前田青邨 Seison Maeda 岐阜県出身 1885-1977

1885-1977を生きた岐阜県出身の近代日本を代表する日本画家。代表作のひとつ「洞窟の頼朝」は日本画家として復活を遂げた作品。

大和絵の伝統を深く学び、歴史画を軸に肖像画や花鳥画にも幅広く作域を示されています。とくに武者絵における鎧兜の精密な描写は特に前田美術の根幹となっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA