丸山千里 Chisato Maruyama

1901-1992を生きた長野県出身の医学者、皮膚科医

長野県出身 1901-1992 日本医科大学卒、1947年には同校皮膚科学教室第8代教授就任。病院長等の要職もつとめ1972年には日本医科大学付属ワクチン療法研究施設を創設、所長に就任。生涯丸山ワクチンによるがん治療研究・臨床に力を注いだ。