2023年 大河ドラマ「どうする家康」
その放送を記念して、いらすとすてーしょん
Syusuke Galleryより「徳川家康とそのチーム家康」を独自のタッチで描くイラストポートレートで
お届けさせていただきました
今回は「酒井忠次」どうぞお楽しみください

酒井忠次 Tadatsugu Sakai

ようこそ!フリーイラストポートレートと


歴史の停車場
いらすとすてーしょん」へ
こちらのページでは【探究ネタ】「酒井忠次」


信長も秀吉も認めた武勇は徳川家康の恩人

お楽しみください

酒井忠次イラストポートレート(Syusuke Galleryより

徳川家の偉人たち

1548-1606を生きた徳川四天王の一人は、徳川家康が桶狭間の戦いで今川義元に兵糧を届けた帰りに出会い、利発の康政をそれ以降家臣として家康の天下統一を後押しした一人。
【探究ネタ】「榊原康政」あの秀吉を美文字で罵る文武両道は徳川家康の恩人
1542-1596を生きた服部家2代目は父であり初代保長が松平家に仕えていたことから、その後の徳川家へ仕え武功を立てた武士。1596年に亡くなったが、その功績を讃え江戸城の門にはいまも半蔵門の名を響かせている
 【探究ネタ】「服部半蔵(正成)」今も半蔵門に名を残す徳川家康の恩人
1527-1596を生きた松平家に仕えた酒井家を10歳で継ぎ、今川義元に見出された才覚で人質であった徳川家康と共に桶狭間の戦いに出陣。ここから徳川家康の右腕として武功を立てていきます。
【探究ネタ】「酒井忠次」信長も秀吉も認めた武勇は徳川家康の恩人‘日本史からみた偉人たち’
1539-1600を生きた武士は13歳から徳川家康の御付きとなり、天下分け目関ヶ原戦いの前哨戦となる伏見の戦いで石田三成率いる西軍に対して善戦、籠城後壮絶な最期を遂げる。
【探究ネタ】「鳥居元忠」天下人への前哨戦を戦った徳川家康の恩人
1561-1602を生きた井伊家存続の危機の時代に幼少期を過ごし、井伊直虎に育てられ出家。時の流れを予感した直虎が徳川家に直政を送り込み、その後武功を立て徳川四天王の一人まで上り詰める。
【探究ネタ】「井伊直政」武勇も政治も超一級の超イケメンは徳川家康の恩人
1543-1616を生きた武将であり戦国大名は江戸幕府初代征夷大将軍となり政治を司り、260年続く江戸時代の基盤をつくった。
【探究ネタ】「徳川家康」話題沸騰〜どうする家康〜
1600-1650を生きた徳川家康9男は、地元尾張藩の地盤固めのため築城した名古屋城に徳川家康が死去後入城し尾張藩初代藩主となる。
【探究ネタ】「徳川義直」父、徳川家康の意思を継ぐ初代尾張徳川家

戦国武将とその家人・新着偉人(It's New)はこちらから

新着偉人(It's New)

1545-1573を生きた戦国武将は浅井家3代当主は下剋上により支えていた六角義賢と対立し浅井家を北近江戦国大名まで押し上げる。 地政を活かし織田信長と同盟を結び信長の妹お市の方を娶る。 しかしその織田との同盟を突如破棄し織田・徳川連合軍を窮地に追い込むも逃す結果となる。 その後本拠地小谷城を織田軍に包囲され自害し浅井家は消滅となる。
【探究ネタ】「浅井長政」最強の三姉妹の父
1519-1560を生きた戦国武将は今川家11代当主。分国法である「仮名目録追加」を制定、駿河・遠江・三河の三ヶ国大名。織田勢より得た人質竹千代(後の徳川家康)の育ての親とも称される。 織田軍に侵攻した10倍の兵数を誇る今川軍は桶狭間の戦いにて本陣奇襲を受け討死。 その後家康は三河を取り戻す結果に。
【探究ネタ】「今川義元」家康育ての戦国武将
1546−1582を生きた戦国武将は清和源氏の流れをくむ甲斐源氏の嫡流甲斐武田家20代当主は武田信玄の四男。 遠征中であった三河野田城を包囲する陣中で体調悪化し、その後帰らぬ人となった父、武田信玄より家督受け武田家拡大路線を継承するも長篠の戦いにて織田・徳川連合に惨敗し、その後織田軍に侵攻され武田家は消滅となる。
【探究ネタ】「武田勝頼」運命握る長篠の戦い
1521−1573を生きた戦国武将は清和源氏の流れをくむ甲斐源氏の嫡流甲斐武田家19代当主。 甲斐、信濃、駿河、上野、駿河と領土を拡大し全国に名を馳せる戦国大名となる。 越後の龍と讃えられた上杉謙信との12年にも及ぶ川中島の戦いは現在もなお語り継がれる。 そして信長包囲網が繰り広げられた時期の三方ヶ原の戦いでは織田軍率いる徳川家康勢を惨敗に追い込んだ。
【探究ネタ】「武田信玄」甲斐の虎

公開中Syusuke Gallery・戦国の部屋はこちらから

イラストポートレートSyusukeGallery戦国武将の部屋Sengoku Warlords
戦国時代の部屋 Sengoku Warlord

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート


    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー


    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は


    右クリックでイラストポートレートが


    保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」に
    アップしている全イラストポートレートが


    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日


    「いらすとすてーしょん」より独自に


    ピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも


    確認できるのでサイトマップや検索ボックスから


    どうぞ(サイトマップ

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に


複数入力された場合は、すべて一致の場合のみ


ヒットします

新着偉人(It's New)

新たに公開のイラストポートレートをご覧ください

42長崎県
1807-1869を生きた名付遊女でありP.F.シーボルトの妾。二人の間に生まれた楠本いねは後に医師となり日本初の女性医師(未資格)となった。シーボルトの命名したアジサイの学名「Hydrangea otaksa」は楠本たきを愛した想いに寄せたと伝わる。
【医学の部屋|楠本たき】ビフォーアフターP.F.シーボルト編⑥New!!
0049ドイツ連邦共和国出身
1796-1866を生きた医学者であり博物学者。オランダ商館の医官として1823年に来日し、出島外での活動の許可を得て翌24年には鳴滝塾を開校。蘭学の中でも医学を中心に学ぶために各地・各藩から学者が集まり、シーボルトの門下は蘭方医の流派としてその後の日本の医学を発展させた。将軍謁見のため江戸旅行、日本の情報を持ち出し処分を受けたシーボルト事件。再来日を果たすなど、幕末日本に大きな影響を与えた。
【医学の部屋|シーボルト】ビフォーアフターP.F.シーボルト編⑤

いらすとすてーしょん新キャラクター

館長

2022年より"いらすとすてーしょん"にお立ち寄りいただきありがとうございます

館長

さて本年いらすとすてーしょんの新キャラクターが誕生しました

館長

シューちゃんです

シューちゃんはいらすとすてーしょんのキャラクターです
シューちゃん

シュー(Syu)です
よろしくね

館長

3年目を迎えた2024年も皆様に役立つ世界の偉人たちをシューちゃんと共にフリーイラストポートレートをお届けします

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業78年を迎える栄光社HP新企画「イチオシ」と


いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」


コラボレーション
「イチオシ」で取り上げられた美術のその作者を


イラストポートレートで贈ります
皆様のお越しをお待ちしております

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery