2022年3月に公開スタートフリーイラストポートレートと


歴史の停車場
いらすとすてーしょん」に


お立ち寄りいただきありがとうございました
2023年も独自のタッチで描いた


フリーイラストポートレートを


どうぞお楽しみください

大隈重信 Shigenobu Ōkuma

ようこそ!フリーイラストポートレートと


歴史の停車場
いらすとすてーしょん」へ
こちらのページでは【内閣総理大臣の部屋|大隈重信】


第8・17代(通算在職日数1040日)



をお楽しみください

大隈重信イラストポートレート(Syusuke Galleryより

国会議事堂正面
国会議事堂正面

2022年没後100年、そして明日に向けて

佐賀七賢人

つねたみ

佐野常民です

つねたみ

えっ?わたしは誰かって??

つねたみ

蒸気船やら、海軍を作ったり…

つねたみ

元々は洪庵先生の適塾や玄朴先生の
像先堂塾などで医学を学んでいました

つねたみ

あとは日本赤十字社を創始したことでも名を残しています

41佐賀県
1822-1902を生きた日本赤十字社創始者。佐賀の七賢人とも称えられる
【医学の部屋|佐野常民 Tsunetami Sano】日本赤十字社創始者

特別ゲスト緒方洪庵登場

つねたみ

これはこれは緒方洪庵先生!

こうあん

今日は早いもので2022年も大晦日を迎えましたなあ

つねたみ

ほんと、1年は早いですね

こうあん

さてさて、今回の主人公は大隈重信氏でっしゃろ

つねたみ

そう大隈重信氏なんですよ

こうあん

そないよって、お主が同郷のよしみで
登場してきたんやな

つねたみ

佐賀には七賢人って呼ばれている
佐賀県出身の7人がおりまして…

こうあん

なんと!お主と大隈重信氏もその七賢人の一人なんや

つねたみ

ちなみにあと5名は…

鍋島直正、島義勇、副島種臣、
大木喬任、江藤新平なんですよ

こうあん

幕末から明治期にかけて活躍した
佐賀県出身の偉人たち

つねたみ

その七賢人の一人で内閣総理大臣に2度、
そして早稲田大学をつくった大隈重信氏を
2022年最後に登場いただいたんです

こうあん

なんで2022年の大晦日を選んだん?

大隈重信2022年没後100年

つねたみ

大隈重信が亡くなったのが
今年から遡ること100年前

こうあん

つまり1922年ってことなん?

つねたみ

そうなんです

もう少し詳しく記すと
1922年1月10日4時38分に
いまの大隈庭園にあった私邸で
お亡くなりになりました

こうあん

2022年は没後100年やったんや

つねたみ

100年経ったいまでも、
大隈重信人気は衰えない…
どころかまだまだその名を
響かせていますよ

こうあん

ほんまやの。

東京メトロでは
大隈重信スタンプラリーを実施してたで

つねたみ

これですね

明治5年(1872年)10月14日、新橋~横浜間に日本で最初の鉄道が開通したことを記念し、毎年10月14日は「鉄道の日」と定められております。今年はこの鉄道開業150年を記念して、東京メトロと佐賀県が協力して、佐賀県出身で日本初の鉄道を走らせるために貢献した大隈重信ゆかりの地を巡るスタンプラリーで、国会議事堂前駅、護国寺駅、早稲田大学歴史館(最寄り早稲田駅)および港区立郷土歴史館(最寄り白金台駅)の計4箇所に大隈重信がデザインされたオリジナルスタンプを設置。

2022年は鉄道開業150周年

こうあん

ほんま、2022年は
鉄道開業150周年の記念の年やな

つねたみ

大隈重信氏は鉄道敷設に
伊藤博文氏と共に尽力して、
見事に今から150年前の
1872年に品川-横浜間で
鉄道の運転が開始されたんです

こうあん

鉄道開業150周年ということで
注目度が高かったんや

人生125歳説?

つねたみ

あと、大隈重信氏は常日頃から
「人生125歳説」を語っていたんですよ

こうあん

今、日本では人生100年時代なんて
言ってはるけど…25年も多い125歳かぁ?

つねたみ

100年も前から人生125歳と
考えていたんですから、
壮大な見識というか…

こうあん

器の大きいお方やったんやなあ

つねたみ

ところでこの先の世の中は
どうなりますかね?

こうあん

私の頃は天然痘との戦い

そして今は新型コロナとの戦いも
そろそろ出口が見えてきたわ

つねたみ

世界に目を向けると
新型コロナだけではなくて、
目を覆いたくなるような
ニュースも多いのが現実です

2023年へ

こうあん

そやかて前を向いて2023年を迎えたいなあ

つねたみ

大隈重信はこんな送別の弁を
届けています

しげのぶ

それは私に言わせて!

つねたみ

やっと登場されましたな

しげのぶ

諸君は必ず失敗する

成功があるかもしれませぬけれど、
成功より失敗が多い

失敗に落胆なさるな

失敗に打ち勝たなければならぬ

つねたみ

2023年の羅針盤としたく存じます

こうあん

ほな、良い年になりますように!

行こう早稲田大学へ

しげのぶ

早稲田大学大隈講堂を
ちょいと覗いてみましょうか

早稲田四尊って

早稲田大学の前身、東京専門学校創立当初より大学の発展に尽力された東京大学の同級生4名が早稲田四尊と呼ばれています
その4名とは…高田早苗・市島謙吉・坪内逍遥・天野為之です

しげのぶ

文学講師を担当してくれて
本学を支えてくれた早稲田四尊の一人、
坪内逍遥イラストポートレートです

21岐阜県
1859-1935を生きた岐阜県出身の近代日本を代表する小説家、評論家、翻訳家、劇作家。演劇改良運動にも功績あり歌舞伎演目数々執筆。
【文壇発見|坪内逍遥】早稲田キャンパスでお待ちしています

内閣総理大臣・新着偉人(It's New)はこちらから

41佐賀県
1838-1922を生きた第8・17代内閣総理大臣は幕末抜群の英語力で経済、外交手腕を発揮し出身の佐賀藩に貢献、維新後は文明開花の立役者として活躍、その後日本の民主主義国家樹立へ導いた。一方、教師者としての顔を持ち1882年現在の早稲田大学の前身、東京専門学校を創設し私学としての学問の独立、自由、在野を掲げた。
【内閣総理大臣の部屋|大隈重信】第8・17代(通算在職日数1040日)
26京都府
1849-1940を生きた第12・14代内閣総理大臣
【内閣総理大臣の部屋|西園寺公望】第12・14代(通算在職日数1400日)
13東京都
1878-1967を生きた第45・48〜51代内閣総理大臣
【内閣総理大臣の部屋|吉田 茂】第45・48・49・50・51代(通算在職日数2616日)

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート


    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー


    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は


    右クリックでイラストポートレートが


    保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」に
    アップしている全イラストポートレートが


    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日


    「いらすとすてーしょん」より独自に


    ピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも


    確認できるのでサイトマップや検索ボックスから


    どうぞ(サイトマップ

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に


複数入力された場合は、すべて一致の場合のみ


ヒットします

It's New Syusuke Gallery

新たに公開のイラストポートレートをご覧ください

30和歌山県
1684-1751を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第八代将軍Yoshimune Tokugawaの在職期間は29年1ヶ月。紀伊徳川家紀州藩二代目徳川光貞の四男。
【探究ネタ】「徳川吉宗」江戸幕府第八代征夷大将軍New!!
13東京都
1709-1716を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第七代将軍Ietsugu Tokugawaの在職期間は3年1ヶ月。父第6代将軍家宣の四男。
【探究ネタ】「徳川家継」江戸幕府第七代征夷大将軍
13東京都
1662-1712を生きた1603年徳川家康征夷大将軍任命より1867年徳川慶喜大政奉還宣言後明治改元まで265年間続いた江戸幕府、その第六代将軍Ienobu Tokugawaの在職期間は3年5ヶ月。父第三代将軍家光の三男綱重(甲府藩主)の長男。
【探究ネタ】「徳川家宣」江戸幕府第六代征夷大将軍
0046スウェーデン王国出身
1905-1961を生きたスウェーデン王国の経済・法学・政治学者であり国立銀行頭取、国の財務リーダーを務めたあと外務を担当。1953年から二代目となる国際連合事務総長を2期歴任。2期目に不運の飛行機事故にてこの世を去った。
【政治の部屋|Dag Hammarskjöld】1月27日ホロコースト犠牲者を想起する国際デー

今月の推し偉人

まりあ

"いらすとすてーしょん"2023年1月の


推し偉人はわたし「マリア・カラス」

0001アメリカ合衆国出身
1923-1977を生きた20世紀を世界を代表するソプラノ歌手。その人生は公私共に波瀾万丈。トップの座を射止めた歌声は完璧を追い求め、そして愛に翻弄される。2023年は生誕100年、そして2017年に公開された「私は、マリア・カラス」はマリアの未完の自叙伝を映画化。誰も知らないマリア・カラスに会えます。
【音楽の部屋|マリア・カラス】Maria by Callas

「推し偉人」

フリーイラストポートレートと歴史の停車場


いらすとすてーしょん」では毎月「推し偉人」を


特集しています

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業77年を迎える栄光社HP新企画「イチオシ」と、


いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」の


コラボレーション
「イチオシ」で取り上げられた美術のその作者を


イラストポートレートで贈ります
皆様のお越しをお待ちしております

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery