パヴェル・ヴラニツキー Paul Wranitzky

ようこそ!フリーイラストポートレートと


歴史の停車場いらすとすてーしょん」へ
こちらのページでは【音楽家の部屋|ヴラニツキー

名だたる作曲家に匹敵する才能
をお楽しみください

ヴラニツキーイラストポートレートSyusuke Galleryより )

ヴラニツキーって

館長

今回はヴラニツキーさんのイラストポートレートをお届けしました

館長

ヴラニツキーさんは生涯を通じてウィーンの音楽シーンで重要な存在でした

館長

ではヴラニツキーさんについて、シューちゃんと共に探ってみたいと思います

シューちゃん

ヴラニツキーさんは、ハイドンさんやモーツァルトさんと肩を並べるほどの音楽家であったみたい

館長

確かに記録では、ハイドンさんやモーツァルトさん、そしてベートーベンさんもヴラニツキーさんを高く評価していたと残っているほどですから…

チェコ・モラヴィア出身

シューちゃん

そのヴラニツキーさんは、共に作曲家として活躍する弟のアントニンさんと生まれ故郷のチェコで音楽を学んだ

館長

オルガン、チェンバロ、ヴァイオリン…数々の楽器を青年期にはマスターされていたみたいですね

ウィーンへ

シューちゃん

そして20歳のころウィーンへ

館長

それから、その後の人生をウィーンで過ごしたのですね

シューちゃん

うん、ヴラニツキーさんはメキメキと頭角を現してウィーン音楽になくてはならない存在になる

ケルントナートール劇場、ブルク劇場のディレクターへ

館長

ヴラニツキーさんは、数々の宮廷音楽を任されて、ついにはTheater am Kärntnertor、そしてBurgtheater のディレクターになったとあります

シューちゃん

Theater am Kärntnertorはドイツ語で劇を行うことが多かったからドイツ劇場とも呼ばれていたよ

シューちゃん

一方、Burgtheaterはフランス・イタリアといった劇が主流の劇場だった

シューちゃん

でもレオポルト2世のお兄さんの、ヨーゼフ2世がBurgtheaterを「国民劇場にする!」と言ってその後のあり方も変わっていったみたいだけどね

館長

その後Theater am KärntnertorはWiener Staatsoper に吸収されています

シューちゃん

そんなわけでヴラニツキーさんはこの二つの劇場を任されて大忙し

レオポルト 2 世戴冠式

館長

そしてヨーゼフ2世からレオポルト2世へ世代交代のときですね

シューちゃん

レオポルト 2 世戴冠式でヴラニツキーさんの「オベロン」がGala Concertとして上演

館長

戴冠式での正式な公演に抜擢されるとはヴラニツキーさんへの信頼度の高さを感じますね

館長

ではお聞きいただきましょう

ヴラニツキー作 Oberon, König der Elfen

シューちゃん

この作品でヴラニツキーさんの名声はさらに高まるんだ

シューちゃん

その2年後のフランツ2世の戴冠式でもヴラニツキーさんが交響曲を献上したんだって

ブルク劇場を中心に指揮

館長

オーストリアの音楽シーンには欠かせない存在となっていたことがとてもよくわかりました

シューちゃん

そしてヴラニツキーさんは冒頭でも館長が指摘したように、ハイドンさんやモーツァルトさん、そしてベートーベンさんから、その音楽は高い評価だった

ハイドン

わたしの四季の指揮はヴラニツキーに頼んださ

1732-1809を生きた圧倒的な演奏時間と作曲数で交響曲の父と称される作曲家は、音楽が階級の高い人たちだけのものだった時代(バロック)から、市民にも手に届く時代(古典派)に活躍。そして楽曲形式のひとつ「ソナタ形式」を確立。
【音楽の部屋|ハイドン】市民による市民のための音楽をつくりました

ハイドン作 Die Jahreszeiten

モーツァルト

無二の友のヴラニツキーとわたしは同い年

1756-1791を生きた古典派音楽の天才作曲家は35歳で早世。父レオポルドの英才教育を受け、その才能をさらに開花。そして古典派音楽(交響曲)の父と称されたフランツ・ヨーゼフ・ハイドンとの出会いによって古典派音楽は絶頂期を迎える。
【音楽の部屋|モーツァルト】まさに天才作曲家
ベートーベン

わたしの交響曲第1番の指揮はヴラニツキーに依頼していますよ

1770-1827を生きた作曲家は交響曲,協奏曲,室内楽曲,ピアノ曲,声楽曲など,あらゆるジャンルにわたり作品を手がけた。ドイツ3B(ドイツを代表する大作曲家「バッハ」「ブラームス」そして「ベートーベン」)の一人。
【音楽の部屋|ベートーベン】散歩と引越し好きのドイツ3Bの一人

ベートーベン作 Symphony No. 1

館長

偉大な作曲家たちがこぞってヴラニツキーさんと交流し、そして自身の作品の指揮を依頼するほど、その実力と親しみが溢れていたのだと感じます

シューちゃん

現在はヴラニツキーさんの名前をあまり聞かないけど、その音楽は今後注目されているかもね

館長

そういえばヴラニツキーさんに対するこんな情報サイトもございます

館長

詳しい情報と、そのボリュームたっぷりのHPです
今回いらすとすてーしょんでも参考にさせていただきました

館長

いかがでしたか?

館長

さて今回はパヴェル・ヴラニツキーを取り上げさせていただきました

館長

いらすとすてーしょんでは西洋音楽を彩ってきた音楽家を…

館長

これからもご紹介していきます

館長

どうぞお楽しみに!

音楽家・新着偉人(It's New)はこちらから

0089中華人民共和国出身
1920-2014を生きた歌手であり俳優。1938年満洲映画協会から中国人専属俳優とした李香蘭という芸名でデビューし日本や満州国で大人気となる。それは誰もが中国人スターと信じてやまなかった。終戦後、日本に帰国してからは山口淑子として銀幕、舞台で俳優、歌手として活躍。参議院議員として3回当選を果たしている。
【音楽の部屋|山口淑子(李香蘭)】ブギウギ放送記念⑤
01北海道
1924-2010を生きた歌手であり俳優。1929年に子役デビューし、俳優としての才能をすぐさま発揮し人気を博す。戦前後に数々のスクリーンに登場し活躍した。歌手としては1949年公開の主題歌カンカン娘で大ヒットを果たす。引退後はエッセイスト、脚本家として活躍した。
【音楽の部屋|高峰秀子】ブギウギ放送記念④
13東京都
1910-1998を生きた映画監督。画家になることを夢見たが、現在の東宝に入社し1943年姿三四郎で映画監督デビュー。戦後は敗戦国の姿とヒューマニズムを掛け合わせた作品で、生きることをフィルムに込めた。それは中学時代に読み漁ったロシア文学、その中でもドストエフスキーの影響があったとされている。
【映画監督の部屋|黒澤 明】ブギウギ放送記念③
28兵庫県
1889-1950を生きた経営者であり興行師。夫、泰三を共に大阪天満にて寄席興行をはじめ、後の吉本興業を興す。それは大阪の演芸界に革新を起こし、現在も大阪生まれの独自路線で人気を博している。
【経営者の部屋|吉本せい】ブギウギ放送記念②

音楽家の部屋へようこそ


出身国別、都道府県でお届けしています

イラストポートレートSyusukeGallery音楽家の部屋Musicologist
音楽家の部屋 Musicologist

音楽家の部屋Musicologistへようこそ。SyusukeGalleryよりイラストポートレートをお届けさせていただきます。

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート

    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー

    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は

    右クリックなどでイラストポートレートを

    保存いただけます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」にアップしている全イラストポートレートが

    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)は「いらすとすてーしょん」の独自にピックアップした偉人たちを日替わりで紹介しております
  • 都道府県・国、そして出生年別などは、サイトマップ検索ボックスをご活用ください

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に


複数入力された場合は、すべて一致の場合のみヒットします

新着偉人(It's New)

新たに公開のイラストポートレートをご覧ください

0020エジプト・アラブ共和国出身
1946-2016を生きた化学者。フェムト秒レーザーを用いた化学反応研究の第一人者であり、フェムト秒(10のマイナス15乗秒)という極めて短い時間スケールで、分子の動きを観測することに初めて成功した。このことから化学反応の過程を時間的に詳細を解明し、化学反応のメカニズムに関する新たな知見を次々と明らかにすることでフェムト化学という新しい分野を確立した。この功績により1999年にはノーベル化学賞を受賞している。
【化学の部屋|ズウェイル】20世紀に活躍した世界の化学者XⅫNew!!
0001アメリカ合衆国出身
1944-2019を生きた化学者であり生化学者。微量DNA(デオキシリボ核酸)からその塩基配列を決定するポリメラーゼ連鎖反応PCR(Polymerase Chain Reaction)法を開発し、現在でも病気の診断や犯罪捜査などに幅広く活用されている。この業績により1993年ノーベル化学賞を受賞した。
【化学の部屋|マリス】20世紀に活躍した世界の化学者ⅩⅪ

いらすとすてーしょん新キャラクター

館長

2022年より"いらすとすてーしょん"にお立ち寄りいただきありがとうございます

館長

さて本年いらすとすてーしょんの新キャラクターが誕生しました

館長

シューちゃんです

シューちゃんはいらすとすてーしょんのキャラクターです
シューちゃん

シュー(Syu)です
よろしくね

館長

3年目を迎えた2024年も皆様に役立つ世界の偉人たちをシューちゃんと共にフリーイラストポートレートをお届けします

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業78年を迎える栄光社Web page新企画「イチオシ」と


いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」


コラボレーション
「イチオシ」で取り上げられた美術のその作者を


イラストポートレートで贈ります
皆様のお越しをお待ちしております

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery