ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル George Frideric Handel

ようこそ!フリーイラストポートレートと


歴史の停車場いらすとすてーしょん」へ
こちらのページでは【音楽家の部屋|ヘンデル

屋外コンサートは船遊びで
をお楽しみください

ヘンデル イラストポートレート(Syusuke Galleryより )

ヘンデルって

館長

今回はヘンデルさんのイラストポートレートをお届けしました

館長

そのヘンデルさんはオラトリオで特に高い業績を残されました

オラトリオについて

館長

まずはオラトリオについて探ってみましょう

館長

ここからシューちゃん、お願いします

オペラとの違いは?

シューちゃん

まずはオラトリオとオペラの違いだね

シューちゃん

一般的にはね

シューちゃん

オラトリオは伴奏のもとで独唱と合唱のための作品

シューちゃん

テーマは宗教的なものを通常は扱う

シューちゃん

そして舞台演出は無いんだ

館長

そう言われれば、オペラは神話や物語を舞台で登場人物が踊ったり歌ったりしているから、なんとなく違いがわかるような気がします

シューちゃん

上演は教会などで、もちろん舞台は必要ないよね

館長

オペラは舞台が必要ですものね

シューちゃん

簡単にいうとこんな違いがあると思うよ

最初はオペラ作品を手がけたヘンデル

館長

そんなヘンデルさんはオペラに関心を寄せていたのですよね

シューちゃん

ヘンデルさんはもちろん、オペラ作品を数々残しているよ

シューちゃん

イタリア留学時はオペラ・ブッファで成功を収めている

シューちゃん

そして初めて英国の地を訪れたヘンデルさんはRinaldoで 1711年に大成功

ヘンデル作 Rinaldo HWV 7 Collegium

シューちゃん

この作品はイタリア仕込みのヘンデルさんの満を辞した英国に届けたオペラ

館長

当時のアン王女もRinaldoを大絶賛したとお聞きしたことがあります

1665-1714を生きた現在の英国における最初の女王は、家族、そして友人との関係で波乱の人生を歩んだ。度重なる出産もいずれも成人できず不運の母でもあった。
【探究ネタ】「Anne Stuart アン・ステュアート」世界史から見た偉人たち
シューちゃん

そして英国に一大オペラブームを巻き起こすんだ

シューちゃん

それからアン王女からジョージ1世に代替わり

ヘンデル王室楽長へ

シューちゃん

その新国王ジョージ1世のもと、王室楽長の地位になる

館長

そして有名なWater Musicが生まれるのですね

シューちゃん

その通り!

ジョージ1世からの依頼

シューちゃん

ジョージ1世からテムズ川の川下りの舟遊びのための音楽を作るようヘンデルさんは依頼を受ける

シューちゃん

いろいろ政治的な背景があったみたいだけど…

シューちゃん

とにかくヘンデルさんにとっては絶好のチャンス

館長

国王と、英国国民の信頼を得るためにですよね

シューちゃん

その絶好のチャンスをヘンデルさんは掴んだ

館長

それが組曲のWater Music

シューちゃん

50人ともいわれる奏者はテムズ川の舟上に

シューちゃん

つまりテムズ川一体が野外コンサート会場

シューちゃん

音を響かすためにホルン、ファゴット、トランペットなど屋外でも響き渡る楽器をふんだんに用いる

シューちゃん

そして英国音楽シーンでよく見られたホーンパイプをはじめヨーロッパ各地の舞曲もWater Musicに取り入れた

館長

では聞いてみましょう!

ヘンデル作 Water Music

シューちゃん

1717年に初演され、ヘンデルさんは国王と国民の信頼を得ることに成功

シューちゃん

その後、ロイヤル音楽アカデミー創立などヘンデルさんは大忙し

シューちゃん

そしてヘンデルさんはジョージ1世の亡くなる1727年に英国に帰化

館長

順風満帆というところでしょうか

シューちゃん

ところが雲行きが怪しくなる

シューちゃん

ロイヤル音楽アカデミーの運営は大赤字

The Beggar's Operaの大ブーム

シューちゃん

そして極め付けは1728年のThe Beggar's Operaの大ブーム

ゲイ作 The Beggar's Opera

館長

これもオペラですよね?

シューちゃん

そう、詩人であり劇作家のJohn Gay(1685-1732)の作品なんだけど…

シューちゃん

バラード・オペラという英国独自のオペラというジャンルが誕生

シューちゃん

これは英語で書かれたオペラで意味もわかるし面白いと大評判

シューちゃん

一方でヘンデルさんのイタリア・オペラは退屈だぁと不満が勃発

館長

なるほど!

アカデミー活動停止

館長

これにより経営不振も相まって、ヘンデルさんのアカデミーは活動停止に追い込まれたのですね

シューちゃん

1711年にRinaldoで成功を収めたヘンデルさんのオペラは事実上1728年に幕を下ろしたって見方もあるよ

シューちゃん

その後も政治的背景も重なりながらも、オペラを描き続けていたヘンデルさん

シューちゃん

でもオペラは英国で支持されなくなって、完全にオペラは1737年ごろには意気消沈となる

館長

あれっ?ヘンデルさんのオラトリオ作品はいつ登場するのですか?

シューちゃん

ここからヘンデルさんは起死回生の人生が待ってたんだ

オラトリオで起死回生

シューちゃん

オペラがダメならオラトリオで勝負だ!

シューちゃん

と、鼻息を荒らすヘンデルさん

シューちゃん

その転機がようやく訪れたのが1741年

シューちゃん

アイルランドのダブリンで公演依頼が舞い込みヘンデルさんの存在感が急上昇

シューちゃん

その勢いに乗じて、1742年に1ヶ月足らずで書き上げたとされるオラトリオ作品Messiah

ヘンデル作 Messiah

シューちゃん

このオラトリオ作品で完全復活をヘンデルさんは果たした

シューちゃん

その後のJudas Maccabaeus(1746)もMessiahに次ぐ大ヒット

ヘンデル作 Judas Maccabeus

シューちゃん

これは、カロデンの戦いで勝利したウィリアム王子に贈られたオラトリオ

シューちゃん

このYouTubeの1:00:15~のSee the conquering hero comesって聞いたことあるよね

館長

あっ!表彰式のときにながれるあの曲ですね

館長

こんなに身近な曲が、王子に贈られたオラトリオだったとは!

シューちゃん

そうしてオラトリオで錦を飾ったヘンデルさんは、1759年74歳でこの世を去る

館長

いまでもヘンデルさんの作品を耳にする機会が多いのは、やはり偉大な作曲家だった証と思います