国木田独歩 Doppo Kunikida

1871-1908を生きた詩人であり、自然文学主義の先駆けと称される「運命論者」「正直者」を1903年に発表も紅露時代の波に押し流された。

千葉県出身 1871-1908 詩人であり、自然文学主義の先駆けと称される「運命論者」「正直者」を1903年に発表も紅露