伊東玄朴 Genboku Ito

1801-1871を生きた近代医学の祖と評さる蘭方医は徳川13代将軍家定奥医師を戸塚静海と共につとめ、お玉が池種痘所の開設もおこなった。

佐賀県出身 1801-1871 近代医学の祖と評さる蘭方医は徳川13代将軍家定奥医師を戸塚静海と共につとめ、お玉が池種痘所の開設もおこなった。