酒井田柿右衛門(渋雄)13代 Kakiemon Sakaida XⅢ

ようこそ!フリーイラストポートレートと


歴史の停車場
いらすとすてーしょん」へ
こちらのページでは【陶芸家の部屋|


酒井田柿右衛門(渋雄)13代】濁手復興



をお楽しみください

酒井田柿右衛門(渋雄)13代


イラストポートレート(Syusuke Galleryより

柿右衛門の白い「濁手」

無形文化財登録

1955年(昭和30年)

柿右衛門の白い美「濁手」

柿右衛門の作品の大きな特徴の一つに、『濁手素地』と呼ばれる、柔らかく温かみのある乳白色の素地があげられます。柿右衛門様式の美しい赤絵に最も調和する素地で、1670年代にその製法が完成したと言われています。

しかし江戸中期(1700年代)になると、「柿右衛門様式」に変わり金・赤を多用した「金襴手様式」が色絵の主流となったのに加え、内乱によって下火になっていた中国・景徳鎮磁器の輸出が再び本格化し、オランダ東インド会社による肥前磁器の輸出が減少、江戸幕府による貿易制限等国内情勢の変化も相まって、濁手の製作は一時中断を余儀なくされました。

その後時代は明治、大正、昭和と移り、濁手の復興が待ち望まれる中、十二代柿右衛門(1878生~1963没)はその子十三代柿右衛門(1906生~1982没)とともに長い間途絶えていた濁手素地を復元させるため、柿右衛門家に伝わる『土合帳』等の古文書を基に試行錯誤を重ねます。

そして1953(昭和28)年、ようやくこれに成功し、その技法は1955(昭和30)年3月、記録作成等の措置を講ずべき無形文化財に選択されました。

柿右衛門公式HPより抜粋
詳しくは柿右衛門公式HPへ

※オンラインショップもございます

Profile Picture

陶芸家・新着偉人(It's New)は


こちらから

41佐賀県
1937~ を生きる陶芸家は唐津焼をベースとして独自スタイル唯一無二の作陶でやきものの主体である「うつわ」を数々手がける。
【陶芸家の部屋|中里 隆】親子三代で唐津焼を作陶
17石川県
1927~ を生きる陶芸家は350年の歴史をもつ大樋焼の10代目。その特徴は轆轤を使わず手で捻り、飴釉をかける点。
【陶芸家の部屋|大樋陶冶斎(長左衛門10代・年朗)】金沢行くなら大樋美術館
35山口県
1915-2010を生きた陶芸家は深川萩四家の一つに数えられ、萩焼の伝統を守っている。萩焼の始祖である李勺光(りしゃくこう)の流れをくむ家柄でもある。
【陶芸家の部屋|坂田泥華(一平)13代】萩焼坂田泥華窯16代襲名が待ち焦がれる
26京都府
1883-1959を生きた陶芸や篆刻、書道など芸術を通じた文化人として名を馳せ、美食家でもあった。
【陶芸家の部屋|北大路魯山人】美食家の行き着く先は作陶だった
23愛知県
1897-1985を生きた陶芸家は建築壁に陶磁器を用いた陶壁を作り出す。陶芸歴史研究の第一人者であったが謎に包まれる「永仁の壺事件」を引き起こす。
【陶芸家の部屋|加藤唐九郎】陶壁(建築物✖️陶磁器)私が創りました
14神奈川県
1894-1978を生きた陶芸家は河井寛次郎と釉薬研究を共にしバーナードリーチ氏と同行して渡英し築釜、成功を果たす。帰国後は益子で作陶、人間国宝となり日本の陶芸界をリードした。
【陶芸家の部屋|濱田庄司】わたしも民藝という言葉をつくりました
29奈良県
1886-1963を生きた陶芸家はバーナードリーチとの出会いで陶芸の道へ入る。独学で陶芸技術を身につけ独創の作陶様式を確立し人間国宝の一人となる。
【陶芸家の部屋|富本憲吉】模様から模様をつくるべからず!?独学の陶芸は人間国宝
26京都府
1897-1984を生きた陶芸家は呈色剤を含む軟らかい磁土を、何度となく器の表面に塗り重ね、レリーフのように盛り上がった文様をつくりだす技法陶技「彩埏(えん)」を考案
【陶芸家の部屋|楠部彌弌】無限をテーマにアジアの技法を作陶へ
21岐阜県
1894-1985を生きた陶芸家は北大路魯山人と親交を深め、陶芸の幅を広げた。また同郷の日本画家、川合玉堂、前田青邨らに絵付けを依頼する仲でもあった。
【陶芸家の部屋|荒川豊蔵】明智光秀のふるさとに人間国宝あり
17石川県
1862-1918を生きた陶芸家であり実業家は九谷焼陶磁器顔料の研究者。
【陶芸家の部屋|友田安清】九谷焼、出石焼にこの男あり!
09栃木県
1918-1987を生きた富本憲吉に師事した陶芸家は鉄絵を基としながら数々の技法を加えて表現内容を豊かにし、高い技術性を持つ陶芸を制作した。
【陶芸家の部屋|田村耕一】栃木県佐野が生んだ人間国宝
32島根県
1890-1966を生きた日本を代表する陶芸家であり民衆的工藝を「民藝」という言葉を作り出した民藝運動推進者の一人
【陶芸家の部屋|河井寛次郎】わたし民藝という言葉をつくりました

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート


    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー


    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は


    右クリックでイラストポートレートが


    保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」に
    アップしている全イラストポートレートが


    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日


    「いらすとすてーしょん」より独自に


    ピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも


    確認できるのでサイトマップや検索ボックスから


    どうぞ(サイトマップ

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に


複数入力された場合は、すべて一致の場合のみ


ヒットします

新着偉人(It's New)

新たに公開のイラストポートレートをご覧ください

0033フランス共和国出身
1728-1799を生きた化学者。ヘルモント(1579-1644)が発見した空気とは異なる気体を石灰や炭酸マグネシウムを熱した際、その重量が減少することを確認し、そこから消失した気体が二酸化炭素(当時の呼び名は固定空気)であることを発見した。これは1754年にDe Humore Acido a Cibis Orto et Magnesiaとして著されている。
【化学の部屋|ブラック】18世紀に活躍した世界の化学者③New!!
0049ドイツ連邦共和国出身
1742-1786を生きた化学者であり、バリウムやマンガンなどの元素や数多くの化合物を発見し報告した。また酸素ガスにおいて、1777年Chemical Treatise on Air and Fireとして著したがプリーストリーより2年遅れたため、発見者となっていない。プリーストリーより数年前にその酸素の存在を確認していたという。
【化学の部屋|シェーレ】18世紀に活躍した世界の化学者②

いらすとすてーしょん新キャラクター

館長

2022年より"いらすとすてーしょん"にお立ち寄りいただきありがとうございます

館長

さて本年いらすとすてーしょんの新キャラクターが誕生しました

館長

シューちゃんです

シューちゃんはいらすとすてーしょんのキャラクターです
シューちゃん

シュー(Syu)です
よろしくね

館長

3年目を迎えた2024年も皆様に役立つ世界の偉人たちをシューちゃんと共にフリーイラストポートレートをお届けします

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業78年を迎える栄光社HP新企画「イチオシ」と


いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」


コラボレーション
「イチオシ」で取り上げられた美術のその作者を


イラストポートレートで贈ります
皆様のお越しをお待ちしております

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery