【探究ネタ】「アンド゙゙゙レアス・ヴェサリウス」医学界ルネサンスの扉を開く 世界史から見た偉人たち

日本における解剖学の歴史は…

1706-1762を生きた日本における解剖学の祖、日本において人体解剖を幕府の許可を得て実施

山脇東洋 Touyou Yamawaki

今の京都府亀岡市出身。当時江戸幕府は人体解剖を行うことを禁止していたんだけど、同じ藩出身の京都所司代よりよしみの甲斐あり、日本で最初の許可を得た人体解剖を1754年行った。

どうじて山脇氏は解剖にこだわったのか?
その経緯は当時日本に輸入された最初の解剖学書「解剖学の体系」ヨハネス・ヴェスリング著(1641年発行)を見て、東洋医学の五臓六腑に疑問を持ったこと。あまりにいまの知識と違いすぎた。

ちなみにヴェスリング著「解剖学の体系」より70年以上も前に医学界に衝撃を与えたのが、今回イラストポートレートで紹介したヴェサリウス著(1568年)「人間の身体の構造」であったんだ。

こうみると日本における解剖学は世界から遅れること200年であったけど、山脇東洋の偉業から一気に日本における医学はルネサンスの扉を開いていくんだね。

1762-1848を生きた日本西洋医学における眼科医の祖、白内障手術の成功

土生玄碩 Genseki Habu

日本で最初の眼球解剖を行い、1827年(推定)白内障手術を成功させる偉業を江戸時代後期に成し遂げた玄硯。生まれは現在の広島県安芸高田市。

広島藩藩医から江戸幕府奥医師となって当時の医術の最高権威者の一人となった偉人。

この白内障の手術に用いた散瞳薬をシーボルトから教えてもらう代わりに国禁を渡してしまう、いわゆる「シーボルト事件」。でもこのお陰で日本の眼科学は開花を告げる。

今回は解剖学について触れてみました
解剖って聞くと「ぞっ」としますよね
でもこの解剖が行われて、そして正確になってきて、医学は発展してきたんだ
いまでも亡くなったあとに病理解剖とか、献体とか、医学の発展や教育のために続いているよ

世界の医学医術に携われた偉人たち・新着偉人(It's New)はこちらから

日本の医学医術に携われた偉人たち・新着偉人(It's New)はこちらから

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょん

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレートでお楽しみください
  • イラストポートレートを画面上でタップいただきますと浮き上がってきます(PC・タブレットの場合はその画面内でもう一度タップすると画像のみとなります)
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリーでご活用いただけます(プライバシーポリシーはこちらから
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は右クリックでイラストポートレートが保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」にアップしている全イラストポートレートが確認できます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日「いらすとすてーしょん」より独自にピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも確認できるのでサイトマップや検索ボックスからどうぞ(サイトマップはこちらから

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に複数入力された場合は、すべて一致の場合のみヒットします
※各文字黄色のアンダーバーはタップしますとリンク先に移動します

新着偉人(It's New)

今月の推し偉人

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業76年を迎える栄光社HP新企画「イチオシ」と、いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!「イチオシ」で取り上げられた美術を、そのイラストポートレートで贈る作者と共にぜひご堪能ください。

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery

サイトマップ