世界最大のクフ王ピラミッドに新たな


"未知の空間"発見を記念していらすとすてーしょんでは世界の探検家を特集しました
その第三弾をお楽しみください

 

フェルディナンド・マゼラン Ferdinand Magellan

ようこそ!フリーイラストポートレートと


歴史の停車場いらすとすてーしょん」へ
こちらのページでは【探究ネタ】


「フェルディナンド・マゼラン」太平洋を命名したマゼラン海峡発見者
をお楽しみください
※いらすとすてーしょんSyusuke Galleryでは太平洋を


命名したマゼラン海峡発見者を地理学者の部屋より


お届けします

フェルディナンド・マゼラン


イラストポートレート(Syusuke Galleryより

マゼラン・世界周航を振り返る

トルデシーリャス条約

まぜらん

当時、トルデシーリャス条約という


決まりがあって…

まぜらん

簡単にいうとこのトルデシーリャス


条約はスペインとポルトガルが大西洋


海域の所有権を示したもの

まぜらん

2国間だけの身勝手な条約といえば


それまでなんだけど…

まぜらん

わたしはポルトガル出身でしたが、


母国といろいろあってこの時スペインにお世話になっていたので…

モルッカ諸島へ

まぜらん

スペインの海域を通過してモルッカ諸島(マルク諸島とも香料諸島とも言います)を目指すことになりました
※モルッカ諸島…現インドネシア共和国

まぜらん

なぜモルッカ諸島に行くのかって??

