大バッハが学んだ教科書の著者
1459-1537を生きた作曲家でありオルガニスト。オーストリア宮廷、神聖ローマ帝国の宮廷で天才オルガニストとして名声を築いた。オルガニストとしてオルガンのための作品を多く手がけ、その才能はヨーロッパ全土に広がっていた。
【音楽の部屋|ホーフハイマー】偉大なオルガニスト
1903-1990を生きた心理学者。児童心理学の分野で童話の重要性や自己成長の役割に注目し、ASDの研究も行う。そのASDに対する"refrigerator mother理論は現在では科学的な根拠に乏しく批判されている。
【心理学者の部屋|ベッテルハイム】批判されたrefrigerator mother
1857-1940を生きた医師であり神経学者。精神病患者に対する療法としてマラリア原虫を感染させることで高熱を引き起こし、神経症状を改善する効果を狙いマラリア療法を開発。精神医学の分野における治療法の革新という大きな影響を与え、その功績が認められ1927年にノーベル生理学・医学賞を受賞。
【医学の部屋|ヤウレック】マラリア療法でノーベル賞!?
1862-1918を生きた画家は古典・伝統を重んじる1868年創設されたオーストリア最古の芸術家団体オーストリア芸術家連盟より、新たなスタイルを求め分ウィーン分離派団体を立ち上げ初代理事長として活躍。現在もオーストリアを代表する芸術家三団体の一つ。
【画家の部屋|グスタフ・クリムト】シーレの良き理解者
1890-1918を生きた画家はウィーン出身先輩画家ダスタフ・クリムトにその才能を見出され、共にウィーン分離派を形成し数々の作品を発表。スペイン風邪により28歳で早世。 オーストリアアートコレクターであるルドルフ・レオポルドは1950年代にシーレ、クリムトらの作品を主に収集し、現在レオポルド美術館には最大のシーレ作品コレクションを誇っています。
【画家の部屋|エゴン・シーレ】素描の天才は超個性派
1736-1809を生きた古典派音楽の作曲家であり音楽教育者は親交のあった交響曲の父フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの依頼によりベートーヴェンの師となる。音楽を理論的思考で捉えていることから、ハイドンは作曲のベストティーチャーと称える。
【音楽の部屋|アルブレヒツベルガー】ベートーベンの師はベストティーチャー
1756-1791を生きた古典派音楽の天才作曲家は35歳で早世。父レオポルドの英才教育を受け、その才能をさらに開花。そして古典派音楽(交響曲)の父と称されたフランツ・ヨーゼフ・ハイドンとの出会いによって古典派音楽は絶頂期を迎える。
【音楽の部屋|モーツァルト】まさに天才作曲家
1732-1809を生きた圧倒的な演奏時間と作曲数で交響曲の父と称される作曲家は、音楽が階級の高い人たちだけのものだった時代(バロック)から、市民にも手に届く時代(古典派)に活躍。そして楽曲形式のひとつ「ソナタ形式」を確立。
【音楽の部屋|ハイドン】市民による市民のための音楽をつくりました
1908-1989を生きた20世紀世界を魅了した指揮者。解釈された音楽に対して演奏者一人一人の能力を最大限に引き出し、そしてその能力を調和させる卓越したリーダー的要素に加えて、その彼の存在自体がゲストのみならず開場一体を虜にする絶対的なカリスマ性で今もその人気は衰えず。
【音楽の部屋|カラヤン】孤高の指揮者・20世紀クラシック界の帝王

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート


    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー


    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は


    右クリックでイラストポートレートが


    保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」に
    アップしている全イラストポートレートが


    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日


    「いらすとすてーしょん」より独自に


    ピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも


    確認できるのでサイトマップや検索ボックスから


    どうぞ(サイトマップ

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に


複数入力された場合は、すべて一致の場合のみ


ヒットします

新着偉人(It's New)

新たに公開のイラストポートレートをご覧ください

0033フランス共和国出身
1298-1368を生きた医学者。ヴェサリウス以前の中世ヨーロッパにおいて、ガレノスによる解剖学を学び、外科医としてその名を刻んだ。1363年には外科指南書となったChirurgia magnaを著し、8章からなるラテン語で描かれたこの書は外科医のバイブルとなった。黒死病(ペスト)に立ち向かった医師としても記憶されている。
【医学の部屋|ショーリアック】16世紀以前に活躍した世界の医学者⑤New!!
0032ベルギー王国出身
1514-1564を生きた医学者。2世紀ガレノスによって興った解剖を、De Humani Corporis Fabrica Libri Septem(1543年)によって解剖を学問レベルに引き上げた。その詳細な解剖図はガレノスの学説からの転換期となる。その後カール5世の侍医などの要職をつとめた。その解剖学の先鋭眼は当時の医学界に大きな衝撃を与え、風当たりも強かったとされる。 それらの背景には16世紀に発展した印刷技術によりガレノスの著作物に触れる機会が多くなったことが挙げられる。またこの当時の解剖学の先駆者としてはレオナルド・ダ・ヴィンチが挙げられ、その解剖図は数百とも言われ臓器図も描かれている。
【医学の部屋|ヴェサリウス】16世紀以前に活躍した世界の医学者④

いらすとすてーしょん新キャラクター

館長

2022年より"いらすとすてーしょん"にお立ち寄りいただきありがとうございます

館長

さて本年いらすとすてーしょんの新キャラクターが誕生しました

館長

シューちゃんです

シューちゃんはいらすとすてーしょんのキャラクターです
シューちゃん

シュー(Syu)です
よろしくね

館長

3年目を迎えた2024年も皆様に役立つ世界の偉人たちをシューちゃんと共にフリーイラストポートレートをお届けします

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業78年を迎える栄光社HP新企画「イチオシ」と


いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」


コラボレーション
「イチオシ」で取り上げられた美術のその作者を


イラストポートレートで贈ります
皆様のお越しをお待ちしております

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery