【探究ネタ】「宮武外骨」東大に明治文庫?を創った男 日本史からみた偉人たち

「明治文化研究会」は、大正12(1923)年の関東大震災による明治期の新聞雑誌の散逸状況を憂え、明治文化及び明治期活字資料の発掘を行うとともに、新聞雑誌保存館の必要を唱えていました。大正15(1926)年10月、「明治新聞雑誌文庫」が東京帝国大学法学部に付置されることが決定、館長には穂積重遠教授、事務主任に宮武外骨を迎えました。

1926年(大正15年)明治新聞雑誌文庫 東京帝国大学法学部に付置

館長には穂積重遠氏(法学部教授)、事務主任に宮武外骨氏就任

かめしろう

大正12年に関東大震災があって明治期の大切な文化や活字資料を保存したいと考えていたんだ

しげとお

「明治新聞雑誌文庫」創設にご尽力いただきありがとうございました。

かめしろう

これは穂積重遠教授。お久しぶりです。先生のご協力なしには語れません。

しげとお

現在は東京大学大学院法学政治学研究科附属「近代日本法政資料センター」になっているんだなぁ。

もちろん、通称の「明治新聞雑誌文庫」でも通じるよ。

滑稽新聞絵葉書世界1907年

『滑稽新聞』

明治から昭和にかけて活躍したジャーナリスト宮武外骨が、明治34(1901)年に発行した雑誌で、世の中の不正や悪事を独特のユーモアを織り交ぜながら諷刺、告発するものでした。最盛期の明治40年頃には、8万部を発行するほどの人気でした。

印刷博物館公式HPより抜粋

いらすとすてーしょん検索コーナー

ようこそいらすとすてーしょん

  • 独自のタッチで描いたイラストポートレートでお楽しみください
  • イラストポートレートを画面上でタップいただきますと浮き上がってきます(PC・タブレットの場合はその画面内でもう一度タップすると画像のみとなります)
  • イラストポートレートはプライバシーポリシー内にある著作権の範囲内でしたらフリーでご活用いただけます(プライバシーポリシーはこちらから
  • モバイルの場合はスクショを、PCの場合は右クリックでイラストポートレートが保存できます
  • Syusuke Galleryは「いらすとすてーしょん」にアップしている全イラストポートレートが確認できます
  • 新着偉人(It's New)ではほぼ毎日「いらすとすてーしょん」より独自にピックアップした偉人たちを紹介しています
  • 都道府県・国、そして生まれた年別にも確認できるのでサイトマップや検索ボックスからどうぞ(サイトマップはこちらから

※検索「カテゴリー」「タグ」「キーワード」欄に複数入力された場合は、すべて一致の場合のみヒットします
※各文字黄色のアンダーバーはタップしますとリンク先に移動します

新着偉人(It's New)

今月の推し偉人

いらすとすてーしょんからのお知らせ

創業76年を迎える総合広告代理業を営む栄光社のイチオシと「いらすとすてーしょん」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!イチオシ美術とそのイラストポートレートで贈る作者をぜひご堪能ください
創業76年を迎える栄光社HP新企画「イチオシ」と、いらすとすてーしょん「Syusuke Gallery」のコラボレーションが2022年7月1日ついにオープン!「イチオシ」で取り上げられた美術を、そのイラストポートレートで贈る作者と共にぜひご堪能ください。

お探しのジャンルはございますか?

Japan OR Global

検索はこちらから

Syusuke Gallery
イラストポートレートをお楽しみください

いらすとすてーしょんイラストポートレートSyusukeGalleryTOPPAGE-LOGO
この人知ってる?新たな出会いがあるかも!?Syusuke Gallery

サイトマップ