まぜらん

モルッカ諸島にはクローブやナツメグなどの香辛料があって…

まぜらん

この香辛料をめぐってスペインと


ポルトガルはモルッカ諸島の領有権を


争っていた

まぜらん

スペインとしてはなんとしても


モルッカ諸島の領有権が欲しい

南太平洋横断ルートへ

まぜらん

トルデシーリャス条約に則ると、


スペインはこのモルッカ諸島に行く


ためには大西洋から太平洋を横断する


必要がある

まぜらん

ちなみにこの太平洋を命名したのは


私なんですよ

まぜらん

私が航行したとき、とても穏やかな海でしたのでMare Pacificum(平和な海)と名付けたことが由来になっています

まぜらん

さて私は大西洋から太平洋に通じる


ルートがあると考えていた

まぜらん

これを当時のスペイン国王に進言したところ総員237名で5隻の船隊を


与えてくれたのです

マゼラン海峡発見

まぜらん

出航してから約1年後の1520年


マゼラン海峡を発見して南太平洋横断成功

フィリピン到着

まぜらん

それからいろいろあったけど、


なんとか東南アジアのフィリピン到着

マゼラン客死

まぜらん

しかし…現在のフィリピンセブ州の


マクタン島で、内戦状態にあった


住民争いに巻き込まれて命を落として


しまったのです

ピガフェッタあとを継ぐ

まぜらん

その後、残った1隻の船で部下だったピガフェッタ(Pigafetta, Antonio


イタリア出身1480~91?-1534?)が


モルッカ諸島で香辛料を入手

世界一周成功

まぜらん

香辛料を積んだピガフェッタが


サンルカルに帰ってきたのは実に3年が経過していた1922年9月6日

まぜらん

出航した237名のうち、無事帰国できたのは18名でした

2つの事実

まぜらん

この航海で少なくとも2つの事実を


世界に立証できたのです

地球は丸い

まぜらん

一つは地球は丸いこと

時差がある

まぜらん

そしてもう一つは時差があること

まぜらん

航海日誌を毎日つけていたので日誌の日付と現地の日付が違うことから判明したんですよ

まぜらん

そしてピガフェッタは世界初の周航紀 Relazione del primo viaggio intorno al mondo, 1525を残しています

まぜらん

私のエピソードいかがでしたか?
苦難の連続でしたがこの仕事を成し


遂げられてホッとしています
今更ながら…今度は楽しみながら世界一周を船で旅してみたいですな

地理学者・新着偉人


(It's New)はこちらから

0044英国出身
1868-1912を生きた英国海軍士官であり南極探検隊の隊長。2度目の南極探検では極点到達を達成するもノルウェーの探検家、アムンセンに先を越されていたことが判明、その帰途で探検隊全員が消息を絶った。
【スコット】誇る大英帝国の南極探検家
0044英国出身
1813-1873を生きた医師、宣教師であり探検家。アフリカ大陸を横断し未開拓を切り拓いた初の欧州人。アフリカに魅せられ、その使命感を感じ奴隷貿易廃止と地理調査に情熱を注いだ。ビクトリア滝の命名者はその美しさと雄大さから女王の名を用いた。
【リヴィングストン】アフリカの未来を切り拓く探検家
24三重県
1818-1888を生きた探検家。長崎で仏門に入っていたとき、蝦夷地の話題に興味を持ち還俗し3回にわたって個人で蝦夷地を調査し、蝦夷通と評判になる。その後幕府の命により3回にわたり調査し北海道の地理の礎を築いた。蝦夷地の命名にも関わり、アイヌ語で「この地に生まれた人」という意味の「カイ」に「海」の字をあてた「北海道」という名前を提案。北海道の歴史と文化に多大な貢献をした人物として今なお高く評価されている
【松浦武四郎】世界一の北海道通
0031ネーデルランド(オランダ)王国出身
1603-1659を生きた探検家は東インド会社を通じて南方大陸調査の命を受け周航し、ニュージーランドをはじめタスマニア島、フィジー諸島をヨーロッパ人として初めて発見。その名は現在もオセアニアで名を響かせている。
【探究ネタ】「アベル・タスマン」ニュージーランドはどこに行ってもタスマン!?
0039イタリア共和国出身
1451-1506を生きた航海士はスペイン王室の援助により探検家となり大西洋を横断。バハマ諸島に上陸。ここを東方と誤って理解し西インド諸島と命名。そして先住民族であったインディアンに迫害を与えたとされる。
【探究ネタ】「クリストファー・コロンブス」地球は考えていたよりも大きかった!?
0039イタリア共和国出身
1454-1512を生きた地理学者であり探検家はアジアの一部ではなく新たな大陸を発見し新世界として発表。のちにマルティン・ヴァルトゼーミュラーが発見者のアメリゴの名を取って新大陸をアメリカと命名。
【探究ネタ】「アメリゴ・ヴェスプッチ」アメリカの名の由来は私
0099351ポルトガル共和国
1394-1460を生きたポルトガル王子は航海学校を設立し航海士の育成に尽力。アフリカ西部の探索に成功。西サハラにあるボハドール岬の先は奈落の底に海水が流れ込むという天動説は誤りであることを証明。大航海時代の先駆けとなる。
【探究ネタ】「エンリケ航海王子」この男から大航海時代は始まった
15新潟県
1769-1842を生きた蝦夷地取締御用係は1808年樺太(Сахалин)が島であることを日本人として最初に検分を果たす。この事実は、後の日露戦争などにおいても重要な意味を持った。
【探究ネタ】「松田伝十郎」江戸時代の樺太探検隊
23愛知県
1863-1927を生きた愛知県出身の明治大正を代表する地理学者でありジャーナリストは当時としては数少ない世界旅行家として活動。日本人の景観美の意識変革に大きな役割を果たしたとされる著『日本風景論』を残した。
【地理学者の部屋|志賀重昴】日本の風景は世界でも群を抜いて美しい

広告コーナー

いらすとすてーしょんはGoogle AdSenseの収益により
運営させていただいております
皆様のご理解をよろしくお願い申し上げます

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょんへ

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレート


    お楽しみください
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリー


    ご活用いただけます(プライバシーポリシー
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は


    右クリックでイラストポートレートが


    保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」に
    アップしている全イラストポートレートが


    ご覧いただけます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日


    「いらすとすてーしょん」より独自に


    ピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも


    確認できるのでサイトマップや検索ボックスから


    どうぞ(サイトマップ

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に


複数入力された場合は、すべて一致の場合のみ


ヒットします

新着偉人(It's New)

新たに公開のイラストポートレートをご覧ください

0033フランス共和国出身
1728-1799を生きた化学者。ヘルモント(1579-1644)が発見した空気とは異なる気体を石灰や炭酸マグネシウムを熱した際、その重量が減少することを確認し、そこから消失した気体が二酸化炭素(当時の呼び名は固定空気)であることを発見した。これは1754年にDe Humore Acido a Cibis Orto et Magnesiaとして著されている。
【化学の部屋|ブラック】18世紀に活躍した世界の化学者③New!!
0049ドイツ連邦共和国出身
1742-1786を生きた化学者であり、バリウムやマンガンなどの元素や数多くの化合物を発見し報告した。また酸素ガスにおいて、1777年Chemical Treatise on Air and Fireとして著したがプリーストリーより2年遅れたため、発見者となっていない。プリーストリーより数年前にその酸素の存在を確認していたという。
【化学の部屋|シェーレ】18世紀に活躍した世界の化学者②

いらすとすてーしょん新キャラクター

館長

2022年より"いらすとすてーしょん"にお立ち寄りいただきありがとうございます

館長

さて本年いらすとすてーしょんの新キャラクターが誕生しました

館長

シューちゃんです

シューちゃんはいらすとすてーしょんのキャラクターです
シューちゃん

シュー(Syu)です
よろしくね

館長

3年目を迎えた2024年も皆様に役立つ世界の偉人たちをシューちゃんと共にフリーイラストポートレートをお届けします

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業78年を迎える栄光社HP新企画「イチオシ」と


いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」


コラボレーション
「イチオシ」で取り上げられた美術のその作者を


イラストポートレートで贈ります
皆様のお越しをお待ちしております

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery