吉屋信子 Nobuko Yoshiya

1896-1973を生きた新潟県新潟市出身の小説家

新潟県出身 1896-1973 少女小説「花物語」で女学生を中心に人気を博し、その後家庭・歴史小説を次々に発表した。また自身を題材としたLGBT(QIA)としてのセクシャルマイノリティを小説で書き上げ、日本のアライ(ALLY)取り組みの先駆者としても名を馳せた。