ルカ・マレンツィオ Luca Marenzio

ようこそ!フリーイラストポートレートと


歴史の停車場いらすとすてーしょん」へ
こちらのページでは【音楽家の部屋|マレンツィオ

伊出身・後期マドリガーレの巨匠


をお楽しみください

マレンツィオ

イラストポートレート(Syusuke Galleryより )

イタリア・ルネサンス期の音楽

16世紀イタリア

館長

今回はマレンツィオさんのイラストポートレートをお届けしました

館長

マレンツィオさんといえば、イタリア出身のマドリガーレの巨匠

館長

そこでイタリアでマドリガーレが流行した軌跡を綴っていきたいと思います

館長

実は16世紀のイタリア音楽は絵画ほど芸術の分野で世界に発信してなかったようです

ヴェネツィアは交易の要所

館長

そのイタリアのヴェネツィアは交易の要所であり人の往来が多くありました

館長

人が集まれば教会は賑わい、土地は潤う

館長

そしてかつて栄華を誇っていたサン・マルコ寺院

館長

そのサン・マルコ寺院の楽団長にベルギー出身のウィラートが就任します

エイドリアン・ウィラート登場

ウィラート

エイドリアン・ウィラートです

c.1490-1562を生きたヴェネツィア楽派の作曲家。ヴェネツィアのサン・マルコ大聖堂の楽長となり終生この職を務めた.宗教曲を中心に,器楽曲など多くの曲を残す。その代表モテット作品は「O magnum mysterium」でテクスチュアルな豊かさを放っている。
【音楽の部屋|ウィラート】ヴェネツィア楽派の祖
館長

ウィラートは元々フランドル楽派の大家でした
※アルプス以北のブルゴーニュやフランドルを中心としてルネサンス音楽を牽引

館長

フランドル楽派こちらのイラストポートレートページをご参照ください

1562-1621を生きた作曲家。フランドル楽派最後の巨匠と位置付けられており、詩篇やモテットなど数多くの作品を残した。またオランダ国内にとどまらず、北ヨーロッパにその名を響かせ、特に多くのドイツ人オルガン奏者を育て上げた功績により「ドイツのオルガニスト育成の父」と称されている。また単一主題と三部構成から成るファンタジアは、のちのバロック期に人気を博したフーガへ発展したとされる。
【音楽の部屋|スウェーリンク】フランドル楽派最後の巨匠
館長

そうして活動の拠点を求めてフランドル楽派がイタリアに向かいました

館長

このフランドル楽派によってもたらされた音楽がイタリアで大きく成熟していきます

ヴェネツィア楽派

館長

そのウィラートがヴェネツィア楽派を形成しました

館長

そのウィラートがヴェネツィア楽派を形成しました

館長

一方でローマはルターの唱えた宗教改革に異を呈してカトリック教会音楽を継続していました

館長

一方でローマはルターの唱えた宗教改革に異を呈してカトリック教会音楽を継続していました

館長

その中心人物は誰もが知る作曲家ジョヴァンニ・ダ・パレストリーナです

ローマ楽派

館長

これこそがローマ楽派と現在呼ばれています

ジョヴァンニ・ダ・パレストリーナ

パレストリーナ
館長

さて、ここからフィレンツェに場所を移します

マレンツィオ

待っていました!

館長

フィレンツェはと言うと…

館長

教会音楽とは異なったジャンルが流行

マレンツィオ

いわゆる世俗音楽です

マドリガーレ

館長

その世俗音楽の代表格がマドリガーレでしょうか

マレンツィオ

マドリガーレの歴史は先ほどのウィラートが祖とも言われています

館長

このマドリガーレが最も流行したのがここフィレンツェ

館長

そして16世紀後半でした

フィリップ・デ・モンテ登場

館長

その16世紀後半のマドリガーレを築いたのがベルギー出身のモンテさんです

1521-1603を生きた作曲家。神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世とその後継者ルドルフ2世時の宮廷音楽家としてその名を馳せた。そしてマドリガーレ後期のマドリガル作曲を司り、当時最も多くの作品を残した。その数は1100曲以上とも伝わっている。
【音楽の部屋|モンテ】後期マドリガーレの巨匠
館長

ちなみにモンテさんのポートレートページでマドリガーレの紹介も行っておりますのでご参考にしてください

館長

このフィレンツェで流行したマドリガーレこそ

フィレンツェ楽派

館長

フィレンツェ楽派と呼ばれています

館長

そしてこのフィレンツェ楽派を率いた母国イタリア出身の作曲家こそマレンツィオさんでした

マレンツィオ

やっとわたしの名が出てきましたか!

マレンツィオ

それまでのマドリガーレはモンテさんなど、外国人の方によって作曲されていましたが…

マレンツィオ

ようやくわたしのようなイタリア人作曲家によって作品が届けられるようになりました

マレンツィオ

そしてマドリガーレは最盛期を迎えることになります

館長

今回はイタリア・ルネサンス期の音楽を取り上げさせていただきました

館長

ローマ、ヴェネツィア、フィレンツェと16世紀のイタリア音楽の軌跡はいかがでしたか?

館長

いらすとすてーしょんでは西洋音楽を彩ってきた音楽家を…

館長

これからもご紹介していきます

館長

どうぞお楽しみに!

音楽家・新着偉人(It's New)はこちらから

0039イタリア共和国出身
1525-1594を生きた作曲家。ルターの唱えた宗教改革以降、伝統か改革かを迫られたローマ・カトリック教会音楽。その高位聖職者の心を掴んむ歌詞を重視したポリフォニーでカトリック宗教音楽界の頂点に達した。晩年には最高傑作と称えられるCanticum Canticorum を1584年に完成させた。モテットをベースに当時の権力者であったローマ教皇への進言でもあったとされる作品とされる。
【音楽の部屋|パレストリーナ】ポリフォニー作曲の巨匠
0034スペイン王国出身
1582-1643を生きた作曲家。独自のポリフォニーをスペインバレンシアに開花させ、ミゼレーレ(Psalm 51)を18声以上で書き上げた。スペイン伝統のフラメンコにおける2つのパートで構成されていたビジャンシーコを3つのパートで構成する画期的な変革をおこなったことでもその名を残している。
【音楽の部屋|コメス】ビジャンシーコに変革をもたらした作曲家
0049ドイツ連邦共和国出身
1585-1672を生きた作曲家。留学先のヴェネツィア楽派ジョヴァンニ・ガブリエリに師事、帰国後宮廷音楽の発展に尽力した。ドイツ語で表現したPsalmen Davidsを1619年に発表。ヴェネツィア楽派由来の豊麗な複合唱様式をドイツ・プロテスタント教会音楽に定着させたことは特筆する偉業であった。またドイツにおける最初のオペラと伝わるシュッツ作のダフネはオペラと呼べる作品であったかについて現在検証されている。
【音楽の部屋|シュッツ】大バッハへ繋ぐドイツ音楽の父
0039イタリア共和国出身
1583-1643を生きた作曲家。サン・ピエトロ大聖堂オルガニストとして生涯活躍し、新たなカンツォーナやトッカータを表現し、初期バロック音楽の草分けとなる。フレスコバルディを師と仰いだフローベルガー(1616-1667)の流れを南ドイツ・オルガン楽派と呼ばれている。
【音楽の部屋|フレスコバルディ】南ドイツ・オルガン楽派の祖

音楽家の部屋へようこそ


出身国別、都道府県でお届けしています

イラストポートレートSyusukeGallery音楽家の部屋Musicologist
音楽家の部屋 Musicologist

音楽家の部屋Musicologistへようこそ。SyusukeGalleryよりイラストポートレートをお届けさせていただきます。

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート


    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー


    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は


    右クリックでイラストポートレートが


    保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」に
    アップしている全イラストポートレートが


    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日


    「いらすとすてーしょん」より独自に


    ピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも


    確認できるのでサイトマップや検索ボックスから


    どうぞ(サイトマップ

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に


複数入力された場合は、すべて一致の場合のみ


ヒットします

新着偉人(It's New)

新たに公開のイラストポートレートをご覧ください

0044英国出身
1877-1956を生きた化学者。放射性元素の研究を通じてアルファ・ベータ・ガンマ崩壊の各過程を明らかにし、放射性崩壊のメカニズムを解明した。また同位体の概念を提唱し、1921年ノーベル化学賞を受賞。第一次世界大戦以降、核エネルギーの軍事利用の可能性を指摘し、科学者の責任や教育のあり方に関する哲学的考察を深めた。これらの業績は現代の核物理学や放射医学の基礎となり放射化学の父と称されている。
【化学の部屋|ソディ】20世紀に活躍した世界の化学者⑩New!!
0049ドイツ連邦共和国出身
1876-1954を生きた化学者。ジエン反応の発見と研究により、1950年に教え子のKurt Alder(1902-1958)とともにノーベル化学賞を受賞。このディールス・アルダー反応は、有機合成化学における重要なツールとなり、多くの複雑な分子の合成を可能にした。
【化学の部屋|ディールス】20世紀に活躍した世界の化学者⑨

いらすとすてーしょん新キャラクター

館長

2022年より"いらすとすてーしょん"にお立ち寄りいただきありがとうございます

館長

さて本年いらすとすてーしょんの新キャラクターが誕生しました

館長

シューちゃんです

シューちゃんはいらすとすてーしょんのキャラクターです
シューちゃん

シュー(Syu)です
よろしくね

館長

3年目を迎えた2024年も皆様に役立つ世界の偉人たちをシューちゃんと共にフリーイラストポートレートをお届けします

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業78年を迎える栄光社Web page新企画「イチオシ」と


いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」


コラボレーション
「イチオシ」で取り上げられた美術のその作者を


イラストポートレートで贈ります
皆様のお越しをお待ちしております

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから