小山敬三 Keizo Koyama

1897-1987を生きた長野県出身の洋画家

長野県出身 1897-1987 父親の反対を押し切って川端画学校で藤島武二に師事し、その後父親の友人であった島崎藤村のすすめで渡仏を果たす。浅間山や白鷺城をモチーフとした作品群は小山敬三の代表作。