織田作之助 Sakunosuke Oda

1913-1947を生きた大阪府天王寺区出身の小説家

大阪府出身1913-1947 昭和を代表する短編を得意とする小説家であり、戦後、太宰治、坂口安吾、石川淳らと共に無頼派、新戯作派と呼ばれ「織田作(おださく)」の愛称で親しまれたが33歳の若さでこの世を去った。