佐藤忠良 Cyuryo Sato 宮城県出身 1912-2011②

1912-2011を生きた宮城県出身の日本を代表する彫刻家

現東京藝術大学卒、昭和19年兵役に招集、終戦後のシベリア抑留生活を経て帰還後に制作活動再開。その戦争体験から、平凡なごく普通の日常生活の中でほんの一瞬だけ垣間見る「人間の美」を追求した作品を多く手掛ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA