豊臣秀吉 Hideyoshi Toyotomi

1537?-1598を生きた尾張国出身の武将は主君信長のあだを奉じ16世紀末、ついに全国統一を実現した秀吉は、度量衡を統一し、全国に役人を派遣して土地の生産力を石高(米の生産量)で算出、税収の安定徴収化を図った。また、農民から武器を取り上げ農耕に専念させることで一揆を防ぎ、武士と農民の身分を明確にするなど、戦国の世の中から安定した社会を築くために構造改革を行った。

愛知県出身 1537?-1598 君主信長の仇を奉じて、織田家一の重臣柴田勝家を賤ヶ岳の戦いで破り、石山本願寺の跡地に大坂城築城は自身が信長の後継であることを天下に知らしめた。その後長宗我部を破り四国平定後、関白に就任。正親町天皇から豊臣姓をもらうと同時に太政大臣就任。