田中訥言 Tanaka Totsugen 愛知県出身 1767-1823

1767-1823を生きた愛知県出身の復古大和絵の祖

幼少時は比叡山延暦寺で天台宗を学び古くからある習慣・風習・文化などに深く興味があり研究を重ねて、佐竹本三十六歌仙絵巻、伴大納言絵詞等の複数の模写を残すなど、平安時代の大和絵の復古を実現、復古大和絵の祖と評されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA