道元 Dougen

1200-1253を生きた曹洞宗の開祖であり日本の禅における思想を確立した一人とされています

京都府出身 1200-1253 曹洞宗の開祖であり日本の禅における思想を確立した一人とされています。