ラザロ・スパランツァーニ Lazzaro Spallanzani

ようこそ!フリーイラストポートレートと


歴史の停車場いらすとすてーしょん」へ
こちらのページでは【生物学者の部屋|ラザロ・


スパランツァーニ】自然発生説は間違いだった



をお楽しみください
※スパランツァーニ 自然発生説は間違いだったは


生物学者の部屋
よりお届けします

ラザロ・スパランツァーニ


イラストポートレート(Syusuke Galleryより

生物学者・新着偉人(It's New)はこちらから

0031ネーデルランド(オランダ)王国出身
1637-1680を生きた博物学者であり医学者、解剖学者。顕微鏡を用いて様々な生物(特に昆虫)の組織を観察し、微細に図解を残す。昆虫の変態、発生、形態、生態についての観察を行い1669年に出版したHistoria Insectorum Generalisを緒し、昆虫学の父と称される。また赤血球を顕微鏡で観察を行い記述したことでも名を残している。
【生物学者の部屋|スワンメルダム】ミクロスコープの申し子
0001アメリカ合衆国出身
1851-1931を生きた博物学者。新種の魚を発見、研究に従事しAmerican Fisheries Society(アメリカ魚類学会)創設メンバーの1人。またスタンフォード大学初代学長として同校の発展と教育に大きな役割を果たす。
【生物学者の部屋|ジョーダン】魚愛に満ちた巨星
0049ドイツ連邦共和国出身
1850-1924を生きた生物学者。発生生物学の分野においてEntwicklungsmechanik(発生メカニクス)を提唱。実験発生学を取り入れ、その研究成果から器官形成説を提唱。その後の発生学の礎を築いた。
【生物学者の部屋|ルー】実験発生学の祖
0049ドイツ連邦共和国出身
1834-1914を生きた生物学者。生物の体細胞と生殖細胞(卵子や精子など)が異なる細胞系統を持ち、体細胞の変化が遺伝情報を生殖細胞に影響を及ぼすことはないというThe Germ Plasm Theoryを提唱。これによりチャールズ・ダーウィン「種の起源(On the Origin of Species)」を発展させ個体の変異が環境に適応し、その適応した特性が次世代に遺伝することによって進化が進んでいくという考えを示した。
【生物学者の部屋|ヴァイスマン】Next Charles Darwin
0049ドイツ連邦共和国出身
1810-1882を生きた生理学、生物学者であり医師。すべての生物は基本的な構造単位である「細胞」から構成されるという細胞理論をMicroscopical Researches into the Accordance in the Structure and Growth of Animals and Plants(1839)に発表。細胞が生物学的な基本単位であることを明らかにした。
【生物学者の部屋|シュワン】細胞を発見しました
0033フランス共和国出身
1744-1829を生きた自然史をライフワークとした博物学者。動物を脊椎の有る無しによる分類で無脊椎動物の分野を確立、またこの無脊椎動物と共に生物学という言葉を使ったことでも名を残している。
【生物学者の部屋|ジャン=バティスト・ラマルク】生物学の名付け親
0044英国出身
1825-1895を生きた自然史をライフワークとした博物学者。生物学を主とし、C.ダーウィン進化論を最も支持。その姿から「Darwin's Bulldog」との異名がつくほどであった。またヒトも進化の過程を経て存在していると持論を展開し、世界へ進化論を広めた。
【生物学者の部屋|トーマス・ヘンリー・ハクスリー】C.ダーウィンのブルドッグ?
0044英国出身
1823-1913を生きた自然史をライフワークとした博物学者。調査地としてアマゾン、マレーと渡り標本収集にあたり、生物地理学を唱える。またC.R.ダーウィンの友人であり、共に進化論として自然選択(淘汰)、分岐進化を発表。ダーウィンと並びその功績を残す。
【生物学者の部屋|ルフレッド・ラッセル・ウォレス】C.ダーウィンと共に進化論提唱
0064ニュージーランド出身
1916-2004を生きた生物学者はジェームス・ワトソン、フランシス・クリックと共にDNAは円形で中央の2本の線が交叉する形をしている(二重らせん構造)ことを突き止め、1962年ノーベル生理学・医学賞を受賞。
【生物学者の部屋|モーリス・ウィルキンス】私も忘れないでDNA二重らせん構造発見

植物学者・新着偉人(It's New)はこちらから

0044英国出身
1809-1882自然史に精通した博物学者。海軍測量船「ビーグル号」で南半球を航海しその寄港した土地の地質、動植物を調査し、のちの自然選択に基づく「種の起源」として進化論を著した。
【植物学者の部屋|チャールズ・ダーウィン】進化論といえば私
0033フランス共和国出身
1707-1788を生きた自然史をライフワークとした博物学者。1739年よりJardin des plantes(パリ植物園)のディレクターとなり、世界中の植物を収集、フランス植物学の礎を築いた。ビュフォンの編纂書Histoire Naturelleへ進化について言及し、進化論の先駆者として考えられている。
【植物学者の部屋|ビュフォン】Jardin des plantesの開拓者
0044英国出身
1817-1911を生きた医師であり探検家であり植物学者。極地探検家ロス隊の帯同医師として南極探検に参加。植物学者であった父の影響もあり南極地方の植物をまとめたFlora Antarcticaを発表。またC.ダーウィンの親友であり、妻はその師匠であるヘンスローの息女。
【植物学者の部屋|ジョセフ・ダルトン・フッカー】C.ダーウィンの親友
0044英国出身
1731-1802を生きた自然史に精通した医師であり植物分野ではリンネが提唱した分類植物学を「The Botanic Garden(植物の園)」をロマン主義文学として著し社会の注目を集めた。また進化論を著したチャールズ・ダーウィンの祖父としても名を残している。
【植物学者の部屋|エラスムス・ダーウィン】C.ダーウィンの偉大な祖父
0044英国出身
1796-1861を生きた自然史をライフワークとした博物学者。植物学の分野では英国における植物標本館の創設に尽力。またケンブリッジ大学教授として、C.R.ダーウィンの師として名を残している。
【植物学者の部屋|ジョン・スティーブンス・ヘンズロー】C.R.ダーウィンの師
0044英国出身
1627-1705を生きた自然史をライフワークとした博物学者。植物学の分野では種の分類学概念を提唱し種子(顕花)植物である単子葉植物、双子葉植物の分類、そして胞子(隠花)植物の同定を行う。そして約二万種の植物を掲載したHistoria plantarumを著しました。
【植物学者の部屋|ジョン・レイ】単・双子葉を分類しました
0041スイス連邦出身
1516-1565を生きた自然史をライフワークとした博物学者。中でも植物学大全(Opera botanica)は約1500点もの自ら描いた植物図を掲載。世界の植物学者に影響を与える。また世界文献目録を発表し書誌学の基礎を築いたことでも名を残している。
【植物学者の部屋|コンラート・ゲスナー】1500年代に1500点もの植物図
37香川県
1880-1971を生きた日本初の女性博士号(理学博士)を授与された植物学者。晩年にはこちらも日本初の女性紫綬褒章が贈られる。
【植物学者の部屋|保井コノ】日本人女性初の科学論文&博士授与
20長野県
1865-1939を生きた教育者であり、日本における高山植物研究の第一人者は高山植物を中心とした写真家でもあった。そして高山植物のロックガーデンを日本で初めて試みたとされている。
【植物学者の部屋|河野齢蔵】高山植物研究の第一人者は校長先生!?
39高知県
1862-1957を生きた「植物学の父」は生涯に収集した標本は約40万枚、蔵書は約4万5千冊を数え、新種や新品種など約1500種類以上の植物を命名。日本植物分類学の基礎を築いた一人。「牧野日本植物図鑑」は現在も植物学のバイブルです。
【2023朝ドラは私|牧野富太郎】9月推し偉人 なんと生涯に収集した植物標本は40万枚!?
23愛知県
1803-1901を生きた愛知県出身の日本初の理学博士は幕末から明治期の本草学者・蘭学者・博物学者・医学者。日本初の理学博士。男爵。「雄しべ」「雌しべ」「花粉」という言葉を作ったことでも知られる。
【植物学者の部屋|伊藤圭介】雄しべ・雌しべ・花粉という言葉を創った男

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート


    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー


    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は


    右クリックでイラストポートレートが


    保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」に
    アップしている全イラストポートレートが


    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日


    「いらすとすてーしょん」より独自に


    ピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも


    確認できるのでサイトマップや検索ボックスから


    どうぞ(サイトマップ

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に


複数入力された場合は、すべて一致の場合のみ


ヒットします

新着偉人(It's New)

新たに公開のイラストポートレートをご覧ください

0046スウェーデン王国出身
1735-1784を生きた化学者。ウプサラ大学で鉱物と化学研究を行った。シェーレの指導教授として酸素発見の道をひらくも、論文の推敲が遅れたことが、プリーストリーの後背となった原因とも囁かれている。
【化学の部屋|ベリマン】18世紀に活躍した世界の化学者④New!!
0033フランス共和国出身
1728-1799を生きた化学者。ヘルモント(1579-1644)が発見した空気とは異なる気体を石灰や炭酸マグネシウムを熱した際、その重量が減少することを確認し、そこから消失した気体が二酸化炭素(当時の呼び名は固定空気)であることを発見した。これは1754年にDe Humore Acido a Cibis Orto et Magnesiaとして著されている。
【化学の部屋|ブラック】18世紀に活躍した世界の化学者③

いらすとすてーしょん新キャラクター

館長

2022年より"いらすとすてーしょん"にお立ち寄りいただきありがとうございます

館長

さて本年いらすとすてーしょんの新キャラクターが誕生しました

館長

シューちゃんです

シューちゃんはいらすとすてーしょんのキャラクターです
シューちゃん

シュー(Syu)です
よろしくね

館長

3年目を迎えた2024年も皆様に役立つ世界の偉人たちをシューちゃんと共にフリーイラストポートレートをお届けします

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業78年を迎える栄光社HP新企画「イチオシ」と


いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」


コラボレーション
「イチオシ」で取り上げられた美術のその作者を


イラストポートレートで贈ります
皆様のお越しをお待ちしております

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery