新渡戸稲造 Inazo Nitobe

1862-1933を生きた教育者は女子教育に力を入れ国際連盟事務次長を務めた。自書「BUSHIDO」は今もなお日本人を広める洋書。

岩手県出身 1862-1933 教育者として特に女子教育に力を入れ、国際連盟事務次長をも務めた。自書「BUSHIDO」は今もなお日本人を広める洋書。