谷川俊太郎 Syuntaro Tanigawa 東京都出身 1931-

1931-を生きる東京都出身の日本を代表する詩人

東京都出身 1931- 17歳から執筆した詩を「二十億光年の孤独」と題して1952年21歳の時に東京創元社より出版。この詩集に対して先にストルガ詩祭の最高賞「金冠賞」を日本人初1996年に受賞した大岡信氏は高い評価を与えたと当時の記録に残されています。そして現在もなお執筆活動を続け、谷川ワールドを世界に発信し続けておられます。