小林子径 Kokei Kobayashi

1883-1957を生きた新潟県出身の日本画家

新潟県出身 1883-1957 日本画における線を「内に籠もったものを現す、或は対象の実在を掴む」として重望、端正かつ清澄な線を特徴とした日本画を生む。