北里柴三郎 Shibasaburo Kitazato

1853-1931を生きた医師であり伝染病予防や細菌学の発展に尽力され国民衛生向上につながり、また慶應大学医学部をはじめ数々の研究機関創設を通じて医学者の育成にも大きな功績を残された。

熊本県出身 1853-1931 医師であり伝染病予防や細菌学の発展に尽力され国民衛生向上につながる。また慶應大学医学部をはじめ数々の研究機関創設を通じて医学者の育成にも大きな功績を残された。