高木兼寛 Kanehiro Takagi

1849-1920を生きた宮崎県出身の海軍軍医、東京慈恵医科大学創設者

宮崎県出身 1849-1920 麦飯男爵の異名には、江戸時代より「江戸わずらい・大阪腫れ」と恐れられていた風土病「脚気」を、明治に入り留学から帰国した医学界のエリート兼寛氏が、軍医として麦飯に着目(加えてタンパク質も)し、日本初ともいわれる疫学調査を2軍艦を用いて食事由来であることを証明。この功績から男爵位を授けられ、広く国民から賛辞のまととなりました。